【無料】で10万円相当のせどりツール&マニュアルをプレゼント!

Amazonで返品・返金額は?返金額が多かったり半額の場合もある?

Amazonで商品を購入して、受け取った商品がイメージと違ったり、

期待外れだったりなど、さまざまな理由で返品したいと思ったことありますよね?

Amazonで購入した商品は、30日以内なら簡単に返品することが可能です。

 

しかし、商品を受け取ってからある程度の日数が経過すると返品できなかったり、

商品の状態によっては、全額返金されない場合もあります。

 

この記事では、Amazonで返品した場合の返金額と、

返金額が減額されるケース、返金方法、返金日数について詳しく紹介します。

 

目次

Amazonで返品した場合の返金額は?

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?ie=UTF8&nodeId=201824330&ref_=hp_ss_qs_v3_rt_ci

 

Amazonで購入した商品を返品する場合、「商品が気に入らない」、

「イメージと違った」など、「自己都合」が理由で返品する場合がほとんどだと思います。

 

返品理由が「自己都合」の場合でも、商品到着後から30日間は返品が可能です。

返品の条件として、商品到着から30日以内に返品申請を行い、

返品する商品の発送が完了している必要があります。

 

新品で未開封未使用の商品を30日以内に返品した場合、商品代金は全額返金されます。

なお、Amazonで自己都合に該当する返品理由は以下の通りです。

 

  • 間違えて注文した場合
  • Amazonより安い商品を見つけた
  • 互換性の問題
  • 商品が不要になった
  • サイズが合わない
  • 商品がイメージと違った

 

Amazonに返品した場合の返送料は自己負担

Amazonに自己都合で返品した場合でも、商品代金は全額返金されます。

ただし、返品の際に掛かる送料は自己負担となります。

返品する際は原則的に元払いで発送するのがルールとなっています。

 

そのため、返品する商品の購入金額によっては、

実質的な返金額がほぼゼロになったり、大幅に減額する可能性もあります。

 

例えば、1,200円の商品を返品した場合、

送料が1,000円掛かってしまうと、差引すると実質的な返金額は200円となります。

 

更に、ポイントが付与されている商品の場合には、

返金額からポイント相当分の金額も差し引かれます。

 

そのため、購入金額が小さい商品は、

返品せずに自身で使用した方が良い場合もあります。

 

また、以前は商品到着から30日以上経過した場合でも返品は受け付けてくれたようです。

その場合の返金額は、商品代金から20%減額され80%だったようです。

 

現在では、商品到着から30日以上経過した場合は、どのような理由であっても、

返品、交換はできなくなっています。

 

商品に問題があった場合には送料も返金される

商品が破損していたり、付属品が不足しているなど、

 Amazonから受け取った商品に不備があって返品する場合には、

返送時の送料も含めた金額が全額返金されます。

 

また、その場合は着払いで返品することも可能です。

返品理由が以下の場合には、商品代金と送料を含めた全額が返金されます。

 

  • 性能や品質が悪い
  • 梱包に不備があった
  • 付属品や特典が不足している
  • 商品に配送中によるものと思われる傷や破損がある
  • 注文と違う商品が届いた
  • 商品に不具合や破損がある
  • 注文しないはずの余分な商品が入っていた
  • サイト上の説明と違う商品が届いた

 

Amazonに返品したら返金額が半額になる場合もある?

引用元:https://www.tokino-company.co.jp/topix/2033/attachment/%E5%8D%8A%E9%A1%8D3

 

Amazonから受け取った商品を開封したり、使用した商品を返品した場合には、

Amazonからの返金額は商品代金の半額になってしまいます。

 

Amazonから発送される商品は、メーカーの外箱が、

Amazonのダンボール内に梱包されている場合がほとんどです。

 

この場合には、Amazonのダンボールを開封しただけでは、

商品を開封済みと判断されることはありません。

 

しかし、以下の状態で商品を返品した場合、開封済みや使用済みと判断され、

返金額は半額になってしまいますので注意が必要です。

 

  • メーカーの梱包を開封している
  • メーカーの梱包が破損している
  • 商品タグが取り外されている
  • 商品の外装シュリンクが開封されている
  • 商品に使用された形跡がある

 

外箱を捨ててしまった場合はAmazonに返品できない

Amazonから受け取った商品を開封してしまい、更に外箱も捨ててしまった場合には、

返品することができません

 

ただし、初期不良など、受け取った商品に問題があった場合には、

Amazonカスタマーサービスに連絡して事情を説明することで返品が可能です。

 

Amazonには自己都合で返品不可の商品もある

Amazonには様々なカテゴリーの商品が出品されていますが、

カテゴリーによっては、自己都合では返品できない商品もあります。

 

Amazonで自己都合により返品できない商品の主なカテゴリーは以下の通りです。

 

  • 書籍
  • 植物
  • ペット用品
  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品
  • サプリメント
  • 医療機器
  • 食品
  • 飲料
  • お酒
  • 材木、大型の木製建築資材、発動機付き商品など
  • 原動機付き自転車、自動二輪車
  • カーバッテリー、バイクバッテリー

 

また、Amazonギフト券やイベントチケット、

Amazonパントリーの商品は返品不可となっています。

 

服・ファッション小物・シューズ・バッグは返送料が無料

服、ファッション小物、シューズ、バッグなど、

「Amazonファッション」に該当する商品の場合、最大30日間は返品が可能です。

この場合は、返送料も含めた商品代金が返金されます。

 

Amazonファッションに該当する商品は、

下の画像のように、商品価格の右側に「返品無料」の表示がされています。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

 

また、「Amazonファッション」に該当する商品の場合、

同じ商品にサイズやカラーなど、複数のバリエーションが存在する場合には、

交換も可能です。

 

Amazonに返品した場合は現金で返金される?

