助ネコの機能や料金・導入事例を徹底調査!一元管理で作業工数大幅減!

助ネコは様々なネットショップに出店しているショップの在庫管理を
一元化&自動化できるシステムです。

せどりや物販をやっている方の中には、
様々なショッピングモールで商品を販売している方もいるでしょう。

しかし商品が多くなり、販売先が増えれば増えるほど
管理は煩雑になり、膨大な管理作業に時間を費やすことになります。

そんな管理に伴う負担を大幅に軽減し、
販売事業に集中する時間を増やしてくれるのが受注管理システム助ネコです。

管理システムの中でも評判のいい助ネコですがその実力は果たして本物なのでしょうか。

今回は助ネコの機能や料金、導入した人の声を徹底調査しました。

助ネコとは

助ネコはAmazonをはじめ、Yahoo!ショッピングや楽天市場などの複数のネットショップと
実店舗の受注や在庫管理、商品登録を紐付けてまとめ、一元管理できるシステムです。

このシステムを導入すると以下のメリットがあります。

  • 多数のモールからの注文を助ネコだけで管理できる
  • 各モール間の在庫調整を自動で行ってくれる
  • 1回の商品登録で複数のネットショップに商品が登録できる

助ネコを導入すると今まで注文のたびに各モールの受注画面に飛んだり、
1個1個各モールで商品登録したりしていた「マニュアル作業」が大幅に減らせます。

助ネコの主な機能

助ネコの主な機能を紹介します。

複数のネットショップの受注管理一元化

自社ECサイトや実店舗含め、様々なネットショップに出店していても
受注管理は助ネコ1本でOKです。

受注のたびに

  • Amazonにログインして
  • 楽天にログインして
  • Yahoo!ショッピングにログインして…

なんて面倒なことをしなくていいのです。

どこかのショップで注文が入ったら助ネコにログインするだけ。

メール管理も助ネコでOKです。

また、受注した情報やメールも自動で分析、チェックしてくれます。

  • リピーターかどうか
  • ブラックリストかどうか
  • 郵便番号と住所の不一致

しかもリピーターの場合、自動的に文面まで変える機能付き。

大事なリピーターのお客様に不快な思いをさせません。

在庫管理

複数ショップを展開していると悩むのが「在庫管理」。

複数のショップから同時に注文が入ると在庫切れキャンセルせざるを得なくなり
場合によっては販売パフォーマンスを落としてしまったりしますよね。

かといって24時間365日不休で見張っているわけにもいきません。

そんな悩みには助ネコです。

1つのショップで在庫に注文が入ると、各ショップに出品している
全ての在庫数が連動して自動的に在庫数が減るようになっています。

在庫数が5個の商品がAmazonで1個売れた場合、
同時に楽天で出品している同じ商品の在庫を自動的に4に変えてくれます。

在庫切れが起きそうな商品にアラームを出す機能も付帯しているので、
機会損失を防ぐこともできます。

商品登録

新商品を販売するのも通常であれば膨大な時間がかかりますよね。

Amazonにログインして商品登録して、
楽天にログインして商品登録して、
次にYahoo!に…


こんな面倒な商品登録作業
も助ネコなら大幅に作業工数を削減できます。

助ネコの管理画面で商品を登録するだけで複数のモールに一括出品できます。

いくつ店舗を持っていても商品登録は1回でOKです。

伝票番号自動入力

発送の際、各モールで入力していた伝票番号なども助ネコで一括管理できます。

手入力の必要もなくなりますし、
お客様への「伝票番号通知」も助ネコから一括で送信することが可能です。

ひと気機能

人の流れが見えないネットショップにおいて、「人気店かのように可視化できる」機能です。

簡単に言うとネットショップの好きなところに
「受注状況」が数字で表示できるようになります。

この表示は誰でも見ることができるため、ショップに訪れたお客様が
「このお店の商品売れてるな…」
とイメージし、注文につながりやすくなる助ネコオリジナル機能です。

豊富なオプションとカスタマイズ

助ネコには細かい料金プランとオプションが設定されており、
様々な選択肢が用意されています。

「ここは欲しいけどここはいらない」

といったように必要なものにだけコストをかけ、
不必要なコストをカットすることができます。

オプションは以下の通りです。
料金プランは後述します。

【助ネコECショップ】

こだわりのCEサイトとカートを構築できる
(初期費用10000円~/月額5000円)

【送り状コンバーターPLUS】

各ネットショップの注文データを運送会社のデータに自動変換する

(初期費用10000円/月額1000円)

【ポイントチェンジャー】

楽天のややこしいポイント変倍設定がわずか1分で完了する楽天出店必須の機能

(初期費用10000円/月額1000円)

【高速化オプション】

通常15分の在庫調整間隔を5分に短縮し、タイムラグによる在庫ずれを極限まで縮小する機能

(初期費用0円/月額10000円/10日間プラン4000円)

対応モールとカート

助ネコはAmazonや楽天はもちろん、
BASEやカラーミーなどのネットショップサイトにも対応しています。

助ネコの料金

助ネコの料金ですが、機能によって細かく分かれており、
選択肢が広い分やや複雑になっています。

  • 受注管理
  • 在庫管理
  • 商品登録

それぞれで料金が異なります。

また、この中から自分が必要なものだけ契約することもできます。

最初は少し料金がわかりにくいというデメリットがありますが、
使わない余計な機能にコストをかけなくて済むという大きなメリットがあります。

【受注管理】

受注管理機能はLiteからpremiumまで4種類あります。

すべてのプランに初期費用が10000円~かかりますので注意してください。

初期費用は在庫管理や商品登録でもかかりますが、
3つすべてに登録してもかかる費用は一律10000円です。

  • 副業レベルならLite
  • 小さな規模ならbasic
  • 比較的大きい規模ならpro2
  • 年商が億を超えるような規模ならpremium

と事業の規模に合わせて使い分けましょう。

【在庫管理】

在庫管理は登録点数5000件までで月額5000円です。

ただし、この5000円という金額は受注管理か商品登録と一緒に契約した場合の金額です。

単体契約の場合は15000円かかりますので注意してください。

【商品登録】

商品登録は10000件までの金額で月30000円です。

10000件を超える場合は追加料金がかかります。

初期費用はアンケートに答えると10000円になります。

(答えない場合は30000円)

助ネコの導入事例とレビュー

モールごとに行う作業が大幅軽減!

セレクトショップAQUAさんでは各モールに出品している在庫管理のせいで
24時間気の休まる時がなかったそうです。

助ネコを導入したことで受注や在庫管理をほぼ自動化でき、全社員が休んでも業務に支障が出なくなったとのこと。

365日24時間気が抜けなかった業務体制から、
正月休みをしっかり取れるまでになったそうです。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/importshopaqua/index.html

1件1件対応していたメール入力作業がなくなった

お得に綺麗.COM様では助ネコ導入前は
すべての注文メールに対して手入力でメール対応をされていたそうです。

受注が多いときは時間もかかり、何より送料の計算ミスや誤字脱字も出てしまうため、
お客様にご迷惑をおかけすることが多かったそうです。

助ネコを導入し、自動メール作成のおかげで対応時間が大幅に短縮し、
送料計算ミスなどもなくなったとのこと。

http://www.otoku-ni-kirei.com/

シンプルで使いやすく、サポートもわかりやすい

adesso様は大量の在庫の管理と受注管理に困っていたそうです。

助ネコのおかげで業務管理工数が大幅に減ったとのこと。

システムがシンプルで使いやすく、わからないところがあっても
サポートが手厚く対応してくれるため使い方で困ったことはないそうです。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/nipinter/

まとめ

助ネコは受注管理、在庫管理、商品登録といったネットショップで大きな負担になる
管理業務をほぼ全自動化、もしくは大幅に効率化してくれるシステムです。

複数のネットショップの同時注文も助ネコで一元管理できるため、
あっちのモールにログインして対応して、こっちのモールにログインして…
というわずらわしさから解放されます。

日々の業務負担が大きく軽減できるシステムです。

複雑な機能が多いのに、使い方はシンプルで簡単、わかりやすい。

30日間無料お試しも可能なので、まずはその使いやすさを確認してみるのもよさそうです。

多方面のモールに出店していて、その管理に追われている方は
導入を検討してみてはいかがでしょうか。

==================
ブログではお伝え出来ない新鮮な情報や、
コンサル生の募集などは人数を限定させて頂くため
公式メルマガでのみお届けしています。
ご希望の方はこちらからご登録下さい。
↓↓
公式メルマガ登録
==================



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする