らくめるはメルカリのアプリ?らくめるの評判は?使い方と価格は?

ここではせどりツール、らくめるを紹介します。

ふじもんのブログ、せどり工房では他のせどりツールも多数紹介していますので是非ご覧下さい。

1.らくめるとは?

引用元:http://rakumeru.com/wordpress/

らくめる

せどりツール、らくめるはフリマアプリへの自動出品ツールです。

らくめるはもともとはメルカリへの自動出品ツールでしたが、メルカリの規制によって現在はメルカリでの使用はできなくなっています。

らくめるが現在対応しているフリマアプリは以下の2つです。

・ラクマ

・フリル

らくめるの主な機能は以下の通りです。

・エクセルファイルによる一括商品登録機能

・自動再出品

・自動削除

・取引ナビによる落札者とのやり取り

・画像の自動リサイズ

・利益計算

・購入者情報のダウンロード

フリマで稼ぐためには出品した商品を上位表示させなければいけませんが、そのためには商品が売れなければ、常に出品と削除を繰り返さなければいけません。

らくめるを利用すると、出品、販売、発送連絡、評価までの一連の取引が全てツール上で完結するので、最も手間の掛かる出品と削除の作業から解放されます。

そのため、作業の効率化ができてとても便利です。

2.らくめるの評判は?

らくめるは元々はメルカリ専用のツールでしたが、メルカリの規制により現在はラクマ、フリルのツールになったという経緯があります。

らくめるの開発者はもともとメルカリやラクマ、フリルなどフリマアプリで実際に稼いでいる人です。

そのため、らくめるは開発者自身がフリマアプリで稼ぐために欲しい機能を装備したツールとなっています。

規制前は実際に多くの人がらくめるを利用してメルカリで売上をあげていたことからも、らくめるの実力はうかがい知ることができます。

3.らくめるの使い方は?

らくめるはPCにインストールして利用するツールではなく、WEBで動作します。

そのため、ネットに接続可能な環境であればWindows、Macのどちらでも利用可能です。

らくめるのサイトにアクセスし、ログインすることですぐに利用可能です。

らくめるを利用して出品するには、最初にエクセルファイルに画像などの商品情報を登録する必要があります。

商品情報に登録した画像は、らくめるが自動で出品サイズに変更してくれるので便利です。

エクセルファイルに登録した商品は、一括で自動再出品と自動削除が可能です。

フリマアプリで稼ぐためには、常に上位表示させなければいけないので、この機能はとても便利です。

また、らくめるでは出品可能な商品の上限数が200件までとなっています。

これはフリマの規制を受けずに安全にツールを利用するための制限だということです。

また、らくめるに登録した複数の商品を自動で出品する際にも、指定した時間に一括出品するのではなく、1商品ずつゆっくりと出品するようになっています。

この点もユーザーがフリマでアカウント停止などの規制を受けずツールを安全に利用するための仕様となっています。

4.らくめるの価格は?

気になるらくめるの価格ですが、フリマで利用するアカウント数によって価格が設定されています。

各プランの利用価格は以下の通りです。

らくめる1アカウントプラン

ラクマ、フリマ各1アカウントづつ、合計2アカウントの場合

月額4,980円

らくめる3アカウントパック

ラクマ、フリル各3アカウントづつ、合計6アカウントの場合

月額9,980円

らくめる15アカウントパック

ラクマ、フリル各15アカウントづつ、合計30アカウントの場合

月額19,980円

まとめ

せどりツール、らくめるはラクマ、フリルで利用できるツールです。

らくめるはフリマで稼ぐために必要な出品と削除を自動で行ってくれるツールです。

らくめるは一度商品を登録してしまえばあとはほったらかしでも商品が売れるまで自動で出品と削除を行ってくれます。

現在フリマの作業で出品と削除に負担を感じている人は、一度ラクマを試してみてはいかがでしょうか。

ふじもんのブログ、せどり工房では他のせどりツールも多数紹介していますので是非ご覧下さい。