引用元:https://blog.apparel-web.com/theme/consultant/author/chigira/63fe44ff-d4db-453b-bcae-c761cc14924f

 

Amazonに返品した場合の返金方法は、注文時に利用した支払い方法により異なります。

支払い方法別の返金方法を説明します。

 

  • 現金で支払った場合
  • 携帯決済で支払った場合
  • クレジットカードで支払った場合
  • Paidyで支払った場合
  • Amazonギフト券で支払った場合
  • Amazonポイントで支払った場合
  • パートナーポイントで支払った場合
  • 代金引換で支払った場合

 

Amazonで現金支払った商品を返品する場合の返金

Amazonに返品する商品の支払いがコンビニ・ATM・ネットバンキングだった場合、

返金方法は以下の2つから選択可能です。

 

  1. Amazonギフト券
  2. 銀行振込

 

銀行振込での返金を希望する場合には、Amazonの「注文履歴」から手続きする際に、

返金を希望する銀行の口座情報を登録する必要があります。

 

Amazonで携帯決済で支払った商品を返品する場合の返金

Amazonに返品する商品の支払いが携帯決済だった場合の返金は、

決済に利用した携帯決済サービス事業者系由で返金されます。

 

Amazonでクレジットカード決済した商品を返品する場合の返金

Amazonに返品する商品の支払いがクレジットカードだった場合、

返金方法は以下の2つから選択可能です。

 

  1. Amazonギフト券
  2. 購入時と同じクレジットカード

 

AmazonでPaidy決済した商品を返品する場合の返金

Amazonに返品する商品の支払いがPaidyだった場合、

Paidy系由でPaidyのアカウントに返金されます。

 

Amazonギフト券で決済した商品を返品する場合の返金

Amazonギフト券で決済した商品を返品する場合、

Amazonギフト券の残高に返金されます。

 

Amazonポイントで決済した商品を返品する場合の返金

Amazonポイントで決済した商品を返品する場合、

Amazonポイントの残高に返金されます。

 

パートナーポイントで決済した商品を返品する場合の返金

パートナーポイント(Oki Dokiポイント)で決済した商品を返品する場合、

Oki Dokiポイント(JCB)の残高に返金されます。

 

代金引換で決済した商品を返品する場合の返金

代金引換で決済した商品を返品する場合、返金方法は以下の2つから選択可能です。

 

  1. Amazonギフト券
  2. 銀行振込

 

銀行振込での返金を希望する場合には、Amazonの「注文履歴」から手続きする際に、

返金を希望する銀行の口座情報を登録する必要があります。

 

Amazonに返品した場合はいつ返金される?

 

Amazonに返品した場合の返金日数は、

注文時に利用した支払い方法により多少異なります。

 

支払い方法別の返金日数は以下の通りです。

 

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング:返品商品を受領後1~3日程度
  • 携帯決済:返品商品を受領後1~3日程度
  • クレジットカード:返品商品を受領後1~3日程度
  • Paidy:返品商品を受領後1~3日程度
  • Amazonギフト券:返品商品を受領後1~2日程度
  • Amazonポイント:返品商品を受領後1~3日程度
  • パートナーポイント:返品商品を受領後3~5日程度
  • 代金引換:返品商品を受領後1~3週間程度

 

クレジットカード決済・代金引換は返金が遅くなる場合もある

クレジットカード決済した商品を返品した場合、

通常は返品商品を受領後に1〜3日程度で返金されます。

 

しかし、決済に利用したクレジットカード会社によっては、

以下の方法により実質的な返金が行われる場合もあります。

 

  • 同月の請求金額から返金額を差し引いた金額を引き落とし
  • 締日にいったん請求後、翌月以降に返金

 

また、代金引換で支払った商品を返品した場合、

返金されるまでの日数は1〜3週間後と他の決済方法より遅いので注意が必要です

 

まとめ

Amazonでは、商品受領後30日以内であれば自己都合でも返品可能です。

商品受領後30日以内に返品した場合は、商品代金が全額返金されます。

ただし、返品に掛かる送料は自己負担となります。

 

商品受領後30日以内に返品した場合でも、開封したり使用済みの商品を返品した場合、

返金額は商品代金の半額となります。

 

Amazonに返品した商品が受領されると、通常1~3日で返金されます。

ただし、決済方法が代金引換の場合、返金日数は1〜3週間後と、

他の決済方法よりも日数が必要になるので注意が必要です。

 

Amazonに返品した場合の主な返金方法は、Amazonギフト券または銀行振込となります。

 

受け取った商品に不備があったり、商品が破損している等の理由で返品した場合には、

商品の返送料を含めた商品代金全額が返金されます。

 

自己都合で返品した場合、返送料は自己負担となるため、

購入した商品の金額によっては、返品するより自身で使用したり、

メルカリなど、Amazon以外のサイトで転売した方が良い場合もあります。

 

Amazonで返品する場合は、上記の点を良く考えてから返品するようにしましょう。

 

==================
ブログではお伝え出来ない新鮮な情報や、
コンサル生の募集などは人数を限定させて頂くため
公式メルマガでのみお届けしています。
ご希望の方はこちらからご登録下さい。
↓↓
公式メルマガ登録
==================

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる