Amazon知的財産権・商標権侵害メールへの対応・アカウントヘルスの守り方

Amazonの出品アカウント停止の原因には、

「知的財産権の侵害」や「商標権の侵害」によるものが多く見られます。

Amazonで「知的財産権侵害の疑い」、「知的財産権に関する苦情」があった場合、

Amazonセラーセントラルの「アカウント健全性ダッシュボード」から、

メーカーや権利者などからの苦情や問題の内容を確認することができます。

この記事では、「知的財産権侵害の疑い」、「商標権侵害に関する苦情」に関して、

Amazonからメールが来た場合や、

アカウント停止になってしまった場合の対応方法について詳しく紹介します。

Amazonでの知的財産権と商標権とは?

引用元:https://www.amazon.co.jp/report/infringement

Amazonでのアカウント停止の原因として多いのが、

「知的財産権」や「商標権の侵害」によるものです。

「商標権」は知的財産権の一種です。

他に「著作権」や「意匠権」、「特許権」の侵害に該当する場合もあります。

Amazonに出品中の商品について、

メーカーや権利者から「知的財産権」や「商標権侵害」の申し立てをされると、

該当商品が削除されるだけでなく、アカウント停止や閉鎖の原因となります。

知的財産権とは?

引用元:https://www.jpo.go.jp/system/patent/gaiyo/seidogaiyo/chizai02.html

「知的財産権」とは、「知的財産基本法」によって定められた権利です。

それによると、知的財産権について以下のように定められています。

知的財産権制度とは、知的創造活動によって生み出されたものを、
創作した人の財産として保護するための制度です。

引用元:https://www.jpo.go.jp/system/patent/gaiyo/seidogaiyo/chizai02.html

知的財産権には様々な種類がありますが、

Amazonでのアカウント停止になってしまう主な原因には以下があります。

商標権の侵害

商標権とは、商品やサービスに使用するマークを保護する権利です。

言葉や記号、マークなどにより、企業が自社の商品を区別するために使用されます。

商標権のある商品名やマークを権利者に無断で使用すると、商標権の侵害に該当します。

Amazonに出品中の商品が商標権の侵害に該当する場合、

権利者から商標権侵害の申し立てをされると、出品中の商品が削除されるだけでなく、

アカウント停止や閉鎖の原因となります。

著作権の侵害

著作権とは、映画やビデオ、ミュージカル、本、音楽、ビデオゲーム、

絵画などの創作物を保護する権利です。

上記と同様に商品も著作権で保護されています。

著作権を所有していない人が、

著作権で保護されている商品をAmazonなどで出品した場合には、

著作権の侵害に該当します。

この場合にも、権利者から著作権侵害の申し立てをされると、

出品中の商品が削除されるだけでなく、アカウント停止や閉鎖の原因となります。

意匠権の侵害

意匠権とは、物品、建築物、画像のデザインを保護する権利です。

権利者に無断で、メーカー特定のデザインやマークなどを使用すると、

意匠権の侵害に該当します。

Amazonの出品では、

特定の商品の画像やロゴなどが意匠権の侵害に該当する場合があります。

この場合にも、権利者から意匠権侵害の申し立てをされると、

出品中の商品が削除されるだけでなく、アカウント停止や閉鎖の原因となります。

Amazonで知的財産権侵害の疑いを確認する方法

Amazonで出品中の商品に知的財産権侵害の疑いがあるかどうかは、

Amazonセラーセントラル左下にある「パフォーマンス」から、

「アカウント健全性」を見ることで確認することができます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/

Amazonセラーセントラル

「アカウント健全性」では、「知的財産権の疑い」がある商品や、

「知的財産権に関する苦情」の件数を確認することができます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/performance/dashboard

Amazonで知的財産権の疑いを見つけた場合

Amazonで「知的財産権の疑い」がある商品を出品している場合でも、

Amazonから「知的財産権の疑い」に対してメールで警告が来ることはありません。

また、Amazonや権利者への連絡も特に必要ありません。

しかし、今後、権利者から「知的財産権に関する苦情」が来る可能性がありますので、

該当する商品のSKUは削除しておきましょう。

現在出品中の商品だけでなく、過去に出品していた商品に関しても、

Amazonから「知的財産権侵害の疑い」の通知が来た例もあるようです。

Amazonの知的財産権侵害の疑いへの対応

Amazonで知的財産権侵害の疑いがあった場合の対応方法を説明します。

最初に、Amazonセラーセントラルの「アカウント健全性」メニューにある、

「知的財産権侵害の疑い」に表示されている商品と件数を確認します。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/performance/dashboard

Amazonセラーセントラルの上部にある「在庫」メニューから、

「在庫管理」のページを表示します。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/

「知的財産権侵害の疑い」に該当する商品の返送手続後、出品中の商品のSKUを削除します。

ここでのポイントは、出品終了ではなく、SKUを削除することです。

以上でAmazonの「知的財産権侵害の疑い」に対する対応は完了です。

「知的財産権侵害の疑い」の場合には、

Amazonテクニカルサポートなどへの連絡は必要ありません。

知的財産権に関する苦情申し立てがあった場合

Courtroom, Law theme, mallet of the justice

引用元:https://www.keijihiroba.com/procedure/probation.html

Amazonで出品中の商品に対して、

メーカーや権利者などから「知的財産に関する苦情の申し立て」があった場合には、

Amazonから以下のような内容のメールが届きます。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき誠にありがとうございます。
このEメールの末尾に記載されている商品が著作権を侵害しているという主張が
権利者から届きましたので、ご連絡差し上げます。

本Eメール末尾に記載されている商品の出品を
キャンセルさせていただきましたのでご了承下さい。
この商品の出品を再開するには、
権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

「商品名」
権利者が申し立ての取り下げに同意した場合には、
notice-dispute@amazon.co.jp
まで申し立ての取り下げをお知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

申し立ての対象となった商品が権利者の著作権を侵害していないと思われる場合は、補足情報を添えてnotice-dispute@amazon.co.jpまで
Eメールでお知らせください。

例えば、請求書や注文番号などが考えられます。
当サイトは知的財産権の侵害に対する申し立てを深刻に受け止めております。
出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、
直ちにアカウントが閉鎖される場合がありますのでご了承下さい。

本ポリシーに関してさらに詳しく知るには、
セラーセントラルのヘルプページにて
「知的財産権その他の権利侵害」をご確認ください。

ASIN:ASIN番号
侵害の種類:○○権
申し立て番号:

アカウントの健全性の詳細については、
セラーセントラルの「パフォーマンス」セクションでご確認いただけます。

メーカーや権利者などから、「知的財産に関する苦情の申し立て」があった場合には、

該当する商品のSKUを削除するだけでなく、

権利者へメールで申し立ての取り下げを依頼する必要があります。

「知的財産に関する苦情の申し立て」は、

そのまま放置しておくと、Amazonアカウント停止の原因に繋がります。

速やかに対応するようにしましょう。

知的財産に関する苦情の申し立てへの対応方法

引用元:https://dime.jp/genre/428383/

メーカーや権利者などから、

「知的財産に関する苦情の申し立て」があった場合の対応方法を説明します。

該当する商品のSKUを削除する

Amazonから「知的財産権侵害」に関するメールが来た時点で、

既に該当する商品の出品はキャンセルされています。

商品の返送手続後、該当するSKUを削除しておきましょう。

知的財産権の申し立てをした権利者にメールで取り下げ依頼

Amazonからの警告メールには、「知的財産に関する苦情の申し立て」をした、

権利者の名前とメールアドレスが記載されています。

「知的財産に関する苦情の申し立て」をした権利者のメールアドレス宛に、

謝罪のメールを送信して出品に対して苦情取り下げの依頼をします。

※謝罪メールの内容に形式はありませんが、

できるだけ丁寧に謝罪することがポイントです。

権利者へ謝罪メールを送っても、

必ず苦情申し立ての取り下げをしてもらえるとは限りません。

一度のメールで申し立ての取り下げをしてもらえなくても、

何度も丁寧に謝罪して、取り下げをお願いするようにしましょう。

取り下げ依頼したことをAmazonにメールで連絡

Amazonのメールアドレス:notice-dispute@amazon.co.jp宛に、

苦情の申し立てをした権利者へメールで申し立ての取り下げを依頼したことを連絡します。

Amazonで知的財産に関する苦情の件数を確認

Amazonセラーセントラルの「アカウント健全性」メニューにある、

「知的財産に関する苦情」の件数を確認します。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/performance/dashboard

クリックすると詳細を確認することができます。

該当期間内の苦情件数が表示されます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/performance/account/health/product-policies?t=intel

※権利者が「知的財産に関する苦情の申し立て」を取り下げてくれた場合でも、

該当期間の件数が減ることはありません。

知的財産に関する苦情の申し立てを取り下げてくれたら

権利者が「知的財産に関する苦情の申し立て」を取り下げてくれた場合には、

権利者からAmazonに取り下げの連絡をしてくれるようになっています。

念のため、自身でもAmazonのメールアドレス:notice-dispute@amazon.co.jp宛に、

苦情の申し立てを取り下げしてもらったことを連絡すると確実です。

Amazonで知的財産権侵害を予防する方法

引用元:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/s0100

Amazonで知的財産権侵害の疑いや苦情の申し立てを予防するためには、

商品の出品前に商標権侵害などに該当しないか確認する習慣を付けましょう。

知的財産権の登録情報は、

特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」で確認することができます。

J-PlatPat

J-PlatPatで確認できる情報は以下の通りです。

  • 登録商標の登録番号
  • 商標
  • 登録されている区分
  • 出願人の名前
  • 出願日
  • 登録日

Amazonで知的財産権侵害の疑いや苦情が来た商品は、再度出品しないようにしましょう。

また、同じメーカーやブランドの商品も出品しない方が無難です。

Amazonアカウント停止・閉鎖の対応方法

引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/950612?title=%E9%89%84%E3%81%AE%E6%89%89&searchId=201232908

Amazonでアカウント停止や閉鎖になってしまった場合には、

Amazonアカウントスペシャリストへ「改善計画書」を提出することで、

アカウントを復活できる可能性があります。

Amazonアカウント復活に必要な改善計画書の内容

Amazonアカウントスペシャリストへ提出する改善計画書には、

以下の項目を記載する必要があります。

  • 店舗名、販売責任者名
  • 店舗の住所、電話番号
  • 今回の経緯と謝罪
  • 今回の問題に関しての認識と反省
  • 今回の問題解決に関する対応
  • 対応開始日時
  • 必要な資料

メールで改善計画書を提出すると、

数日後にAmazonアカウントスペシャリストから連絡があります。

1回目の改善計画書の提出でアカウント停止が解除される場合もありますが、

ほとんどの場合、追加の資料を提出するなど、

何度かAmazonアカウントスペシャリストとやり取りすることになります。

ちなみに、Amazonアカウントスペシャリストは、

改善計画書の問題点について質問しても一切教えてくれません。

Amazonアカウントヘルスサポートに相談できる

現在では「Amazonアカウントヘルスサポート」部署があり、

自身で考えた改善計画書でアカウント復活ができない場合には、

改善計画書の内容などについて電話でアドバイスを受けることができます。

「Amazonアカウントヘルスサポート」に関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。

まとめ

Amazonで知的財産権侵害の疑いや商標権侵害に関する苦情申し立てがあった場合には、

Amazonの出品アカウント停止の原因に繋がります。

日頃から、Amazonセラーセントラルのアカウント健全性から、「知的財産侵害の疑い」や、

「知的財産に関する苦情」の項目をチェックする習慣を付けましょう。

万が一、「知的財産侵害の疑い」がある商品を見つけたら、

速やかに該当する商品のSKUを削除するようにしましょう。

この記事が、読者の皆さんのAmazonアカウントヘルス向上と、

出品アカウント停止の予防に役立てば幸いです。