Amazonアカウント停止!せどり在庫の現金化サービス徹底解説!

せどりには欠かせない販売先のAmazon。

ルールを守って出品しているつもりでも、予期せぬ理由で

誰もがアカウント停止になったりする可能性はあります。

もしアカウント停止になってしまえば、仕入れ代金の支払を

クレジットカードで行っていた場合、Amazonからの

出金が保留になってしまうため、クレジットカードの

支払期日までに在庫を現金化する必要があります。

この記事では、Amazonアカウント停止の理由として多い、

真贋調査への対処法と、せどり在庫の現金化について紹介します。

Amazonアカウント停止の理由・真贋調査とは?

引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/285198

Amazonで商品を販売していると、購入者した商品が

偽物だとクレームを付けられる事があります。

この場合には、Amazonから商品の真贋調査依頼のメールが来ます。

実際には偽物でない場合でも、Amazonでは購入者の申し出を優先するため、

出品者はその商品が偽物でないことを証明しなければなりません。

また、一部誤解がありますが、Amazon真贋調査、即アカウント停止

ではないという点に注意が必要です。

アカウント停止になるかは真贋調査の種類によっても違ってきます。

Amazon真贋調査で送られてくるメール内容

Amazonで購入者した商品が偽物だとクレームが来た場合などには、

Amazonから真贋調査依頼のメールが来ます。

以下はAmazonからのメール内容の一例です。

平素はAmazonをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび出品者様より発送された商品の信憑性について、購入者より寄せられたご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫につきましては、まだ削除の対象ではありません。出品キャンセルを行った商品は、本Eメールの末尾に記載されております。

この決定に対し、90日以内に異議申し立てがない場合は、真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫はすべて、出品者様の負担にて廃棄される場合があります。

出品の再開をご希望の場合は、問題解決の対応と再発防止策の詳細を添えて、改善計画をご提出いただけますようお願いいたします。改善計画の作成について詳しくは、

セラーセントラルのヘルプ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200370560)をご覧ください。

Amazonから真贋調査依頼が来た商品は、

一時的に出品がキャンセルされてしまいます。

再出品するためには、商品を購入した際の請求書や領収書などを

Amazonに提出する必要があります。

Amazon真贋調査の種類

引用元:https://rocky-blog.com/service/complaint-response/

Amazon真贋調査には4種類あるとされています。

購入者からのクレームだけでなく、メーカーから

知的財産権侵害等の理由でAmazonにクレームが入り、

真贋調査が来る場合もあります。

真贋調査の種類毎に送信元のメールアドレスが違うため、

メールアドレスによって、ある程度は真贋調査の種類を

判断することができます。

購入者からのクレームで真贋調査

Amazonでは、購入者から「偽物」だとクレームがあった場合、

有無を言わさず真贋調査になります。

この場合、送信元のメールアドレスは以下になります。

seller-performance-policy@amazon.co.jp

Amazonは商品の真贋に関して一切チェックしません

このパターンは、購入者が商品を偽物だと思った場合だけでなく、

悪意のある購入者からの嫌がらせの可能性もあります。

このパターンでは、真贋調査が来た段階では

アカウント停止にならないと言われています。

FBAに納品して真贋調査

このパターンでは、商品を出品しただけでは真贋調査にならず、

FBAに納品後、真贋調査になる場合が多いようです。

この場合、送信元のメールアドレスは以下になります。

listings-evaluation-nasd @amazon.co.jp

Amazonには、真贋調査の対象になる商品の

リストが存在するとも言われています。

このパターンでも、真贋調査が来た時点では

アカウント停止にならないと言われています。

Amazon初心者が抜き打ちで真贋調査

このパターンでは、Amazon出品用アカウント作成から1年以内など、

Amazon初心者が対象になる場合が多いようです。

この場合の送信元メールアドレスは以下になります。

pq-seller-assessment@amazon.co.jp 

Amazonから出品中の3つの商品に対して、

領収書等、必要書類の提出を求められます。

新品だけでなく、中古の場合でも真贋調査の対象になるようです。

このパターンでは、真贋調査が来た時点でアカウント停止

なってしまうため、先の2つのパターンよりも出品者のダメージは大きいです。

また、このパターンでのAmazon真贋調査では、

17日以内に必要書類を提出しないと、Amazonアカウントが

閉鎖になってしまう可能性が高くなると言われています。

メーカーからのクレームより真贋調査

主にヘルビのカテゴリーに多い真贋調査として、メーカーからの著作侵害権や

商標権侵害、知的財産権等の申し立てがあります。

メーカーから直接メールが届く場合もあるようです。

このパターンでは、必要書類を提出することで解決できる可能性はありますが、

場合によってはメーカーと直接交渉する必要もあります。

Amazonアカウント停止の対処法

引用元:https://tewart.com/action/

Amazonが真贋調査をする理由は、

その商品が正規品であるかの確認をするためです。

商品が正規品であるかを証明するためには、レシートや領収書、

改善書などの必要書類を提出する必要があります。

Amazon真贋調査の必要書類

Amazon真贋調査が来た場合の主な必要書類は以下の通りです。

  • 仕入れ先発行の、発行日から365 日以内の請求書、領収書、契約書、配送注文書、または販売許可書の写し。(商品数と在庫数が一致しているもの)
  • 名前、電話番号、住所、Eメール、URLなど、仕入れ先連絡情報
  • 改善計画書

それぞれの書類はpdf、jpg、png、gif、

いずれかの形式で送信する必要があります。

また、真贋調査が来た日から90日以内に必要書類を提出しない場合には、

在庫が破棄されてしまう可能性があります。

レシートと領収書、どちらが良いのか?

Amazonから真贋調査依頼が来た場合、領収書の提出は必須になります。

レシートでも対応可能な場合もありますが、領収書と比較すると

Amazonに承認される可能性は低くなります。

そのため、量販店などからの仕入れでは、

常に領収書をもらうことを習慣にしましょう。

ヤフオクやフリマなどから仕入れをする場合には、

購入前、出品者に領収書の発行が可能か確認するようにしましょう。

また、領収書が手書きの場合には、レシートと同様に

Amazonに承認されない場合が多いようです。

いずれの場合にも、レシートや領収書が承認されるかは

Amazonの担当者次第です。

もし個人から商品を仕入れてしまったら?

出品者が個人の場合には、領収書を発行してもらえない場合がほとんどです。

その点を考えて、個人の出品者からは仕入れをしない、といった対策も

重要になってきます。

Amazonの規約では、個人から仕入れた商品は

新品として出品する事を禁止されています。

そのため、新品の場合でも、個人から仕入れた商品は

「ほぼ新品」のコンディションで出品するようにしましょう。

真贋調査の必要書類をAmazonに提出 

引用元:http://www.bugyo-supply.com/?pid=6918634

必要書類が揃ったら、Amazonに提出します。

通常、必要書類は真贋調査が来た日から17日以内に提出する必要があります。

提出した書類に問題がなければ、晴れて出品再開となります。

出品が再開されない場合でも、Amazonのアカウントスペシャリストは

作成した改善提案書の内容などについては答えてくれないようです。

しかし、現在は「Amazonアカウントヘルスサポート」という部署が存在し、

改善提案書作成のポイントなどについて電話で問い合わせできるようです。

「Amazonアカウントヘルスサポート」については、

ネット上に問い合わせ先が見つからないため、Amazonから

送信されてくるメールを見逃さないようにしましょう。

Amazonアカウント停止が解除されない場合

上記の対策をしても、Amazonのアカウント停止が解除されない場合や

アカウント閉鎖になってしまった場合には、在庫の現金化をする必要があります。

せどり在庫処分・現金化方法

せどりの在庫処分方法としては、せどりの価格改定ツール大手の

「プライスター」が在庫買取サービスを提供していましたが

残念ながら現在は終了しています。

引用元:https://lp.pricetar.com/lp/pricetarlp/zk.html

バイヤーズ

引用元:https://buyerz.shop/blog/tokka/

バイヤーズはせどり在庫の買取サービスを行っています。

バイヤーズ買取サービス

バイヤーズでは、 商品のURLや数量、販売金額などを

エクセルシートを利用してメールで送信することで、

バイヤーズの会員に商品を販売するサービスを提供しています。

販売された商品の代金は、指定された口座に入金されます。

Kimble

引用元:https://kimble.co.jp/

Kimbleは愛知県に複数実店舗を持つ会社です。

Kimble

店頭、出張でのせどり在庫の買取サービスを提供しています。

個人だけでなく、法人からも買取しています。

白石商事

引用元:https://www.shiraishi-co.info/

白石商事

白石商事も商品の買取サービスを提供しています。

新品だけでなく、中古商品の買取も行っているのが特徴です。

商品情報や商品のURLなど、事前の買取金額見積サービスや、

出張買取も行っています。

在庫買取.jp

引用元:https://在庫買取.jp/

在庫買取.jpは15年の実績を持つ、せどり在庫買取サイトです。

在庫買取.jp

在庫買取.jpでは、せどり在庫の買取を依頼すると、

全国に存在する在庫買取.jp取引先から商品の販売先を探してくれます。

そのため、通常のせどり在庫買取サービスよりも

高値で買い取りしてもらえる可能性があります。

まとめ

ここまで、Amazon真贋調査への対処法と、アカウント停止に

なってしまった場合のせどり在庫の現金化サービスについて紹介しました。

Amazonに出品用アカウントを開設して日が浅い内には、

抜き打ちの真贋調査が来る可能性が高くなります。

予期せぬAmazon真贋調査にも対応できるよう、以下の点に注意しましょう。

  • 個人からの仕入れは避ける
  • 必ず領収書を発行してもらう
  • 常に出品禁止商品などの情報を収集する

Amazon真贋調査に関しては他の記事でも詳しく説明しています。

真贋調査の対策を徹底解説!!読み方は?レシートでも正規品と証明可能?【Amazonせどり】
昨年よりAmazonではアカウントの取締りがさらに厳しくなる傾向にあり、真贋調査が来たという報告も増えています。 Amazonで販売す...

この記事がAmazon真贋調査への対応とせどり在庫処分に役立てば幸いです。