Amazonでマーケットプレイス保証が申請された場合の対処法

Amazonでせどりをしていると、様々なトラブルに遭遇することがあります。

その一つが、

商品の購入者から「Amazonマーケットプレイス保証」を申請されてしまうことです。

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されてしまうと、

Amazonのアカウントヘルスが低下するだけでなく、

最悪の場合には、アカウントが停止されてしまう可能性もあります。

この記事では、

「Amazonマーケットプレイス保証が申請された場合」

の対処法について詳しく紹介します。

Amazonマーケットプレイス保証とは

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「Amazonマーケットプレイス保証」とは、

Amazonが商品を安全に購入してもらうために用意している保証制度です。

Amazonマーケットプレイス保証

Amazonで購入した商品のコンディションや配送などに問題があった際に、

出品者との話し合いで問題が解決しない場合があります。

その際に、商品の購入者が「Amazonマーケットプレイス保証」を申請することで、

返金などの保証を受けられる仕組みです。

「Amazonマーケットプレイス保証」は主に以下の場合に申請できるようになっています。

  • 注文した商品がお届け予定最終日から3日経過後も届かない
  • 注文と違う商品が届いた
  • 商品を返品したのに出品者が返金してくれない

Amazonマーケットプレイス保証が申請されるまで

現在、Amazonの規約では、「自己発送」、「Amazon FBA」、

どちらの出品方法の場合でも、「Amazonマーケットプレイス保証」を申請する前に、

購入者が出品者に連絡する必要があります。

商品の購入者から連絡が来た場合、

出品者は48時間以内に問題を解決するための話し合いを行う必要があります。

その後、商品の交換、返金などの対応を行います。

購入者との話し合いにより問題が解決しない場合、出品者が返金に対応しない場合には、

「Amazonマーケットプレイス保証」を申請されてしまう可能性があります。

商品に問題があった場合には、「Amazonマーケットプレイス保証」が申請される前に、

購入者が納得してくれる対応を行うよう心がけましょう。

Amazon FBAの場合は自動的に返金される

 Amazon FBAを利用した出品の場合、返品などの対応はAmazonが行ってくれます。

しかし、商品へのクレームなど、購入者と話し合っても問題が解決しない場合があります。

もし、購入者から「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されてしまうと、

出品者の対応内容に関わらず、強制的にAmazon FBAに返金対応されてしまいます。

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されてしまうと、

強制的に返金されてしまうだけでなく、Amazonのアカウントヘルスの悪化、

出品用アカウント停止の可能性があります。

自己発送の場合には出品者が返金対応する

自己発送でAmazonに出品している場合には、返品や交換、

返金などの対応は出品者が行う必要があります。

しかし、購入者の返品や返品要求に大して、出品者が納得出来ずに、

返金を拒否した場合でも、「Amazonマーケットプレイス保証」を申請されてしまうと、

Amazonから強制的に返金されてしまいます。

その場合でも、Amazonのアカウントヘルスが悪化するだけでなく、

最悪の場合にはアカウント停止になってしまう可能性があります。

Amazonマーケットプレイス保証のペナルティは?

引用元:https://www.shikaku-square.com/media/syaroshi/how-to-work-reform-penalties/

「自己発送での出品」、「Amazon FBAでの出品」、どちらの場合でも、

商品の購入者との話し合いで問題が解決せず、

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されてしまった場合には、

Amazonの「アカウントスペシャリスト」通称「アカスペ」からメールが届きます。

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請された時点で、

Amazonの「アカウントヘルス」には影響があり、以下のペナルティがあります。

Amazonアカウントヘルスの注文不良率・目標は1%未満

Amazonの「パフォーマンス目標」では、

アカウントヘルスの「注文不良率」を「1%未満」と定めています。

新規に開設したAmazon出品用アカウントの場合には、

1件の「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されただけで、

アカウントヘルスの「注文不良率」が1%を超えてしまう可能性もあります。

Amazonアカウントヘルスの「注文不良率」が1%を超えてしまった場合には、

最悪の場合、出品用アカウント停止の可能性があります。

一定期間カート取得率0%の可能性

また、Amazonアカウントヘルスの「注文不良率」が1%未満の場合でも、

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されると、

一定期間「カート取得率」が0%になってしまう可能性もあります。

Amazonの「カート取得率」が0%になってしまうと、

Amazonでの売上に大きな影響があります。

それだけでなく、Amazonアカウントスペシャリストから、

「要注意アカウント」として、目を付けられる場合もあり、

今後のアカウント運営にも影響を与える可能性もあります。

Amazonマーケットプレイス保証申請への対処法

引用元:https://yoji.jitenon.jp/yojic/1164.html

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されてしまうと、

「アカウント停止」、

「一定期間のカート取得率0%」のペナルティが課せられる可能性があります。

そうならないために、商品の購入者から連絡が来た場合には、

速やかに誠意を持って対応するようにしましょう。

Amazonは購入者第一主義なので、購入者からの要求に納得が出来ない場合でも、

「Amazonマーケットプレイス保証」を申請されてしまうと返金されてしまいます。

「Amazonマーケットプレイス保証の申請」によるペナルティを考えると、

速やかに返品や交換、返金など、購入者の納得できる対応をすることが重要です。

商品の購入者が、交換による対応に納得してくれない場合には、

「Amazonマーケットプレイス保証」を申請される前に返金対応した方が無難です。

その時の取引では悔しい思いをするかも知れませんが、後々のことも考えて、

速やかに誠意ある対応を心がけるようにしましょう。

マーケットプレイス保証申請を取り下げてもらうには?

引用元:https://ksd-illust.com/illustration-request-from-a-friend/

万が一、「Amazonマーケットプレイス保証」を申請されてしまった場合には、

商品の購入者に連絡して、問題について丁寧に謝罪し、返金手続を行いましょう。

その上で、Amazonの注文ページ又はAmazonカスタマーサービスへ連絡してもらい、

「Amazonマーケットプレイス保証」申請の取り下げをお願いしましょう

購入者が「Amazonマーケットプレイス保証」申請の取り下げに応じた場合には、

アカウントヘルスの「注文不良率」へのカウントは取り消されるようになっています。

まとめ

現在、Amazonの規約では、「Amazonマーケットプレイス保証」を申請する前に、

商品の購入者が出品者に連絡して、対応について話し合うようになっています。

商品の購入者は、48時間以内に問題が解決しない場合、

「Amazonマーケットプレイス保証」を申請することができるようになっています。

「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されると、一定期間、

Amazonの「カート取得率」が0%になったり、

Amazon出品用アカウントが停止になる可能性があります。

また、万が一「Amazonマーケットプレイス保証」が申請されてしまった場合には、

購入者への謝罪と返金対応した後、

「Amazonマーケットプレイス保証」申請の取り下げをお願いしてみましょう。

Amazonのアカウントヘルスを健全な状態に保つために、

日頃からアカウントヘルスの数値やAmazonからのメールには注意するようにしましょう。

この記事が、読者の皆さんのAmazonアカウントヘルス向上に役立てば幸いです。