ラクマ自動出品ツールまとめ【2018年版】

メルカリで自動出品ツールの使用が禁止されてからというもの、メルカリでのせどりは非常にやりにくくなり、多くの業者が退店しました。

しかし、フリマアプリはメルカリだけではありません。

2018年2月にフリルがラクマと統合されたのは皆さんもご存じかと思います。

下は2018年の時点でのフリマアプリの利用者比率です。

  • 1位 メルカリ 49%
  • 2位 ヤフオク 20.6%
  • 3位 フリル 17.4%
  • 4位 ラクマ 14.3%

引用元:https://ischool.co.jp/2018-02-07/

フリルとラクマが統合されることで利用者比率は31.7%となり、ラクマがメルカリに大きく近づきました。

ラクマなら自動出品ツールが使えます。

ラクマはまだ出品者数が少ない状態なので、これはチャンスですよ!

そこで今回の記事では、ラクマで使える自動出品ツールをまとめて紹介します。

ぜひあなたにピッタリのツールを見つけて、ラクマ出品に挑戦してくださいね。

らくめる

引用元:http://rakumeru.com/wordpress/

らくめるの特徴

もともとはメルカリの自動出品ツールだったらくめるですが、メルカリの規制により新ラクマの自動出品ツールとして再編成されました。

らくめるのツール上で、商品の出品から発送後の評価まで全て完結します。

らくめるの機能

  • 商品の自動出品
  • 商品の自動削除
  • 取引ナビでのやり取り
  • 購入者情報のダウンロード
  • 発送連絡
  • 評価

らくめるでは以上のように、ラクマ上で必要なことは全てツールで行えます。

また、いつでも無料サポートを受けることができ、説明書も初心者にもわかりやすく作られています。

以前は商品の登録数に上限はありませんでしたが、ユーザーのアカウントの健全性を守るため、現在は200商品までが登録可能となっています。

らくめるの料金

アカウント数 月額料金
1アカウント 4,980円
3アカウント 9,980円
15アカウント 19,980円

価格は以前よりも大幅にダウンしているようです。

登録アカウント数が多いほどかなり割安になりますね。

らくめるについては「らくめるはメルカリのアプリ?らくめるの評判は?使い方と価格は?」でも詳しく解説しています。

フリマアプリ自動出品ツール らくめる

ブラックキャット

引用元:https://www.blackcat-fril-tool.com/

ブラックキャットの特徴

ブラックキャットは商品登録だけでなく、自動で稼げることをモットーにしたツールです。

フリマアプリで最も大変な複数アカウントの運営管理も、まるで1アカウントであるかのように行うことができます。

ブラックキャットの機能

引用元;https://www.blackcat-fril-tool.com/manual

  • スケジュール設定をすれば予約も不要の一括自動出品機能
  • ツール上でコメント返信、発送通知、評価対応、プロフィール編集
  • 配送ラベル発行
  • 複数アカウントを1画面で管理
  • 「同期機能」を使って他社ツールからワンクリックで乗り換え
  • ツール内でリサーチ可能

商品登録から配送ラベルの発行、購入者とのやり取り、評価まで基本的な機能は揃っています。

ブラックキャットのユーザーに特に好評なのは、リサーチ機能です。

せどりで大変なのは何といってもリサーチ。

それが出品ツールと一緒になっているのは、かなりありがたいですね。

ブラックキャットの料金

ブラックキャットの月額料金はアカウント数で決まります。

アカウント数 月額料金
1アカウントプラン 2,980円
3アカウントプラン 5,800円
5アカウントプラン 9,800円

※いずれのプランも、最初にアカウント発行手数料2,980円がかかります。

リサーチも行えることを考えると非常にリーズナブルではないかと思いますが、

いかがでしょうか。

新ラクマ(旧フリル)専用一括自動出品ツール Black Cat(ブラックキャット)

フリマストライク

引用元:http://153.126.137.239/merstrike.com/frilp2/

フリマストライクの特徴

フリマストライクはメルカリ自動出品ツールとして1000人以上のユーザーが利用していた「メルストライク」の続編版です。

フリマストライクは常にユーザーの声を反映してバージョンアップを続けてきました。

そのためユーザー目線のきめ細かい運用が可能となっていることが特徴です。

フリマストライクの機能

  • 完全クラウドサービスなので、どこからでもログイン可能
  • PC上でスマホ上の操作が全て行える
  • コメントの返信、評価
  • プロフィール変更
  • 売上管理、振込申請
  • 自動出品、csv一括出品、予約出品、出品削除
  • 顧客管理
  • 売れた商品の販売日時チェック

自動出品には1日の最大出品数や出品開始時間等の設定、商品単位で「いいね」がついていたら自動削除をしない機能など、きめ細かな設定が可能となっています。

また、申込者には転売のノウハウや価格差のある商品リストなどの特典がセットになっています。

3か月に1度のフリマストライクユーザー限定無料セミナー(東京・大阪)も行っています。

フリマストライクの料金

月額:14,800円/1アカウント

フリマストライクの料金は他ツールにと比べると高く感じます。

しかし、非常にきめ細かい対応を可能にしたツールであるということ、転売のノウハウやセミナーがセットになっているということを考慮した料金設定と考えると、むしろ安いかも知れませんね。

フリマストライク

KIKKA(キッカ)

引用元:http://kikka-tools.com/

キッカの特徴

キッカはインターネットビジネスのプロであるITビジネス研究所が開発したツールです。

それだけに非常にシンプルで使いやすいことが特徴です。

フラウザで作動するので、インストール不要でどこからでも操作が可能です。

キッカの機能

引用元:http://kikka-tools.com/

  • 商品の一括登録、自動出品
  • CSVによる一括登録
  • 出品中の商品取り込み
  • 画像リサイズ
  • 発送先の表示、ラベル印刷、CSV出力
  • 取引メッセージ、コメント対応

画面は初心者にもわかりやすくシンプル

商品の登録もアプリを使っている感覚で簡単にできます。

商品登録から発送、コメント対応まで全てカバーしていますね。

ツール使用開始時は現在出品中の商品を取り込む機能があるので、すぐに使えますよ。

キッカの料金

料金はアカウント数によって変わってきます。

アカウントが多いほどかなり割安になりますね。

ダウンロード後5日間は無料なので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

支払い方法はクレジットカードを使用したpaypal決済となります。

先にクレジットカード決済を済ませて契約した場合は無料期間が1週間になります。

その場合も1週間以内にキャンセルすることで料金はかかりません。

ただし、キャンセルを忘れたら費用が発生してしまうので注意が必要です。

キッカについては「KIKKAはフリル・ラクマの自動出品ツール?キッカの使い方と料金は?」でも詳しく解説しています。

ラクマ自動出品ツール-キッカ

ラクフリ

ラクフリの特徴

ラクフリはサーバー上のツールではなく、利用者のパソコンにインストールして動きます。

そのため、以下のような特徴があります。

  1. サーバーで管理しないため、IDや出品数の上限無し
  2. 出品者のパソコン上で動くため、IDやパスワードなどの個人情報が漏洩する心配無し
  3. サーバーの管理費が少ないため低料金。バージョンアップ時も追加料金は無し

ラクフリの機能

  • 商品登録、出品予約(エクセルでの出品登録も対応
  • 売れなかった商品は自動で取消できる
  • ツール上からメッセージのやりとり、発送通知、評価が可能
  • 出品時のIPアドレスを1品1品違うものにできる(※オプション)
  • 発送先住所も一覧からコピーするだけ

商品登録等の一連の必要な機能は揃っています。

最近は大量出品について特に厳しくなっているので、IPアドレスを変えることができるのはありがたいですね。

ラクフリの料金

月額:3,000円

IP切り替えオプション:2,000円

支払い方法:カード決済、銀行引き落とし

無料体験版は10商品まで登録可能です。

使用感を試してみられてはいかがでしょうか。

ラクマの自動出品ツール:ラクフリ

まとめ

今回ご紹介したラクマ自動出品ツールは、

  • らくめる
  • ブラックキャット
  • フリマストライク
  • KIKKA(キッカ)
  • ラクフリ

以上の5点になります。

いずれも自動出品ツールとしての基本的な機能は備えていますが、配送ラベルまで印刷できたり、商品リサーチまでツール上でできるものなど、少しずつ特徴があるのがおわかりいただけたかと思います。

また、アカウント数ごとの料金設定も、それぞれ独自の特色がありました。

とにかく使ってみないことにはわからないので、無料の試用期間が設けられているツールについては興味を持たれた方はぜひ試してみてくださいね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする