せどりの所得区分は?経費と確定申告のギモンに答えます!

せどりの利益が年間20万円を超えると、

確定申告をする必要があります。

雑所得として確定申告を行った場合と比較して、

事業所得として確定申告を行った場合には、

認められる経費の内容に大きな違いが出てきます。

この記事ではせどりの所得区分と

確定申告について紹介します。

せどりの所得区分とは

引用元:https://tascal.media/tax/ten-income/

せどりの利益が年間20万円以下の場合には

確定申告をする必要はありません。

利益が年間20万円を超えた場合には

確定申告をする必要があります。

せどりの利益は、事業者として届け出を

していなければ「雑所得」として確定申告

することになります。

事業者届けを提出し、個人事業者として確定申告を行った場合、

「事業所得」としての申告することができます。

確定申告での所得区分による経費の違いとは

引用元:https://www.smbc-card.com/hojin/magazine/bizi-dora/accounting/expenses-item.jsp

せどりの利益を雑所得、事業所得として確定申告した場合の

それぞれの経費について説明します。

参考記事

雑所得として確定申告した場合に認められる経費

雑所得として確定申告した場合に

認められる主な経費には以下があります。

  • 商品の仕入れ代金
  • 商品の配送費用

事業所得として確定申告した場合に認められる経費

事業所得として確定申告した場合に

認められる主な経費には以下があります。

  • 商品の仕入れ代金
  • 商品の配送費用
  • 仕入れの際の交通費
  • パソコンなどの機材
  • プロバイダーなどの接続費用
  • 在庫保管場所の家賃など
  • せどりに関した情報商材などの購入費
  • せどり作業で利用したカフェなどの飲食費

上記を見ても分かるとおり、雑所得として申告した場合と

事業所得として申告した場合では、認められる経費の

種類に大きな違いがあることが分かります。

事業所得として申告した場合に認められる経費であっても、

雑所得として申告した場合には認められない可能性が高いです。

両者で認められる経費の差は、年間の利益が

大きくなるほど広がっていきます。

雑所得として申告した場合の利益は20万円を超えてしまうが、

事業所得として申告した場合の利益は20万円以下となる場合も

あり得ます。

事業所得として確定申告した場合のメリット

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20141024-00040197/

せどりの利益を事業所得として申告した場合、

経費の面だけでなく、以下のメリットもあります。

  • 青色申告が可能になる
  • 赤字が出た場合、損失を給与所得から差し引きできる
  • 損失額を3年間繰り越しできる

参考記事

青色申告が可能

事業所得として確定申告する場合、青色申告を選択することで

65万円の特別控除を受けることができます。

赤字が出た場合損失を差し引きできる

万が一、せどりの利益が赤字になった場合、損失を

給与所得など他の所得から差し引くことができます。

損失額を3年間繰り越しできる

せどりの利益が赤字になった場合に、その損失を

他の所得から差し引いても控除できない場合には、

損失を3年間繰り越しすることができます。

繰り越した損失は、前年の所得から控除することにより、

所得税の還付を受けることも可能です。

また、3年間は繰り越した損失を所得から

控除することが可能です。

まとめ

せどりの利益が年20万円を超えた場合、

必ず確定申告が必要になります。

副業としてせどりをしている場合、せどりで発生した利益を

雑所得として確定申告している人は多いと思います。

しかし、雑所得では経費として認められる項目が少ないため、

開業届を提出し、事業所得として申告した方が経費だけでなく、

税金の面でも有利です。

更に、青色申告した場合には

65万円の特別控除も受けられます。

せどりの利益が年間20万円を大きく超えている場合には、

個人事業主として確定申告をすることをおすすめします。

この記事が読者の皆さんが確定申告する際に役立てば幸いです。