人気のアパレルせどり そのメリットデメリットを解説

Amazonやメルカリやヤフオクによって、
個人がネット上で古着屋を開くことも簡単になりました。

自宅でいらない服を売っているうちに
本格的に古着屋を始めたいと思っている人もいるでしょう。

洋服が好きでいずれ自分の店を開きたい。

けどとりあえずネットから実績を積んで…という方もいるでしょう。

アパレル関係のせどりは手軽で簡単に始められるせどりジャンルです。

需要も高く、仕入れ先も豊富で今後も長く稼げる可能性のあるジャンルです。

一方で他のジャンルにはないデメリットや苦労もあります。

今回そんなアパレル関係のせどりを行いたいという人のために
アパレルせどりの方法を詳しく解説します。

アパレルせどりとは

その名の通り、洋服やファッション小物を扱うせどりです。

私たちの生活にとって洋服は欠かせません。

どんな人でも必ず買う必要がありますし、好きな人は毎月沢山の洋服を買うでしょう。

洋服が不要という人は現代の日本ではいないはずです。

しかも洋服というのは意外と高いものです。

まとめて買うと1万円を軽く超えることも普通ですし、
中には1つのアイテムで数万円以上するものもあります。

また、好きな人ほど、ほかの人と被らない珍しいアイテムを求めます。

  • 少しでも安く買いたい
  • ほかの人が持っていない物が欲しい

ファッションにはこうした需要があります。

そこで定価の高いアイテムを安く仕入れたり、
ほかの人が持っていない珍しいアイテムを仕入れてきて
販売するのがアパレルせどりです。

アパレルせどりで扱うアイテムの特徴

アパレルせどりで扱うアイテムにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

簡単な特徴も解説していますので、
自分がどの系統をメインにしていきたいのか考えながら見てください。

1.アクセサリー

一番にお勧めしたいのがこのジャンル。

指輪やネックレス、ブレスレット等です。

アクセサリーせどりは場所も取らないですし、
利益率も高いので絶対に扱っておきたいアイテムです。

ただ、アクセサリーは必ずしも全員が必要とするものではないので、需要が低め。

つまり回転率も低いので、これ1本で利益を出し続けるのは難しいでしょう。

回転率の高いほかのジャンルとの組み合わせで大きく利益の出せるアイテムです。

2.ジーンズ、パンツ類

こちらは中古せどりでお勧めです。

特にジーンズは多少使用感があっても価値が大幅に落ちることはありません。

古着屋で仕入れるとかなり安く仕入れられますが、
定価そのものは高いので比較的利益率も高く売れ行きもいいアイテムです。

3.ジャケット、コート類

単価の高いジャケット類もお勧め。

特にブランド物は定価が非常に高いので、
シーズンオフに大量に安く仕入れて売り出せば非常に高い利益を出すことができます。

ただしかなり場所を取ります。

自宅に余裕のある方にお勧めです。

4.スニーカー

世界中にコレクターがいるので、ファッション関係の中でも
かなり需要の高いジャンルです。

プレミアがつきやすいジャンルでもあります。

中古でも新品でもお勧め。

ただし人気のあるメーカーは偽物も出回っているので注意しましょう。

5.サンダル

こちらは夏に需要が爆発します。

ブランドものじゃなくてもデザインによってはたくさん売れるので
中国のサイトから安く仕入れてきて販売すると夏の間で一気に稼ぐことが可能です。

6.Tシャツ

こちらも需要の高い商品です。

基本的に毎日洗うものなので買い替え需要が常にあります。

品質の有無よりもデザインが重視される傾向にあります。

そのため、センスさえ良ければ安く仕入れたものを高く販売することも可能です。

海外のサイトを利用すれば1着数十円で仕入れることができます。

自分のセンスを最大限発揮して仕入れてみてはいかがでしょうか。

直接肌につけるものなので古着ではお勧めしないジャンルです。

7.小物類

バッグ、ベルトやマフラー、財布といった小物類です。

場所を取らないというメリットがあります。

ただしこちらもセンスが要求されるのでハマれば利益が大きい一方、
外すと在庫を売り切るのに苦労します。

アパレルせどりのメリット

アパレルせどりには数々のメリットがあります。

ここではそのメリットを解説します。

  • 需要が高い
  • 仕入先が豊富
  • 楽しい
  • 資金が少なくても可能
  • 将来性もある

まず先ほども書いたように需要は絶対になくなりません。

特に女性で洋服に興味のない方は少数ですし、
男性でも身なりに気を付けている方は沢山います。

人に「おしゃれをしたい」という気持ちがある限り需要はなくならないのです。

次に仕入れ先が豊富なこともメリットです。

次の記事で詳しく解説しますが、アパレルは売っているところが非常に多いですね。

お店はもちろん、ネットだって買えますし、海外サイトでも売っています。

中古なら古着屋やメルカリなどから簡単に仕入れることが可能です。

安定的な仕入れができるので仕入れる商品が見つからなくて困ることはないでしょう。

またアパレルせどりをしようと思っている方のほとんどが「洋服が好き」だと思います。

好きな商品を扱って利益を出せるなんて最高ですよね。

楽しみながら稼ぐことができるのも魅力の一つです。

アパレルせどりは資金が少なくても仕入れることができます。

中古せどりなら数万円から始めることができます。

新品でも商品によっては10万円かからないでしょう。

低資金で始められるので副業にもぴったりです。

低資金から始めても、軌道に乗れば大きく資金は増えます。

また、いい商品を扱っていれば顧客も付くでしょう。

ある程度安定して稼げるようになったら自社サイトを作って
顧客をそっちに移して販売することも可能です。

もしくは自分の仕入れたものが売れるという自信と裏付けがあれば
店舗を持って本格的にアパレルショップを始めてもいいでしょう。

他のジャンルと違って仕入れ先が無数にあるジャンルなので将来性も非常に高いです。

このようにメリットは沢山あります。

アパレルせどりのデメリット

一方、アパレルせどりにはデメリットもあります。

  • 作業量が多い
  • 稼ぐためには膨大な知識が必要
  • 在庫が残るリスク
  • かなり場所を取る
  • カタログを作る必要がある

まず、何と言っても作業量が膨大です。

アパレルせどりは基本的に薄利多売です。

そのため、作業時間=利益になりやすいジャンルです。

他の利益率と単価の高いジャンルに比べると非常に忙しいです。

働くことが苦にならない人でないと少し辛いかもしれません。

次に商品知識が必要です。

ファッションのメーカーやブランドの数は無数です

アイテムの種類も膨大です。

さらにその年ごとの流行りの色やアイテムがあります。

その中から売れるものを見極めて販売しないといけません。

また、洋服は季節ものです。

夏にコートは売れませんし、冬にTシャツは売れません。

そのシーズンに売れなかったものは来年まで在庫として取っておかないといけません。

下手をすると来年は流行りが変わって全く売れず、在庫処分になる可能性もあります。

在庫を抱えるリスクがほかのジャンルより若干高いと言えるでしょう。

最後はスペースの問題です。

たかが服、と思っているとびっくりします。

洋服というのは意外と場所を取るのです。

まとまった量の仕入れをすると段ボール5~10個は普通に届きます。

さらに薄利多売ですので、ある程度利益を出そうと思ったら
1部屋が丸々保管スペースになることも覚悟しないといけません。

特にコートやジャケット類を扱う場合は留意しておきましょう。

最後はカタログ作成です。

Amazonでは登録されていない商品を販売する場合
「カタログ作成」という商品の新規登録作業が必要になります。

画像を白抜きに加工したり説明文を書いたりとかなり面倒な作業です。

商品数が多いとかなりの時間を要するのでこの作業量もデメリットです。

アパレルせどりのことがなんとなくわかってもらえたでしょうか。

次の記事ではアパレルせどりの実践編です。

アパレルせどりの仕入れ先と過去仕入れた商品を公開!
前回の記事では、アパレルせどりの簡単な特徴とメリットデメリットをご紹介しました。 今回は実際に仕入れる場所と具体的なアイテム、注意...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする