【10万円相当】のせどりツール&マニュアルを【無料】でプレゼント!

Amazonの退会方法は?同じメールアドレスで再登録できる?

何らかの理由で、Amazonを退会したいと考えた場合、

簡単な手続ですぐに退会できるのでしょうか?

 

Amazonを商品の購入目的だけで利用していた場合には、

Amazonを退会するのはそれほど難しくありません。

 

しかし、せどりの販売目的でAmazonを利用していて、FBAも利用していた場合には、

出品停止するだけでなく、自宅までFBAの在庫を返送する必要があるため、

すぐにはAmazonを退会することはできません。

 

また、正しい手順を踏まずにAmazonを退会してしまうと、

再登録の際に不都合な制約が発生する可能性もあります。

 

この記事では、Amazonの退会方法と再登録方法、

同じメールアドレスで再登録する方法を詳しく紹介します。

 

目次

Amazonの退会は面倒?

引用元:https://chigai-allguide.com/%E7%85%A9%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%A8%E9%9D%A2%E5%80%92%E3%81%A8%E5%8E%84%E4%BB%8B/

 

Amazonでせどりをしている場合、退会する前の事前準備が重要になります。

小口出品、大口出品に限らず、以下の点について確認する必要があります。

 

  • 未発送の注文の有無を確認する
  • 出品中の商品を出品停止する
  • FBAの倉庫から在庫を返送する
  • 返品する商品の有無を確認する
  • Amazonギフト券の有無を確認する
  • Amazonポイントの有無を確認する
  • Amazonプライムなど、有料プランをキャンセルする
  • 情報配信サービスの停止
  • 売上金の振り込み口座情報を確認する

 

詳しくはAmazonのヘルプをご覧下さい。

 

未発送の注文を確認する

Amazonセラーセントラル」の上部にある「注文」メニューから、

「注文管理」をクリックします。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/orders-v3/ref=xx_myo_dnav_xx

 

「注文管理」の「未出荷」から未発送の商品がないか確認します。

未発送の商品がある場合には、発送手続を行いましょう。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/orders-v3/ref=xx_myo_dnav_xx

 

出品中の商品を出品停止する

Amazonセラーセントラルの「在庫」メニューから「在庫管理」をクリックします。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

「ステータス」にチェックを入れます。

出品中の全ての商品が選択されます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

「在庫管理」の下にあるドロップダウンメニューから、「出品を一括終了」を選択します。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

「○件の出品に対し、出品を終了 を選択しました。続行しますか? 」

と表示されるので「はい、続けます」をクリックすると、

全ての商品が一括で出品停止されます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

FBAの倉庫から出品中の商品を返送する

Amazonセラーセントラルの「在庫」メニューから「在庫管理」をクリックします。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

「ステータス」にチェックを入れます。

出品中の全ての商品が選択されます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

「在庫管理」の下にあるドロップダウンメニューから、

「返送/所有権の放棄依頼を作成」を選択します。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/

 

「○件の出品に対し、返送/所有権の放棄依頼を作成を選択しました。続行しますか?」

と表示されるので「はい、続けます」をクリックします。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/inventory/confirmAction

 

返送可能な商品一覧が表示されますので、

それぞれの商品で返送する数量(在庫数)を入力後、「確認」をクリックします。

 

※返送ではなく、「廃棄」を選択すると、

選択した商品は廃棄されてしまうので注意が必要です。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/recoveryui/removal-order/

 

最終確認画面が表示されます。

内容を確認し「確定」をクリックすると返送手続は完了です。

数日後、Amazonから在庫が返送されてきます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/recoveryui/removal-order/

 

返品する商品の有無を確認する

Amazonから購入した商品の中で、初期不良や輸送中の破損など、

返品の必要がある商品がないか確認します。

 

Amazon退会後は返品ができなくなるので注意が必要です。

 

Amazonギフト券の有無を確認する

保有中のAmazonギフト券の有無を確認しましょう。

Amazonのギフト券は「アカウントサービス」の「Amazonギフト券」から確認できます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/css/homepage.html?ref_=nav_youraccount_btn

 

Amazonギフト券に残高が残っている場合には使い切るようにしましょう。

Amazonギフト券の残高がある場合でも、

他のアカウントへの移行はできないので注意が必要です。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gc/balance/ref=gc_balance_legacy_to_newgcf?_encoding=UTF8&ref_=ya_d_c_gc

 

Amazonポイントの有無を確認する

保有中のAmazonポイントの有無を確認しましょう。

Amazonポイントは、「アカウントサービス」の右下にある、

「Amazonポイントの獲得・利用履歴の確認」から残高を確認することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/css/homepage.html?ref_=nav_AccountFlyout_ya

 

Amazonポイントは他のアカウントへの移行はできないので注意が必要です。

引用元:https://www.amazon.co.jp/mypoints?ref_=ya_d_l_amazon_points&startTime=&filter=ALL&pageToken=&scanForward=true

 

Amazonプライムなどの有料ブランをキャンセルする

「Amazonプライム」や「Prime Reading」など、

Amazonが提供する有料ブランを契約している場合には、

Amazon退会前に全てキャンセルする必要があります。

 

Amazonの有料プラン契約の有無は、

アカウントサービス」の「プライム」から確認することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/css/homepage.html?ref_=nav_AccountFlyout_ya

 

Amazonプライム契約の確認と解約方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

情報配信サービスの停止

Amazon情報配信サービスの停止は、「アカウントサービス」ページの中央下部にある、

「情報配信サービスの設定」から行うことができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/css/homepage.html?ref_=nav_AccountFlyout_ya

 

売上金の振込先口座情報の確認

Amazonから未入金の売上金がある場合には、

Amazon退会後でも振込先の口座に入金されます。

 

Amazon売上金の振り込み口座情報を確認するにはは、

「セラーセントラル」右上にある「出品用アカウント情報」をクリックします。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/homepage.html/ref=xx_home_logo_xx

 

出品用アカウント情報が表示されます。

「支払情報」から「銀行口座情報」をクリックします。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/hz/sc/account-information

 

売上金の振込先口座情報が表示されます。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/sw/AccountInfo/DepositMethodView/step/DepositMethodView?ref_=macs_aidepvw_cont_acinfohm

 

Amazon退会前に振込先の口座情報を忘れずに確認しておくようにしましょう。

 

Amazonの退会方法は?

引用元:https://www.no1game.net/

 

Amazonの退会を検討する際、内容によっては退会が不要な場合もあります

Amazonを完全に退会しなくても、出品用アカウントを大口出品から小口出品に切り替え、

出品停止後に出品中の商品を返送するだけで良い可能性もあります。

 

出品用アカウントを大口出品から小口出品に切り替える

Amazonの「大口出品アカウント」で出品している場合には、

毎月5,390円の月額料金が掛かります。

 

Amazon退会手続中に月額料金が課金されないよう、

まず最初に小口出品アカウントに変更しておきましょう。

 

Amazonの小口出品アカウントへの変更方法は、

セラーセントラル」ページの右上にある「設定」メニューから、

「出品用アカウント情報」をクリックします。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/homepage.html/ref=xx_home_logo_xx

 

出品用アカウントの情報が表示されます。

「サービスの管理」をクリックします。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/hz/sc/account-information

 

この画面から小口出品への変更手続を行うことができます。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/express-boarding/mys-wizard-mode/components/manage-your-services.html?ref_=macs_modplan_cont_acinfohm

 

出品用アカウントを休止設定する

Amazonの出品用アカウントで小口を利用している場合には、月額料金が掛からないため、

Amazonを退会せず、「休止設定」にするのも1つの方法です。

 

出品用アカウントの「休止設定」は、

「出品用アカウント情報」の「出品ステータス」から行えます。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/hz/sc/account-information

 

「休止設定」から「停止中」をクリックして設定を保存するだけで簡単に行えます。

引用元:https://sellercentral-japan.amazon.com/hz/account-info/vacation-settings?ref_=macs_gvacatn_cont_acinfohm

 

※Amazonの大口出品用アカウントを利用している場合には、

出品アカウントを「休止」に設定した場合でも、

継続して月額料金が引き落としされるだけでなく、

出品中の商品の販売は継続されてしまいます。

 

出品用アカウントを休止に設定する場合、必ず小口出品へ変更後に行うようにしましょう。

 

Amazonを完全に退会する場合

Amazonを完全に退会する場合、「カスタマーサービスに連絡」ページの中段左側にある、

「今すぐチャットを始める」をクリックします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/hz/contact-us

 

チャットウィンドウが開きます。

「アカウントまたはプライムに関する問題」をクリックします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/message-us?origRef=de_poc&muClientName=magus&ref_=de_poc

 

「プライム会員の登録を更新またはキャンセルする」をクリックします。

その後、「カスタマーサービスの担当者におつなぎしますか?」と聞いてくるので、

「担当者につなぐ」をクリックします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/message-us?origRef=de_poc&muClientName=magus&ref_=de_poc

 

「サポートできる担当者におつなぎしますか?」と聞いてきますので、

「チャットでサポートを受ける」、「電話でサポートを受ける」のいずれかを選択します。

 

その後はAmazonのオペレーターの指示に従ってAmazonの退会手続きを完了します。

 

Amazan退会後の再登録方法は?

引用元:https://brush-stock.com/word/religion/vewore000039

 

 

ここまでの手続でAmazonを退会すれば、

新しいAmazonアカウントへの再登録も問題なくできるはずです。

 

Amazonのトップページ右上にある「こんにちはログイン」をクリックします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

Amazonのログイン画面が表示されます。

 

ページ下部にある「Amazonアカウントを作成する」から、

Amazonのアカウントを再登録することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ap/signin

 

Amazonを退会後に同じメールアドレスで再登録できる?

 

Amazonのアカウントを再登録する為の必要な項目を入力していきます。

登録するパスワードは以前と違うものを入力する必要があります。

 

各項目を入力したら、「Amazonアカウントを作成する」をクリックします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ap/register?

 

以前と同じメールアドレスを入力した場合、以下のように表示されるはずです。

 

「アカウント作成に使用するのは」の右側にある、

「このEメールアドレス」をクリックします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ap/register

 

その後の画面で手続を続行していけば、

以前と同じメールアドレスでAmazonアカウントの再登録ができます。

 

※Amazonの新規アカウントを同じメールアドレスで登録したい場合には、

PCから手続きする必要があります。

 

スマホからは同じメールアドレスでAmazonに再登録できないので注意が必要です。

 

まとめ

Amazonを退会する場合のおおまかな流れは以下の通りです。

 

  • 未発送の注文の有無を確認する
  • 出品中の商品を出品停止する
  • FBAの倉庫から在庫を返送する
  • 返品する商品の有無を確認する
  • Amazonギフト券の有無を確認する
  • Amazonポイントの有無を確認する
  • Amazonプライムなど、有料プランをキャンセルする
  • 情報配信サービスの停止
  • 売上金の振り込み口座情報を確認する
  • 大口出品アカウントから小口出品アカウントに変更する
  • Amazonの退会手続きをする

 

上記の手順でAmazonを退会した後は、

同じメールアドレスを利用してAmazonに再登録することが可能です。

 

※この記事を執筆している時点では、

上記の手順で問題なくAmazonアカウントの退会、再登録が出来るはずです。

 

ただし、今後、Amazonの規約変更があった場合には、

同じメールアドレスでの再登録はできなくなる可能性もあります。

 

==================
ブログではお伝え出来ない新鮮な情報や、
コンサル生の募集などは人数を限定させて頂くため
公式メルマガでのみお届けしています。
ご希望の方はこちらからご登録下さい。
↓↓
公式メルマガ登録
==================

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる