中古せどりのメリットデメリット!中古せどりは利益率が高くて魅力的!

中古せどりは少ない資金で高い利益率を出すことができるので、
特に副業と相性のいいせどりです。

リスクも低く、難易度も通常のせどりに比べると
低いのでせどらー初心者の練習にもぴったりです。

そんな中古せどりですが、利益を出すためにはコツや知識が必要不可欠です。

比較的難易度が低いといってもやみくもにやっても
稼げる商品は見つかりませんし、利益が出せません。

そこで今回はせどりの人気ジャンル、
中古せどりのメリットやデメリット、コツや実践方法などのノウハウを解説します。

これからせどりを始めたいと思っている方。

副業でお小遣い稼ぎをしたいと思っている方。

まずは中古せどりから始めてみませんか?

中古せどりって何?

中古せどりとはその名の通り、中古の商品を仕入れて転売するせどりの手法です。

主にリサイクルショップやメルカリ、ヤフオクで仕入れ、Amazonやメルカリで販売します。

中古商品は基本的に定価を大きく下回っていることが多く、
資金が少ないせどらーでもそれなりの数を仕入れることができます。

しかし中古の中には「プレミア品」「廃版品」といったお宝商品が売られていることも多く、
それらの商品は新品と同じ価格、もしくはそれ以上で売れることも少なくないのです。

なぜこんなことが起きるのかというと、
リサイクルショップでは基本的には「プレミア」かどうかではなく
「発売からどのくらい経過しているか」といった判断で値付けがされます。

つまり古くなって価値が高くなったものでも普通に
「古ぼけた中古品」としてリサイクルショップでは安価な値付けがされているのです。

そのため中古せどりは利益率が非常に高いのです。

通常、せどりは「薄利多売」です。
10%~20%ほどの薄い利益を積み重ねていくスタイルが基本です。

しかし中古せどりに関しては20%は当たり前
物によっては40%、さらに50%以上の利益率の商品が見つかることも珍しくありません。

このように非常に高い利益率で稼げる中古せどりは
少ない資金で大きく稼げるのでサラリーマンや主婦の副業として非常に人気です

自分の得意なジャンルから始められるという利点もあるので、
どんな人にもおすすめできるジャンルです。

中古せどりのメリット

中古せどりのメリットについて

一つ一つ詳しく解説していきましょう。

好きなジャンルで始められる

まず、中古せどりというのは中古ショップで売っているあらゆる商品が対象です。
中古ショップは本から家電、自転車や洋服何でも売っています。

そのため、おもちゃが好きな人はおもちゃ。
楽器が好きな人は楽器というように自分の得意なジャンルで始めることができます。

せどりで商品をリサーチするとき、確かにモノレートなどの調査ツールがあります。
しかしそれでも何百点もの商品をいちいちモノレートで調べてなんていられません。

ある程度その商品の価値を瞬時に判断し、そのうえでモノレートにかけなければいけません。

そのために、ある程度商品知識は必要です。

全く何もわからないジャンルから始めると効率は非常に悪いです。

その点、あらゆるジャンルの商品が揃っている中古ショップでのせどりは
好きなジャンルだけでも稼げるので非常に効率が良いです。

楽しみながら仕入れができる

自分の得意なジャンルで仕入れができるということは仕入れも楽しみながらできます。

「あ、この商品こんなに安い」

「これは状態の割には高いなあ…」

といったことがすぐ判断できるため、テンポよく楽しみながら仕入れができます。

新品のせどりは商品を確認してモノレートにかけて利益率を計算して・・・と
シビアな作業になりがちですが、中古せどりは鑑定士気分で楽しみながら
お店を回って仕入れができるのでせどりの楽しさを味わうにもぴったりです。

慣れてくれば新品せどりの「利益を出す楽しみ」にも目覚めてくると思いますが、
まずは中古せどりで「お宝発見の楽しみ」を覚えるといいでしょう。

利益率が高い

先ほども書きましたが、中古せどりの利益率は異常です。

20%取れればせどりとしては高い利益率ですが、中古せどりで20%はごく当たり前です。

中には50%を超える利益率の商品も見つかります。

最近の僕の仕入れでは20,000円で仕入れて68,000円ほどで売れた商品があります。

古いソフビフィギュアでしたが、マニアがいると踏んで
あえてAmazonではなくヤフオクで出してみました。

これが大正解。

利益率驚異の71%です。

新品せどりでは絶対に出ない数字です。

これはさすがに滅多にありませんが、30%程度の利益率なら珍しくありません。

少ない資金でも大きく増やすことが可能なのは中古せどりならではです。

資金が少なくても稼げる

中古せどりは基本的に安値で仕入れられます。

なにせ中古です。

新品時の半額とか3割とかそんな価格で仕入れます。

そのため、資金が少なくてもある程度の量を仕入れることができるという利点があります。

新品のゲーム機せどりをするのに、資金10万円では厳しいのは分かりますよね?

switchやプレステとかだったら2~3台買って資金が底をつきます。

ですが、中古せどりなら10万円で十分です。

昔のPSPやDSの本体、ソフトを厳選すれば何十点もの仕入れができます。

しかも新品のゲーム機せどり以上に利益を出すこともできます。

その他でも基本的には定価を大きく下回った中古品を仕入れて利益を上げるので、
大きな資金が使えないサラリーマンや主婦でも始めることができます。

あらゆる商品の知識が身に付く

最後はオールジャンルの商品知識が身に付くことです。

リサイクルショップはあらゆるジャンル、あらゆる年式、
あらゆる状態の商品が混在しています。

これらを見ながら仕入れていくうちに、自分の得意なジャンルの商品だけではなく、
その周りにあるあらゆる商品に対する知識が身に付きます。

少し中古せどりをやるとわかると思いますが、
リサイクルショップに行って自分の得意な商品ばかり見ても効率が悪いんです。

せっかく周りはお宝の山なのに、
自分の得意ジャンルだけ見てさっさと帰る事のもったいなさに気づくでしょう。

するとなんとなくほかのジャンルの商品もリサーチし始めるんです。

得意でない商品ですから、最初のうちはリサーチも徒労に終わりますが、
そのうちにだんだんと利益の出そうな商品が分かってきて精度が上がります。

そうしているうちにやがて幅広いジャンルに対する知識が蓄えられるでしょう。

せどりにおいて商品知識は宝です。

その蓄えられた知識は新品せどりでも活きてくることでしょう。

中古せどりのデメリット

魅力的な中古せどりですがもちろんデメリットもあります。

仕入れが安定しない

まず何といっても問題なのが仕入れの不安定さです。

新品と違って常に一定の商品が市場にあるわけではありません。

中古ということは必ず誰かがその商品を買って、使って売っています。

誰かが「買って」「売らない」と商品としてリサイクルショップに流れてきません。

つまり、「毎回商品があるとは限らない」ということです。

中古品はすべて1点ものです。

仕入れて売ったらその商品は終わりです。

また次のお宝を探さないといけません。

新品の場合は問屋やメーカーに在庫のある限り仕入れることができますが、
中古は1回限りです。

そのため、中古せどりで安定して稼ぐのは難しいため、
本業としてやっていくのは厳しいでしょう。

検品が非常に面倒

中古品のコンディションは様々です。

破損や汚れの有無はもちろん、部品の有る無し、付属品の有る無しなど
様々な状態の物があります。

仕入れる際に一つ一つ隅々まで見て汚れや破損を確認し、
付属品が揃っているかどうか確認し、そのうえで売値が適正かどうか
判断しないといけません。

『「商品価値」×「状態」=価格と釣り合っているか』です。

売値1円の商品でも状態がボロボロなら単なるごみですし、
10万円の商品でもマニアが欲しがる綺麗な状態のアンティーク品なら買いです。

この確認作業や見極めが非常に面倒です。

もちろん出品や発送前にもう一度見落としが無いかどうかの確認も必要です。

商品説明に載せていないとか、届いてから汚れが見つかったとなるとクレームの元です。

新品仕入れと違って商品の状態確認が面倒な点がデメリットです。

覚えることが多い

先ほど商品はすべて1点もので仕入れが安定しないと書きました。

ではその仕入れを安定させるためにはどうしたらいいでしょうか。

答えは「幅広いジャンルに精通する」事です。

おもちゃしか知識がなく、リサイクルショップに毎回おもちゃだけ仕入れに行くと
仕入れが安定しません。

そこで仕入れられるものが無かった場合は楽器コーナーに足を運んでみたらどうでしょうか。

おもちゃと楽器に知識があれば仕入れチャンスは2倍です。

おもちゃで徒労に終わっても楽器で商品が仕入れられるかもしれません。

さらにおもちゃと楽器で徒労に終わったら電化製品を見てみしょう。

これで仕入れチャンスは3倍です。

このように様々な商品ジャンルに精通することで
ある程度安定して商品を仕入れることができます。

ただし、そのためにはものすごい量の商品知識を頭の中に叩き込まなければいけません。

一つのジャンルでも網羅するのは厳しいのに、それをいくつも覚えていくのです。

しかしこれをしなければ中古せどりで稼ぎ続けることはできません。

かなり大変です。

このように中古せどりには魅力的なメリットがある一方、厳しいデメリットもありますね。

それを踏まえたうえで次回の記事で具体的な仕入れ方を見ていきましょう。

中古せどりの仕入れ方の解説と仕入れた商品を公開!
前回は中古せどりのメリットデメリットについて解説しました。 今回は中古せどりの実践的な仕入れ方の解説です。 中古せどりの仕入れ先...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする