せどり転売でAmazonやメーカーから商標権侵害申し立てを受けた時の対処法

せどりで仕入れた商品をAmazonで販売していると稀にAmazonやメーカーから「商標権侵害申し立て」メールが来ることがあります。
(ジャンルによっては割と頻繁に来ます)

商標権侵害はメーカーの商品を正規のルートで仕入れずに販売しているセラーに対して販売差し止めを申し立てることができる制度です。

正規のルートとは、正規代理店や卸から購入する事を言います。

せどりは【小売店】から仕入れた商品を販売する事業です。
そのため、メーカーから見ると正規のルートで販売していない、とみなされるのです。
もちろんメルカリやヤフオクからの購入も【正規のルート】ではありません。 

卸やメーカーから仕入れた商品でない以上、この商標権侵害申し立てのリスクはせどらー誰にでも存在します

この商標権侵害のメールをもらったら直ちに正しい対処をしないといけません

放置しているとAmazonのアカウントを停止されてしまう可能性がある重大なものです。

初めてこの申し立てを受けるとほとんどの人がパニックになってしまいます。
ですが慌てる必要はありません。

正しい対処をすることで問題なく今後もAmazonでの販売を続けることができます。
(申し立てを受けた商品は売れませんが)

もしAmazonから商標権侵害のメールが来ても慌てずに済むよう商標権侵害申し立てとその対処について正しく理解しておきましょう。

今回は商標権の解説と、Amazonで商標権侵害を受けた時の対処法です。

商標権について・商標権とは何か

商標権は知的財産権の中の一種です。

簡単に説明するとその商品の全ての「権利」です。

商品の内容、色、デザイン、名称、キャッチコピーすべてを指します。

商標権侵害とはその商品を正当な理由なく使用したり、販売して利益を得たりすることを指します。

メーカーからするとせどらーという存在は
「自社の商品を正規のルート以外で仕入れ勝手に売って利益を得ている存在」
になります。

確かにヤフオクやメルカリから本物かどうかわからない商品を仕入れて販売したり、小売店から購入したものを利益を乗せて販売しているせどらーはメーカーにとって直接的なメリットはないでしょう。

また、保管状態や品質管理をしっかり行っているかどうかもわかりません。
適当な管理のせどらーが商品を販売してクレームになって、メーカーの評判を下げるような行為をされたくない、という面もあるでしょう。

ブランドイメージを重要視するメーカーにとってせどらーは「いいお客さん」とは言い難いでしょう。

しかし本来メーカーにとってはどのような形であっても流通に商品が置かれること自体はメリットがある話です。

1個でも多く自社の商品が世の中に出回ることになるわけですからね。

直接金銭的なメリットが無くても、商品が売れればまた小売店などがメーカーから商品を仕入れます。

間接的にはせどらーの存在はメーカーにとってプラスの側面も大きいのです。

そのため、世の中のほとんどのメーカーはせどらーに対して商標権侵害申し立てという強硬な手段には出ません。

ですが、そのような形を望んでいない一部のメーカーがAmazonに対して

「あのセラーはうちの商品の商標権を侵害しているので警告をしてください」

と申し立てるわけです。

これが商標権侵害申し立てです。

せどりという行為は法律的にはまったく問題ありませんが、それでもメーカーが商標権侵害、といったら残念ながらアウトです。

特にAmazonでは完全にアウトです

Amazonは商標権を強く守る姿勢ですから、商標権侵害をしていると思われるセラーに対して厳しい対応を迫るのです。

Amazonからの警告

商品の製造販売を行っているメーカーはアマゾン内で自社の商品が不当な販売をされているのを発見した場合Amazonに対して

「商標権を侵害されている。当社はこのセラーに対して販売の許可をしていません」

と連絡・通報します。

するとAmazonは商標権を侵害しているセラーに対してメールで警告を送ります。

警告の内容は以下のような内容です。

・商標権侵害申し立てを受けました

・販売を継続しないでください

・販売する場合はメーカーと話し合ってください

Amazonからではなく、メーカーから直接メールをもらう場合がありますが文面が違うだけで書かれている内容は一緒です。

メーカーからのメールももちろん無視してはいけませんが、Amazonからの警告の場合は特に慎重に行動しましょう。

申し立てを受けた時点で該当商品はAmazonによって出品停止になりますが、絶対に販売再開してはいけません

1発でアカウント閉鎖の可能性があります。

もしAmazonアカウントが閉鎖になった場合は正規の方法では絶対に復帰できません。

つまり二度とAmazonをセラーとして利用することができなくなるのです。

商標権侵害申し立てを受けやすい商品・ジャンル

先ほど書いたように正規のルートから仕入れていない商品はすべて商標権侵害をしていると言えます。

しかしその中のほとんどのメーカーは申し立てを行ったり、裁判を起こしたりなんてしません。

(ブランドイメージを重要視するハイブランドメーカーなどはしますが)

そんな状況だったら世の中にこれだけ多くのせどらーが存在するわけがありません。

商標権侵害に厳しいメーカーはごく一部です。

最終的にはメーカーの判断になるため、確実なことは言えませんが、申し立てをしやすいメーカーの傾向を掴んでおくことでリスクを減らすことができます。

申し立てしやすいメーカーの特徴は以下の通りです。

1.ハイブランド

2.商標権侵害に敏感なメーカー

3.健康食品

4.アマゾン内に正規代理店を持つメーカー

ハイブランドは1個数万円から数十万円もの商品を扱っているメーカーです。

VuittonやHermèsなどの有名ブランドです。

こういったメーカーは「企業のイメージ」を重要視します。

本物かどうかもわからない商品を販売しているせどらーに対してかなり厳しい態度で臨んできます。

こういったブランドはAmazon内ではなく実際の裁判を起こしてくる可能性もあります。

もしせどりでハイブランドの商品を扱う場合は本物といえるだけの根拠のある商品のみを取り扱いましょう。

次に商標権侵害に対して厳しいメーカーです。

ざっくりとした説明で申し訳ありませんが、要はディズニーやバンダイなどの著作権に対して厳しいメーカーです。

ただし、そこまで頻繁に申し立ててくることはありません。

可能性としては中国などから仕入れてきた紛らわしいデザインの商品を大規模で販売している場合などです。

中国からキャラクターものなどを輸入販売している人は注意してください。

一般のせどらーが最も気を付けなければいけないのは3.4です。

まずは健康食品関係

Amazonのカテゴリーでいうと「ドラッグストア・ビューティー」です。

サプリや健康食品は需要が多く、稼ぎやすいジャンルですが、このジャンルの商品を扱っているメーカーは商標権に対してかなり厳しいです。

扱う際は申し立てを行った実績のあるメーカーかどうかを確認してから仕入れたほうがよさそうです。

「Amazon 商標権 メーカー」といったキーワードで検索すると様々なサイトで申し立てをしてきたメーカーの情報が開示されています。

これらのメーカーを事前に調べることによってリスクを減らすことができます。

アマゾン内で公式販売を行っているメーカーも要注意です。

自分たちがアマゾン内で公式として一定の価格で独占販売しているのに、どこかの誰かが勝手に割り込んで来て相場を崩されたりしたら面白くないですよね。

商品を売る機会も逃してしまいます。

申し立て一つで排除できるなら当然申し立てしますよね。

メーカー公式で販売している商品も注意が必要です。

商標権侵害申し立てを受けた時は

もし、仕入れた商品が商標権侵害を受けてしまったらどうしたらいいでしょうか。

メーカーにしろAmazonにしろ、要求はごくごくシンプルです。

商品の販売の差し止め

これだけです。

なので、商品の販売を止めてSKUごと削除してしまえばいいのです。

これで問題ありません。

Amazonも販売を差し止めてSKUを削除すればそれ以上何か追及してくることはありません。

もし商標権侵害申し立てが来たら迅速に削除しましょう。

なお、間違ってもこっそり売ろう、なんて考えてはいけません

もし商標権侵害申し立ての合った商品に再度通報があった場合は間違いなくアカウントを凍結されます。

潔くAmazonでの販売そのものを諦めてください。

Amazonで販売しなければいいのです。

・楽天

・Yahoo!ショッピング

・メルカリ

・ヤフオク

・ラクマ

このように他にも販路は沢山あります。

Amazonほど利益が出せないかもしれませんが、在庫を腐らせてしまうよりはずっといいでしょう。

申し立てを受けたらすぐに他の販路に切り替えてそちらで在庫処分をしてしまいましょう。

まとめ

ある日突然「商標権侵害」なんてメールがAmazonから来たらびっくりしてしまいますよね。

ですが、最初のメールをもらった時点で商品をSKUごと削除して、きちんと対処すれば問題ありません。

一番問題なのは警告を無視したり、監視の厳しくない時間帯にこっそり販売しようとすることです。

Amazonは規約違反に対しては非常に厳しい企業です。

気楽に考えているといきなりアカウントを凍結されてAmazonでの販売が今後一切できなくなる可能性があります。

せどりにおいてAmazonが使えなくなることはほぼ廃業にも等しいです。

こういった事態にならない様

・仕入れの際に確認をする

・商標権侵害申し立てのメールを受け取ったらすぐに商品を削除

これを必ず守ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする