Amazon刈り取りで5万円稼げる本のリサーチ方法について解説

Amazon刈り取りはAmazonだけで仕入れと販売が完結するため、

せどり初心者でも稼ぎやすく、おすすめの手法です。

その中でも、Amazonの本刈り取りは仕入れ資金も少なくて済み、

せどり初心者でも稼ぎやすくおすすめのカテゴリーです。

この記事では、Amazonの本刈り取りで月5万円稼ぐリサーチ方法について詳しく紹介します。

Amazonの刈り取りは本がおすすめな理由

引用元:https://www.amazon.co.jp/

本は他のカテゴリーと比較して種類が圧倒的に多いカテゴリーです。

そのため、Amazon刈り取りでは本がおすすめです。

中古本は相場が不安定な場合も多く、その点でも狙い目のジャンルです。

また、中古本の1円出品が多い点もAmazon刈り取りにおすすめの理由です。

他にも、一般の出品者が相場を知らずに安く出品する場合も多く、

相場より大幅に安い価格で出品されている中古本もあります。

本刈り取りで狙い目のジャンル

Amazonの本刈り取りでは以下のジャンルがおすすめです。

中でも、「医学系」、「科学系」の中古本は高値になっていても売れやすい傾向があります。

  • 医学系
  • 科学系
  • サイエンス系
  • 宗教
  • 心理学
  • 戦争
  • 法律
  • 占い

Amazonで本を刈り取りする方法

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazon刈り取りの基本的な方法は以下のようになります。

出品価格

  • 最安値:500円
  • 時点価格:501円
  • 最高値の時点1,999円
  • 最高値:2,000円

上記のパターンの場合、最安値と時点価格の2つの中古本を刈り取り、

2,000円前後の価格で再出品することができます。

注意点としては、それぞれの出品者の在庫数が1点だけとは限らないことです。

刈り取り前に、Keepa有料版などのツールを利用して、

各出品者の在庫数もチェックするようにしましょう。

Amazon本刈り取りのポイント

引用元:http://lifechange77.com/archives/3483

Amazonで本を刈り取りするには、以下のポイントがあります。

それぞれのポイントについて説明します。

  • 中古本を狙う
  • 価格の推移
  • 刈り取りの時期
  • 出品者数

Amazon刈り取りでは中古本を狙う

Amazon本体で新品の本が在庫切れでプレ値になっている場合があります。

しかし、この場合、定価で仕入れてしまうと、Amazonの在庫が復活した

場合は中々売れないだけでなく、赤字になってしまう可能性もあります。

そのため、Amazonの本刈り取りでは主に中古本を狙うようにしましょう。

Amazonの価格推移をチェックする

Amazon刈り取りでは、出品価格の推移をチェックすることは最重要項目です。

現在の相場が2,000円の中古本でも、

過去には500円程度で出品されているケースは珍しくありません。

Amazonでの出品価格の推移は、Keepaでチェックすることができます。

Amazon刈り取りでKeepaを利用する方法は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

下の画像の中古本の価格は1,400円程度ですが、

過去には赤い点の部分で500円前後で出品されていることが分かります。

引用元:https://keepa.com/#!language/5

上のグラフの赤い点の部分、値下がりしたタイミングで刈り取って、

適性価格で再出品すれば、Amazonだけを利用して利益を出すことができます。

逆に、現在2,000円で出品されている中古本でも、

過去には倍以上の高価格で売れているケースもあります。

Keepaの「トラッキング機能」を利用して価格の推移をチェックすることで、

このような中古本を刈り取って、過去に売れた高値で再出品することが可能です。

Keepaの「トラッキング機能」についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

Amazon刈り取りで狙う時期

中古本に限らず、月末から翌月月初は多くの出品者が値下げをしてくる傾向があります。

その理由としては、月末にはクレジットカードなどの支払があるため、

できるだけ早く手持ちの在庫を売りたいと考える心理があります。

また、一般的に月末が給料日の人は多いため、

その点でもこのタイミングでの値下げは売れる確率が高くなります。

さらに、月末に売れなかった中古本は、翌月月初に更なる値下げも期待できます。

Amazon中古本の刈り取りでは、月末月初を狙うと良いでしょう。

Amazonで出品者数が多い中古本をチェック

引用元:https://www.amazon.co.jp/

中古本に限らず、Amazonで出品者数が多い商品は売れるまで時間が掛かる傾向があります。

この場合、出品者の心理としては出来るだけ早く在庫を売りたいため、

値下げ合戦が起こりやすくなります。

そのため、値下げ合戦が起こりやすい月末月初には出品者数の多い本をチェックしましょう。

また、ランキングと出品者数の推移、その両方をチェックすることで、

実際にその商品が売れるまでの期間を予測することができます。

Amazonでの出品者数の推移は、Keepa有料版で確認できます。

こちらの記事で詳しく紹介しています。

Amazonで定価が高い本を刈り取る

引用元:https://www.amazon.co.jp/

定価が2,000円以下の、比較的安価な本は発行部数が多くなる傾向があります。

安価で発行部数が多い本は多くの人が仕入れる可能性が高くなります。

そのため、定価が安い本は、Amazonでの出品者数は多くなりがちで、

過度の値下げ競争により、最低価格が1円になってしまう可能性もあります。

反対に、定価が5,000円など、ある程度高額な本の場合には、

その本を仕入れる人も少なく、価格競争の可能性も低くなります。

Amazonでは、なるべく定価が高い本をチェックするようにしましょう。

定価が高い本の最安値が1,000円以下など安値の場合には、

取りあえずKeepaで価格の推移をリサーチしてみることをオススメします。

Amazonでプレ値になり過ぎている本を刈り取る

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazonでは、10万円以上のプレ値になっている中古本も珍しくありません。

一般的に、このような中古本は売れなかったり、売れるまで時間が掛かる傾向があります。

そのため、特定の出品者が在庫処分などで大幅に値下げする場合もあります。

しかし、医学系や科学系の専門書などは、医療関係者や研究者など必要な人が多いため、

定価より大幅なプレ値になっていても売れる可能性が高いです。

このように一時的な安値を見つけたら刈り取りのチャンスです。

Keepa有料版を利用して、Amazonのランキングと出品者数、

価格の推移をチェックすることで、

実際にその商品が売れた数と価格を調べることができます。

過去に現在の価格より高値で売れている中古本は、

刈り取ることで過去の高値で売れる可能性があります

Keepa有料版を利用して売れた数と価格を調べる方法は、

こちらの記事で詳しく紹介しています。

Amazonで付属品が付いている本を刈り取る

引用元:https://www.amazon.co.jp/

最近は、付属品が付いている本も多くなってきました。

Amazonでは、付属品が付いていないため、

相場より大幅な安値、1円などで出品されている中古本も少なくありません。

このような中古本を見つけたら、刈り取りのチャンスです。

メルカリやヤフオクなどで、付属品を探してみましょう。

もし付属品を見つけることができれば、安値で刈り取った中古本とセットにして、

出品コンディションをアップすることで、利益を出すことができます。

また、出品者の価格改定ミスで、

付属品付きの中古本でも1円で出品されている場合もあります。

このような商品を見つけたら、刈り取りのチャンスです。

過去に売れた商品の価格をチェックする

Amazonでせどりを続けていると、過去に売った商品の販売リストができます。

例えば、過去に2,000円で販売した商品の最低価格が1円になっていた場合などには、

その商品の出品価格一覧をチェックしてみましょう。

1円の出品者数が少ない場合など、まとめて刈り取って再出品することも可能です。

まとめ

Amazonの本刈り取りには以下のポイントがあります。

  • 新品ではなく中古本を狙う
  • Keepaで価格の推移をチェックする
  • 月末月初を狙う
  • 出品者数と在庫数をチェックする
  • 定価が高い本を狙う
  • プレ値になり過ぎている本を狙う

定価が安い本は仕入れやすいため、ライバルが多く、価格競争になる可能性が高いです。

なるべく定価の高い本を刈り取るようにしましょう。

中古本の付属品をヤフオクやメルカリなどで探し、

付属品無しで安く出品されている本を刈り取り、

付属品完備のコンディションで再出品することもできます。

付属付きの中古本でも、出品者の価格改定ミスで1円で出品されている場合もあります。

そのような中古本も狙い目です。