セラースプライト(SellerSprite)の機能や料金、拡張機能を徹底解説!

モノレートやモノゾンがサービスを終了し、Amazonリサーチの代替ツールとして

セラースプライト(SellerSprite)に注目が集まっています。

セラースプライト(SellerSprite)は海外のせどりツールですが、

最近では日本語にも対応し、日本のAmazonでのリサーチにも利用できるようになりました。

セラースプライト(SellerSprite)はAmazonでの商品ページにグラフを表示、

利益商品のリサーチに役立つだけでなく、

アクセスアップに有効なキーワードのリサーチや市場リサーチなど、

せどりでの売上アップに役立つ機能が満載のツールです。

この記事では、セラースプライト(SellerSprite)の機能や料金、

モノレートの代替ツールとして利用する場合のチェックポイント、

拡張機能として利用する場合の使い方などを詳しく紹介します。

セラースプライト(SellerSprite)とは

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)

セラースプライト(SellerSprite)はAmazonでの商品リサーチに役立つツールです。

セラースプライト(SellerSprite)のサイトにログインして利用する以外だけでなく、

Google Chromeに拡張機能として追加することにより、

Amazonの商品ページに様々なデータを表示してくれます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

  • 価格の推移
  • ランキングの推移
  • 評価の推移
  • レビュー数の推移
  • 出品者数
  • カート価格の推移

セラースプライト(SellerSprite)は海外製のツールのため、

日本のAmazonをリサーチするだけでなく、

海外Amazonのリサーチにも利用できます

セラースプライト(SellerSprite)の機能

セラースプライト(SellerSprite)の機能は大別して以下の4つに分かれています。

  1. キーワードツール
  2. マーケットツール
  3. モニタリングツール
  4. フリーツール

それぞれのツールは日本のAmazonだけでなく、9ヵ国のAmazonで検索が可能です。

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の主な機能を解説していきます。

各機能の検索結果の右端に「」のアイコンが表示されている場合には、

クリックすると別ウィンドウでグラフによる詳細なデータを表示することができます。

また、検索結果の右端に「♡」が表示されている場合には、クリックすると

その商品を「お気に入り」又は「モニタリング」に追加して、

データを追跡することが可能です。

セラースプライト(SellerSprite)・キーワードマイニング

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「キーワードマイニング」は、

入力したキーワードに関する様々なデータを表示してくれる機能です。

  • Amazonのカテゴリー
  • 月間検索トレンド(過去2~3年間の月間検索数)
  • 季節性
  • 月間検索数(直近1ヶ月間の検索数)
  • 人気度
  • 月間販売数
  • クリック集中度
  • 商品数
  • 市場分析
  • PPC入札額

などのデータを表示してくれます。

関連キーワードや関連商品をリサーチするだけでなく、

キーワードの有効性もチェックすることができます。

「キーワードマイニング」には「静的マイニング」と「動的マイニング」があります。

静的マイニング

「静的マイニング」は入力したキーワードの関連商品を検索するイメージです。

下は「ドラゴンクエスト」のキーワードで「静的マイニング」で検索した結果です。

引用元:https://www.sellersprite.com/

動的マイニング

「動的マイニング」は入力したキーワードの関連キーワードを検索するイメージです。

同じ「ドラゴンクエスト」のキーワードで「動的マイニング」で検索した結果です。

引用元:https://www.sellersprite.com/

「動的マイニング」で検索すると、

自分が知らなかったキーワードも表示されるためオススメです。

また、表示されたデータの右端にある「」のアイコンをクリックすると、

過去3年間の「販売数」、「検索数」、「Google検索指数」がグラフ表示されます。

引用元:https://www.sellersprite.com/

表示されたグラフから、そのキーワードでの月ごとの販売数や検索数が分かります。

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)・キーワードリサーチ

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「キーワードリサーチ」機能は、

「カテゴリー」や「月間検索数」など条件を指定して検索することで、

「お宝キーワード」の発見に役立つ機能です。

「成長率」などの数値をチェックすることで、

前月より急激に検索数がアップした「お宝キーワード」を見つけることができます。

引用元:https://www.sellersprite.com/

右端にある「」のアイコンをクリックすると、

別ウィンドウで詳細なデータを表示することができます。

セラースプライト(SellerSprite)・キーワード逆引きリサーチ

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「キーワード逆引きリサーチ」機能は、

特定のASINの商品がどのようなキーワードで検索されているか知ることができる機能です。

自分が知らないキーワードを見つけられるだけでなく、

商品ページへのアクセス数をアップさせるキーワードの選定にも役立ちます。

セラースプライト(SellerSprite)・キーワード順位チェッカー

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「キーワード順位チェッカー」は、

特定のASINの商品を検索しているキーワードの検索順位や月間検索数が分かる機能です。

自分がその商品を出品している場合、

使用しているキーワードの有効性をチェックすることができます。

キーワードは「キーワードモニタリング」に追加することで、

検索順位の変動を追跡することも可能です。

セラースプライト(SellerSprite)・ライバル商品リサーチ

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「ライバル商品リサーチ」は、

キーワードやASINを指定して、Amazonでの特定の商品の月間販売個数や、

前月からの成長率など、様々なデータをチェックできる機能です。

別画面で詳細データを表示

画面の右端にある「」のアイコンをクリックすると、

より詳細なデータを表示することができます。

引用元:https://www.kazutenbai.com/archives/13829#gallery-7

詳細画面で表示されるデータは以下の通りです。

  • 月間販売個数
  • 月間販売額
  • 平均単価
  • ランキング推移
  • 商品価格の推移
  • レビュー数の増減
  • Q&A数の増加数

商品価格やランキングの推移だけでなく、

レビュー数の増減やQ&A数の増加もチェックすることで、

その商品の存在的な人気度も判断することができます。

※ここで表示される販売個数は、「見込み数量」となっています。

精度は高いものの、実際の販売個数とは数値の差が大きい場合もあるため注意が必要です。

商品モニタリングに追加

引用元:https://www.sellersprite.com/

右端にある「♡」をクリックすることで、商品を「商品モニタリング」に追加、

データを追跡することも可能です。

Keepaのデータを表示

引用元:https://www.sellersprite.com/

右端にある「」のアイコンをクリックすると、

ポップアップでKeepaのグラフを表示することができます。

これにより、モノレートを利用した場合と同様に、

Amazonランキングの上下と出品者数を基にした仕入れ判断がし易くなります

引用元:https://www.sellersprite.com/

利益計算機

引用元:https://www.sellersprite.com/

右端にある「」のアイコンをクリックすると、

ポップアップで「利益計算機」を表示することができます。

Amazon FBA手数料も考慮した見込み利益を計算できます。

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)・市場リサーチ

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「市場リサーチ」は、

任意のカテゴリーのサブカテゴリー別に「月総販売数」や「月平均販売数」など、

市場規模をチェックできる機能です。

サブカテゴリー毎に、ポップアップで上位10位の人気商品も表示してくれます。

画像をクリックすることで、Amazonの商品ページも飛ぶことも可能です。

引用元:https://www.sellersprite.com/

右端にある「」のアイコンをクリックすると、

詳細なデータを表示することもできます。

引用元:https://www.sellersprite.com/

右端にある「♡」をクリックすることで、

検索した商品を「お気に入り」に追加、データを追跡することが可能です。

セラースプライト(SellerSprite)・商品リサーチ

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「商品リサーチ」は、

カテゴリーやキーワード、販売数やランキングなど、

様々な条件を指定してお宝商品を見つけることができる機能です。

引用元:https://www.sellersprite.com/

検索結果は特定の条件でフィルタリングできるため、

自分の得意なジャンルを指定すると、お宝商品を見つけやすくなります。

セラースプライト(SellerSprite)・商品モニタリング

引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=50&v=qzsCUhnjFGE&feature=emb_logo

セラースプライト(SellerSprite)の「商品モニタリング」は、

登録した商品の価格やランキング、レビューなどのデータを追跡できる機能です。

自分が出品している商品だけでなく、

ライバルが出品している商品の動向分析にも役立ちます。

セラースプライト(SellerSprite)・キーワードモニタリング

引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=50&v=qzsCUhnjFGE&feature=emb_logo

セラースプライト(SellerSprite)の「キーワードモニタリング」は、

登録したキーワードのランキングを追跡してくれる機能です。

登録したキーワードを追跡するだけでなく、

「商品モニタリング」に登録した商品別に追跡するキーワードを設定できるため、

出品中の商品ページへのアクセスアップ、売上アップに役立ちます。

セラースプライト(SellerSprite)・店舗新商品モニタリング

引用元:https://www.amazon.co.jp/

セラースプライト(SellerSprite)の「店舗新商品モニタリング」は、

特定の出品者を登録することにより、

登録した出品者が新規で出品した商品を通知してくれる機能です。

有力なライバルの出品商品を監視することにより、

利益の出る商品に相乗り出品することも可能になります。

セラースプライト(SellerSprite)・販売数予測

セラースプライト(SellerSprite)の「販売数予測」には、2つの機能があります。

BSR販売数予測

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「BSR販売数予測」は、

特定のカテゴリーとランキングを指定することで、

1日の販売個数、月間販売数を予測してくれる機能です。

仕入れを検討している商品のカテゴリーとランキングから、

ある程度月間の売上予想をすることができます。

ASIN販売数予測

引用元:https://www.sellersprite.com/

セラースプライト(SellerSprite)の「ASIN販売数予測」は、

任意の商品のランキング、1日販売数、価格の推移を予測する機能です。

グラフに表示する期間は過去1年間の間から任意で設定することができます。

セラースプライト(SellerSprite)を拡張機能で利用する

引用元:https://chrome.google.com/webstore/detail/sellersprite-amazon-produ/lnbmbgocenenhhhdojdielgnmeflbnfb?utm_source=chrome-ntp-icon

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能

セラースプライト(SellerSprite)にはGoogle Chromeの拡張機能も用意されています。

Chromeにセラースプライト(SellerSprite)の拡張機能を追加すると、

右上にセラースプライト(SellerSprite)のアイコンが表示されるようになります。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

また、商品ページの右下にある「SellerSprite拡張機能を起動する」をクリックすると、

Amazonの商品ページにKeepaのプラグインを利用したグラフを表示してくれます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

  • 価格の推移
  • BSR(ランキングの推移)
  • 評価の推移
  • レビュー数の推移
  • 出品者数の推移
  • カートボックス価格の推移

グラフに表示するデータの期間は、

3ヶ月、6ヶ月、直近1年、全期間から選択することができます。

下部にあるスライダーをドラッグして、任意の期間のグラフを表示することも可能です。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の使い方

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能では、4つの機能が利用できます。

  • 売上詳細
  • キーワード逆引きリサーチ
  • キーワードマイニング
  • キーワード順位チェッカー

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能・売上詳細

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の「売上詳細」は、

Amazonの検索結果に表示されている商品の売上データをチェックできる機能です。

例として、Amazonで「nike」のキーワードで検索してみます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Chromeの右上にあるアイコンをクリックすると、

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能が起動し、売上詳細データを表示します。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazonの検索結果に表示されているランキング順で、様々なデータを表示します。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

  • ブランド名
  • カテゴリ
  • BSR(ランキング)
  • 価格
  • 評価
  • レビュー数
  • 月間レビュー数
  • レビュー率
  • トレンド(月別販売数・月別売上)
  • 出品者数
  • 出品日
  • 配送方法

表示されるデータを見ることで、個別の商品ページをチェックすることなく、

商品のランキングや月間販売数などが分かるため、リサーチの効率化に役立ちます

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能・キーワード逆引きリサーチ

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の「キーワード逆引きリサーチ」機能は、

特定のASINの商品がどのようなキーワードで検索されているか知ることができる機能です。

Amazonの商品ページから、

その商品がどのようなキーワードで検索されているかを知ることができます。

調べたい商品ページを表示してから、Chromeの右上にあるアイコンをクリックします。

「キーワード逆引きリサーチ」をクリックすると、

その商品を検索しているキーワードが表示されます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「キーワード逆引きリサーチ」機能を利用する事で、

自分が気付かないキーワードを見つけられるだけでなく、

商品ページへのアクセス数アップにも役立ちます

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能・キーワードマイニング

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の「キーワードマイニング」は、

関連キーワードや月間検索数、月間販売数などをチェックできる機能です。

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の「キーワードマイニング」の検索窓に、

検索したいキーワードを入力します。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

  • 月間検索トレンド(過去の月間検索回数)
  • 月間検索数
  • 人気度
  • 月間販売数

などのデータが表示されます。

青文字で表示されている「月間検索数」、「市場分析」のデータは、

数値をクリックすると、グラフ表示でより詳細なデータを確認することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「月間検索数」の詳細グラフです。

直近30日間の、「購買量」、「検索数」、「購買率」が表示されます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「市場分析」の詳細グラフです。

「価格分布」、「レビュー分布」、「星数分布」のデータがチェックできます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

月間検索数が多いほど人気のキーワードということになりますが、

ライバルとの競争が激しいキーワードでもあります。

そのため、月間検索数だけを重要視するのではなく、

直接その商品の購入に結びつくキーワードを選定することが重要になります。

静的マイニング・動的マイニング

「キーワードマイニング」には「静的マイニング」と「動的マイニング」があります。

「静的マイニング」は入力したキーワードの関連商品を検索するイメージになります。

「動的マイニング」は入力したキーワードの関連キーワードを検索するイメージです。

「動的マイニング」の検索結果です。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「静的マイニング」の検索結果です。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

同じ「nike」のキーワードで検索した場合でも、検索結果の違いが分かると思います。

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能・キーワード順位チェッカー

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の「キーワード順位チェッカー」は、

特定のASINの商品を検索しているキーワードの検索順位や月間検索数が分かる機能です。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

検索したい商品のASIN、キーワードを入力すると以下のデータが表示されます。

  • 現時点表示ページ数(検索結果の何ページ目に表示されているか)
  • 現時点順位(現時点での検索順位)
  • 検索結果数(そのキーワードで表示される商品数)
  • 月間検索数
  • 転換率(月間転換率=月間販売数÷月間検索数)

特定のASINの商品、キーワードを指定して検索することで、

自分が利用しているキーワードの有効性をチェックすることができます。

モノレートの代替として利用する場合のチェックポイント

ここまで、セラースプライト(SellerSprite)、

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能の使い方について詳しく紹介しました。

セラースプライト(SellerSprite)は多機能が魅力のツールですが、

せどり初心者が利用する場合には、多機能過ぎて戸惑ってしまう部分もあると思います。

ここでは、セラースプライト(SellerSprite)を、

モノレートの代替ツールとして利用する場合のチェックポイントを説明します。

セラースプライト(SellerSprite)拡張機能のグラフを利用する

セラースプライト(SellerSprite)の拡張機能によって、

Amazonの商品ページに表示されるグラフをチェックするだけでも、

モノレートの代替ツールとして利用することはできると思います。

セラースプライト(SellerSprite)のグラフをチェックする場合のポイントは3つあります。

  1. 価格
  2. BSR(ランキング)
  3. セラー数(出品者数)

以下の画像では、分かりやすいようにグラフの表示を

「価格」、「BSR」、「セラー数」の3つだけにしています。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

仕入れ判断で重要なのは、BSR(ランキング)とセラー数の上下です。

ランキングのグラフの線が下降(ランキングが上昇)した場合には、

その商品が売れたことになります。

下の画像の赤丸の部分では、

グラフが下降した部分では商品が売れたと判断することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

また、ランキングの上下と同時に、出品者数の増減もチェックすることで、

より確実にその商品が販売されたと判断することができます。

下の画像では、2020年6月16日のランキングが526位、セラー数が12名なのが分かります。

引用元:https://www.amazon.co.jp

その後の2020年6月18日にランキングが262位に上昇、

出品者数も11名に減少していることが分かります。

ランキングが上昇して出品者数も減少していることから、

この間には確実に売れていると判断することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp

売上詳細を利用する

引用元:https://www.amazon.co.jp

セラースプライト(SellerSprite)のグラフで、

ランキングの上下や出品者数の増減をチェック後、

「売上詳細」機能も併用することにより、

過去の月間販売数もチェックすることができるので、

より詳細な仕入れ判断をすることができます。

月間販売数と出品者数をチェックすることで、1日当たりの販売数を計算し、

自分が出品した場合に、商品が売れるまでの期間を予想することができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp

セラースプライト(SellerSprite)の価格は?

引用元:https://www.sellersprite.com/en/price

セラースプライト(SellerSprite)には4つの料金プランが用意されており、

有料のプランには月払い、年払いが用意されています。

無料プランでは検索結果の表示件数が5件まで、

商品モニタリング機能は利用不可など、利用できる機能に制限があります。

セラースプライト(SellerSprite)の料金は以下の通りです。

  • 無料:機能に利用制限有り
  • スタンダード会員:月払い98ドル、年払い980ドル
  • アドバンス会員:月払い188ドル、年払い1,880ドル
  • VIP会員:月払い238ドル、年払い2,380ドル

セラースプライト(SellerSprite)の料金プランの違い

各料金プランの違いは、一部機能へ登録できる件数です。

  スタンダード会員 アドバンス会員 VIP会員

商品モニタリング

100件 300件 500件
キーワードモニタリング 500件 1,000件 2,000件
店舗新商品モニタリング 50件 100件 200件

無料プランは利用制限があるため、詳細なリサーチでは厳しいと思います。

有料プランを利用する場合でも、料金の一番安いスタンダード会員で問題ないと思います。

クーポンを活用する

引用元:https://www.sellersprite.com/en/price

セラースプライト(SellerSprite)には利用料金が割引になるクーポンがあります。

セラースプライト(SellerSprite)のサイトにログイン後、

ページの右上にある「」のアイコンをクリックします。

メッセージ一覧の中から、クーポンコードを見つけます。

クーポンを利用した場合、月払いでは15%、年払いでは35%の割引が受けられるようです。

まとめ

セラースプライト(SellerSprite)はAmazonで利用できるせどりツールです。

セラースプライト(SellerSprite)はリサーチに利用できる機能が多数備わっていますが、

利用できる機能が多いため、せどり初心者には使い方が難しく感じる人もいると思います。

セラースプライト(SellerSprite)をモノレートの代替ツールとして利用する場合には、

セラースプライト(SellerSprite)の拡張機能でAmazon商品ページに表示される、

グラフのランキングと出品者数の上下をチェックするだけでも大丈夫だと思います。

セラースプライト(SellerSprite)は多機能なため、

使いこなすにはある程度時間が必要だと思います。

セラースプライト(SellerSprite)に無料登録してChromeに拡張機能を追加するだけでも、

Amazonの商品ページにグラフを表示することができますので、

まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。