Amazonカートボックスのアルゴリズムは?カート獲得方法は?

ここではAmazonカートボックスのアルゴリズムとカートボックスを取得する方法について紹介します。

ふじもんのブログ、せどり工房ではせどりツールも多数紹介していますので是非ご覧下さい。

1.Amazonカートボックスとは?

Amazonカートボックスとは、Amazonの商品ページを開いた時にページ右側にある「カートに入れる」と書いてある黄色いボタンのことです。

AmazonカートボックスはAmazonが取得している場合も多いですが、他の出品者がカートボックスを取得している場合もあります。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

上の商品の場合、「カートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazon以外の出品者から購入する事になります。

Amazonで商品を購入する場合、いちいちAmazonが販売しているか確認する人はあまりいないと思います。

もちろん、出品者一覧からAmazonを選択して購入する人や、最安値の出品者から購入する人もいると思います。

しかし、単純にAmazonカートボックスを取得している=最安値だと思い込んで購入する人もたくさんいます。

つまりAmazonカートボックスを取得すると商品が売れやすくなります。

2.Amazonカートボックスのアルゴリズムは?

Amazonカートボックスを獲得するためには、カートを取得する条件、Amazonカートボックスのアルゴリズムを理解する必要があります。

 2-1.Amazonカート獲得の条件とは?

Amazonの理念は、「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」です。

Amazonカートボックスを獲得するためには、このAmazonの理念を理解する必要があります。

つまり、商品の価格が安いだけでなく、納期や品質などもカート獲得の重要な条件となります。

AmazonカートボックスのアルゴリズムはAmazonの理念に基づいて定められています。

具体的にAmazonカートボックスのアルゴリズムを説明していきます。

 2-2.Amazonカート獲得には大口出品が必須

Amazonでカートを獲得するには、大口出品者である必要があります。

以前は小口出品者でもカート獲得が可能でしたが、現在は無理のようです。

小口出品者はAmazonが最も信頼している発送方法のFBAを利用できない点もカートが獲得できない理由の1つとなっています。

 2-3.Amazonカート獲得には価格が重要

カート獲得の条件には、価格も重要になります。

カート獲得には必ずしも最安値である必要はないとされています。

もちろん価格が大幅に高いのは問題ですが、概ね最安値から5%以内程度までではないかと推測されています。

ただし、最安値の方がカートを獲得しやすい場合が多いのも事実です。

 2-4.Amazonカート獲得には返金率が重要

カート獲得には返金率も重要になります。

カートを獲得するための目安は、1ヶ月の返金率が受注数の5%未満である必要があるとされています。

 2-5.Amazonでの販売実績

カート獲得にはAmazonでの販売実績も重要になります。

Amazonでの販売実績は大きく分けて2つあります。

・Amazonでの販売数

・Amazonでの販売期間

それぞれの販売実績について説明します。

Amazonでの販売数

Amazonでの販売数は単純にアカウント全体の販売数ではなく、出品しているカテゴリ別の販売実績が重要になります。

例として、Amazonでの販売実績が全部で500件あった場合に、ミュージックでの販売実績が100件だった場合、一番少ないカテゴリーでの販売実績がカート獲得のアルゴリズムに反映されます。

Amazonでの販売期間

Amazonでの販売期間はAmazonで商品を販売してどのくらいの期間があるのか?が重要になります。

この点は単純に販売期間が長ければ長いほどカート獲得に有利になります。

 2-6.Amazonでの在庫数

カート獲得にはAmazonでの在庫数が多い方が有利になります。

在庫数は単に出品点数が多い点ではなく、同じ商品の在庫が多ければカート獲得のアルゴリズム的に有利になります。

例として、ある商品の在庫が1個よりも3個あった方がカート獲得には有利になります。

 2-7.Amazonでの評価

Amazonでの評価もカート獲得のためのアルゴリズムに加わっています。

カート獲得のための評価の目安としては、マイナス評価が評価全体の5%以内であれば問題ないとされています。

まとめ

Amazonカートボックス獲得のアルゴリズムをまとめると以下になります。

・大口出品者であること

・商品をFBAで発送すること

・カテゴリ毎の販売実績を増やす

・商品毎の在庫数を増やす

・月間の返金率を5%以内に抑える

・マイナス評価5%以内推奨

・価格は最安値から5%以内

・Amazonでの販売期間は長い方が有利

以上の点を意識すると、Amazonカートを取得しやすくなります。

カートを獲得することで、商品が売れやすくなるため、結果として資金の回転もアップし、売上と利益アップにもつながります。

ふじもんのブログ、せどり工房ではせどりでの作業を大幅に効率化してくれるせどりツールも多数紹介していますので是非ご覧下さい。