Amazon FBA 小型軽量商品プログラムとは?料金体系やメリットのまとめ

2017年11月から開始された、FBA小型軽量商品プログラムをご存じでしょうか?

せどらーの方なら使ったことはなくても一度は耳にされていると思います。

さぞかし多くの方が参入されるだろうと思いきや…

意外と手つかずの人が多い!?

何故でしょう?登録が面倒だからでしょうか?

ちょっとの面倒で利益が取れたらいいと思いますがね。

そんな、ちょっと面倒そうで美味しそうなFBA小型軽量商品プログラム。

まだよく理解できていないという方はぜひ読んでみてください。

大きなチャンスになるかも知れませんよ。

FBA 小型軽量商品プログラムとは?

小型で低価格な商品はFBAに送ると手数料で利益が飛んでしまうため、自己発送されている方や、販売自体を見送っている方も多いことでしょう。

FBA小型軽量商品プログラムとは、そんなメール便サイズの低価格商品にスポットを当てたとても画期的なシステムです。

このシステムを利用することで、通常よりもFBA手数料が安くなり、しかも購入者の購買意欲を上げることができます。

FBA 小型軽量商品プログラムの対象商品

ではどういった商品がFBA小型軽量商品プログラムの対象となるのでしょうか?

ここでは対象商品と対象外商品について解説します。

対象商品

FBA小型軽量商品プログラムの対象となる商品は以下の通りです。

  1. サイズ:メール便サイズ以内
    (Letter A 30.0 x 23.5 x 2.3cm、Letter B 20.0 x 17.0 x 3.3cm)
  2. 重量:商品の包装重量が、950g以下
  3. 販売単価:800円以下
  4. 販売実績:過去4週間に25個以上売れているASIN

1 のサイズは、”Letter A” または ”Letter B” のどちらであるかによって、FBA料金が異なります。(料金については後述します)

4 の販売実績は、他の出品者(FBA、自己発送)も含めた販売実績の総数です。

新たに登録するASINの場合は、今後4週間で総計25個以上売れる見込みがあれば登録可能となります。

対象外商品

下の商品はFBA小型軽量商品プログラムの対象外となります。

  1. 中古商品
  2. アダルト商品
  3. 危険物
  4. 酒類
  5. 温度管理商品
  6. 混合在庫管理対象商品
  7. FBA禁止商品

3 の危険物とは、アルコールを含む化粧品やコロン、引火性のあるガスや液体、爆発物などを指します。

※参考:危険物とは(セラーセントラルにログインしている必要があります)

5 の温度管理商品とは夏季制限品であるチョコレートなどを指します。

※参考:夏季制限品(セラーセントラルにログインしている必要があります)

6 の混合在庫管理対象商品とは、ラベルなしの混合在庫を有効にしている商品です。

※混合在庫について詳しくは「Amazon FBA 混合在庫のメリット、デメリット、納品方法を完全解説!」で解説しています。

2018年3月以前は、メディア商品(本・ミュージック、ビデオ・DVDなど)と、要期限管理商品は対象外でしたが、現在は取り扱い可能となりました。

これらは特に小型商品の多いカテゴリーでもあるので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

FBA 小型軽量商品プログラムのメリット

次に、FBA 小型軽量商品プログラムを利用することでどのようなメリットがあるのか、細かく確認していきましょう。

1.通常のFBA料金よりも低価格

▼FBA小型軽量商品プログラムのFBA料金体系は下のようになっています。

Amazonに登録されている商品に販売価格が800円以下の商品は、かなりあると思います。

また、”Letter A” の ”30×23.5cm” はA4サイズよりも少し大きくなるので、サイズ的にも多くの商品が該当するのではないでしょうか。

▼例えば下の商品は小型軽量商品に該当しますが、FBA料金シュミレーターで確認すると、純利益が-56円で赤字になっています。

しかし、この商品にFBA小型軽量商品プログラムを適用するとサイズが ”Letter A” なので手数料が107円安くなり、51円の利益が出ることになります。

2.Amazonプライムが適用される

FBA小型軽量商品プログラムを利用した商品は、Amazonプライムが適用されます。

プライムマークがつくか否かで売れ行きが全く違ってくるため、このメリットは大きいといえます。

また、配送オプションとしては「お急ぎ便」が利用可能になります。

「当日お急ぎ便」や「お届け日時指定便」、代引き、コンビニ受け取りは対象外ですが、小型軽量商品なので郵便受けに投函されますし、指定や代引き等は無くても大きな障害にはならないと思います。

3.合わせ買い対象商品にならない

合わせ買い対象商品とは、Amazonが発送する商品と組み合わせてカートの合計金額が2,000円(税込)以上にならないと購入できない商品です。

価格の安い新品商品が合わせ買い対象商品となることが多いのですが、FBA小型軽量商品プログラムを利用した商品は対象にはなりません。

Amazonで買い物をしている時に「合わせ買い対象商品」という表示が出てきて購入意欲をそがれた経験はありませんか?

800円以下の安い商品にもかかわらず単品で購入できることで売り上げが上がることは容易に想像できますね。

FBA 小型軽量商品プログラムの特有制約

多くのメリットのあるFBA小型軽量商品プログラムですが、特有の制約が設けられているので注意が必要です。

特有の制約は下の4つになります。

1.納品先が固定される

納品先は、吉見(VJUN)倉庫に固定されます。

※注意 もし納品プラン作成時に吉見以外の倉庫が納品先として提示された場合は小柄軽量商品として扱われていないということなので、登録状況の再確認が必要です。

2.利用できないサービスがある

FBA小型軽量商品プログラムでは、以下のFBAサービスが利用できません。

  • ラベル貼付代行サービス
  • FBAマルチチャネルサービス
  • ギフトラッピング
  • パートナーキャリアサービス
  • 吉見倉庫での商品サイズの再計測
    吉見以外の倉庫に該当ASINの在庫が存在する場合のみ、再計測可能。在庫が存しない場合は、一度通常商品として納品しなければ再計測を実施することはできません。
  • FBA梱包準備サービス

3.手数料のシミュレーション確認ができない

通常の商品は、フルフィルメントの手数料見積り額レポートやFBA料金シミュレーターで手数料をシミュレーションできますが、FBA小型軽量プログラムを利用した場合の手数料は表示することができません。

手数料を調べるにはサイズと販売価格をもとに、先に紹介した「FBA小型軽量商品プログラムのFBA料金体系」の表から算出する必要があります。

また、実際に課金された手数料は通常の商品と同様にレポートのペイメントから確認することができます。

4.賞味/消費期限レポートが確認できない

通常にFBA倉庫へ納品した要期限管理商品は、賞味/消費期限を「賞味/消費期限レポート」から確認できますが、FBA小型軽量商品プログラムを利用した商品は確認することができません。

利用方法

では次に、FBA小型軽量商品プログラムの利用方法について解説します。

登録方法

FBA小型軽量商品プログラムを利用するには、該当の商品をFBA小型軽量商品プログラムに登録する必要があります。

では、登録方法を説明します。

1.セラーセントラルへログイン後、下へアクセス。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/ssof/workflow/upload/upload-uno-offer-enrollment.html

2.「テンプレートをダウンロード」をクリック。

3.2で保存したエクセルファイルを開く。

シート名は「アップロード」を開き、

「MSKU欄」に登録したい出品者SKUを入力。

4.3で出品者SKUを入力したファイルをテキスト形式(タブ区切り)で任意の場所に保存。

5.「ファイルを選択」ボタンをクリックして 4 で保存したファイルを選択し、チェックボックスにチェックを入れて、今すぐアップロードをクリック。

6.「3.ファイルのステータスおよび履歴を確認」から、アップロードした出品者SKUがプログラムへの登録に成功しているかを確認。

7.プログラムへの登録が成功したかどうかが自動配信メールで届く。

8.在庫管理画面で「Amazonからの出荷」に切り替え、納品手続きを進める。

納品ルール

FBA小型軽量商品プログラムには特有の納品ルールがあります。

ルールは「最低納品数量」と「商品の梱包」の2点になります。

最低納品数量

1回の納品で1ASINあたり24個以上での納品が必要です。

商品の梱包

商品ラベルをひとつひとつの商品に貼り、下のいずれかの方法で同一ASINごとにまとめる必要があります。

1.袋の中身が見えるような透明なビニール袋(半透明はNG)に入れて表面に個数を貼付して納品する。

2.ASINごとに透明なビニール袋に詰めた上で、複数ASINを同一輸送箱に同梱して納品

3.メーカーの専用箱を用いて、箱に表記されている数量分だけ同一商品を梱包して納品する

※要期限管理商品の場合は、上記に加えて消費期限(賞味期限)を同じ日に統一して、数量に加えて期限日も明記(手書き可)する必要があります。

※補足注意(1)

小型商品は商品ラベルを添付する際に貼りづらかったり、剥がれやすいケースがあるので、注意が必要です。

※補足注意(2)

ネオジウム磁石及びその他の商品に影響を及ぼす恐れのある磁性商品FBAでは禁止されています。

また、ネオジウムを含まない場合も下の写真のように商品がくっついてしまっていると納品不備となってしまいます。

FBA小型・軽量商品プログラムの対象商品確認方法

FBA小型軽量商品プログラムに登録されている商品の一覧は下のリンクにあるエクセルファイルをダウンロードすることで確認できます。

http://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/SnL/SellerManual/SnL_Eligible_ASIN_List.xlsx

※ ただし、あくまでもデータ抽出時点でのリストになるため、登録するタイミングではエラーになる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまでは自己発送でないと利益が出にくかった低単価商品ですが、FBA小型軽量商品プログラムを利用すると利益が出る上に売り上げもあがりやすいことがお分かりいただけたかと思います。

一見ややこしそうに思えるFBA小型軽量商品の登録や納品ですが、慣れてしまうとそれほどでもありません。

この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする