中古せどりの仕入れ方の解説と仕入れた商品を公開!

前回は中古せどりのメリットデメリットについて解説しました。

中古せどりのメリットデメリット!中古せどりは利益率が高くて魅力的!
中古せどりは少ない資金で高い利益率を出すことができるので、 特に副業と相性のいいせどりです。 リスクも低く、難易度も通常のせどりに比べ...

今回は中古せどりの実践的な仕入れ方の解説です。

中古せどりの仕入れ先と販売先について

中古せどりの仕入れ先は店舗ならリサイクルショップです。

リサイクルショップといっても様々で、ハードオフやセカンドストリート、
ブックオフですね

電脳せどりならネットリサイクルショップかヤフオクがメインです。

大きな理由としてはどちらも「相場より安く仕入れられるから」です。

メルカリやラクマなどがある中で僕は強くヤフオクを推すもう一つの大きな理由としては
ヤフオクなら電脳ブレイントラスターが使える点も大きいですね。

これはAmazonに登録されている商品と
ヤフオクに出品されている商品の価格差を自動で取得してくれるツールです。

電脳ブレイントラスターの評判は?買い切り価格と登録数・解約方法は?
ここではせどりツール、電脳ブレイントラスター(電ブレ)を紹介します。 ふじもんのブログ、せどり工房では他のせどりツールも多数紹介しています...

これによってリサーチの手間を大幅に減らすことができます。

他の仕入れ先だと常に見張っておかないといけないので効率が悪いです。

店舗のリサイクルショップの場合はお店の利益がからむので、
お買い得な商品が若干少なくなりますが、ライバルは少なめです。

特に実店舗の場合は「自分の生活圏・仕入れルート」と
「得意ジャンル」が被っている人しかライバルになりません。

そのため、良い商品が見つかれば確実に仕入れることができます。

一方メヤフオクの場合は個人出品なので採算度外視のお買い得品が
見つかる可能性は高いですが、それを狙うライバルの数も桁違いです。

全国の数百、数千人ものせどらーや一般購入ユーザーが商品を狙っています。

そのため、もしツール類を使わないとしたら常に見張っていないと
いけないのでお買い得品を仕入れるのは難しいでしょう。

また、実店舗は営業時間に縛られる。

ネットは24時間仕入れられる。

この違いも大きいですね。

副業せどらーの場合は普段家でネット仕入れ、
休日はゆっくり実店舗仕入れというスタイルがいいかもしれません。

自分の生活スタイルに合わせて都合のいい仕入れ場所を選びましょう。

販売先はAmazonヤフオク、メルカリです。

もちろん売れるものはすべて最優先でAmazonです。

しかしAmazonはカテゴリー解除申請や中古で売れないものがあるなど
出品ガイドラインが厳しいです。

解除申請ができないものや売れないものなどをAmazon以外で売るため、
ヤフオクやメルカリにも販路を作っておきましょう。

最近では手数料の安いラクマも販売先として人気です。

利用者はまだまだ少ないですが、
貴重かつ高価ですぐ売れそうな商品はラクマに出してみるのも一つの方法です。

実店舗での買い回り、リサーチ方法

実店舗で仕入れる場合は真っ先に自分の得意ジャンルを回りましょう。

自分の得意ジャンルのコーナーなら商品を一目見るだけで
相場の把握が大体できるはずなのでリサーチ時間も短くて済みます。

そこで大体の商品をリサーチし終わって、
時間が余ったら自分が得意でないジャンルも見ていきましょう。

前の記事でも書きましたが、
中古せどりは「商品知識量=利益」になりますので常に相場の勉強はしておきましょう。

ここでは代表的なジャンルの簡単な見方を解説します。

おもちゃ

リサイクルショップと言えばおもちゃです。

主婦の方が子供の遊び終わったおもちゃを大量に持ち込んだり、
引っ越しでいらない玩具を処分しに来たりする人がいて、常に商品にあふれています。

ただし、最近ではせどりが一般的になってきたため、お店側の値付けも結構シビアです。

特にショーケースに入った商品は利益が取りにくい感じです。

とはいえ、Amazonの相場との乖離のある商品はまだまだあります。

僕が過去に仕入れた商品を見ていきましょう。

下記の商品は映画ゴーストバスターズの主人公たちが背負っているアイテムの玩具です。

箱が若干破れていましたが、それでも本体は美品で2280円。

Amazonで売ろうとしましたが、中古の出品ができなかったのでヤフオクへ。

無事5800円で売れました。

ヤフオクは送料は落札者負担なので3000円近い差益を取れました。

アパレル

リサイクルショップでは服もたくさん売っています。

ファストファッションなどの利益の取れない商品も多数ありますが、
中にはブランド物がびっくりするくらいの価格で売っていることも。

中でも小物類はねらい目です。

アクセサリーとかジッポーとか。

サイズも小さく保管にも発送にも負担にならない点が良いですね。

おすすめはポールスミスのネックレス

定番の売れ筋です。

定価も高く、人気の商品なので回転率も高め。

なのになぜかリサイクルショップでの評価が低いのか値段は控えめです。

箱付き美品を4980円で仕入れました。

この商品も残念ながらAmazonで中古は出品できなかったのでメルカリで販売。

9500円販売で売れて手数料を差し引いた利益は約3000円。

雑貨

リサイクルコーナーの一角にある雑貨コーナーは
ガラクタコーナーのような雰囲気が漂っていてせどらーからはあまり見向きされませんが、
根気よく探していくと掘り出し物があります。

雑貨コーナーのワゴンに無造作に放り込まれていた自宅用のプラネタリウム装置です。

籠の中に1000円で放置されていましたので仕入れ。

Amazonで5000円で売れました。

他にも細々としたものを仕入れたら2時間程度のリサーチで8000円の利益が確定しました。

カー用品

旧車乗りの方が探しているようなレトロな部品がねらい目。

エアバック未対応の車に付け替えるハンドルや、
カーステレオなどもまだまだ旧車好きの方から人気があります。

メーカーで言うとナルディやMOMOといったメーカーが人気です。

ただし回転率は低いので余裕があれば仕入れてください。

楽器

サイズも大きく保管も面倒ですが、利益率は高めです。

中価格帯よりも高価格帯に人気があります。

アーティストコラボのギター・ベースもお勧めです。
フェルナンデスのZO-3と言う機種はお値段もお手軽で初心者からも人気が高いですね。

そのほか、マンドリンや三線などのあまり手に入らない珍しい楽器
比較的利益が取りやすいです。

打楽器や鍵楽器はサイズ的に仕入れ対象にはならないでしょう。

家電

型落ちの商品が意外と新品未使用で残っています。

旧型と言っても性能的にはほとんど変わらないようなものも多いのでねらい目です。

白ロム、赤ロムの知識があればスマホせどりも回転率が高くて
利益を出しやすいジャンルですよ。

このように様々な商品が仕入れられます。

ただし、仕入れる前にコンディションは十分に確認してください。

特に付属品の有無は重要です。

箱や説明書、保証書の有無で価格は変わってきます。

実際の商品の状態が見られるのが実店舗仕入れの利点です。

納得するまで状態は確認しましょう。

ネットショップでのリサーチ買い回り方法

ネットリサイクルショップでも仕入れは可能です。

実店舗と違って時間に縛られないので、24時間仕入れが可能な点が強みです。

半面、現物の状態確認はできないのでショップスタッフのコメントや
状態ランクなどを参考に仕入れるしかありません。

そのためコンディションに関してはどうしても
一か八かみたいなところが出てくるのが難点です。

ネットショップは主に楽天やYahoo!ショッピング、
その他ネットリサイクルショップで仕入れます。

実店舗と違ってあちこち見て回るという買い回りが難しいので、
基本的なリサーチは得意なジャンルの商品カテゴリーや
キーワードを検索窓に打ち込んで探します。

ネットショップでの中古せどりをメインにする人は
過去に売れた商品や得意な商品をリスト化しておくといいでしょう。

商品が売れるたびにリストを追加していき、
それを元にリサーチをしていくことで仕入れがどんどん効率化されていきます。

リサーチできる品目を増やすことができれば
自宅に居ながらにして日本中から24時間商品を仕入れることができます。

忙しいサラリーマンとも相性のいい方法です。

まとめ

中古せどりは少ない資金で大きな利益を上げることができる魅力的なせどりです。

利益率が高いので、よほど甘いリサーチをしない限り
損もしにくいリスクの低さも人気の秘密です。

電脳せどりなら24時間仕入れも可能なのでサラリーマンの副業とも相性がいいですね。

宝探し感覚で楽しみながらせどりができるので、初心者の練習としても最適です。

せどりに興味がある方はまずは中古せどりからやってみてはいかがでしょうか。

半面、安定して仕入れるのが難しいので、
中古せどり1本で稼ぐつもりなら幅広い知識の勉強や
こまめなリサーチや効率化のためのリスト化は欠かせません。

まずはリサイクルショップに足を運んで、
何か一つお宝を仕入れてみるところから始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする