Amazonで返品された時に損しない方法【3つのパターンを解説!】

Amazonは「地球上で最もお客様を大切にする企業」を目指しています。

素晴らしい理念ですが、出品者にとっては辛い時もありますね。

それが「返品」です。

Amazonが商品発送から顧客対応まで全て引き受けるFBAというサービスは、料金は高めですが手間がはぶけてありがたいシステムです。

しかし顧客対応をAmazonに丸投げしていると、お客様を大切にするあまり出品者が損をしている場合もあるので、要注意ですよ!

今回は「Amazonで返品された時に損しない方法」として、返品の3つのケースを解説します。

しなくてもいい損害は回避していきましょう。

返品は突然やって来る

返品があるとAmazonから下のような「返金処理開始のお知らせ」という件名のメールが届きます。何度見てもドキッとさせられる嫌なメールです ^^;

返品には大きく分けてふたつのケースがあります。

  1. 購入者都合による返品
    「間違えて購入した」「長期不在で返送された」「宛名不明で返送された」などの、購入者側に責任がある場合
  2. トラブルや不具合による返品
    「初期不良」「注文とは違う商品が届いた」「商品説明に間違いがあった」などの、購入者には落ち度がない場合

1番のケースで、商品が開封されていなければそのまま新品として再販が可能ですね。

そのような場合はそのまま再出品されるので、出品者は特に何もしなくて構いません。

しかし返品された商品が販売に適した状態ではなくなっていた場合は、Amazonからさらに下のような「販売不可在庫商品発生のお知らせ」という件名のメールが届きます。

このメールが届いたら、そのまま放置していると一定期間後に商品を廃棄されてしまうのでAmazonに返送依頼の手続きをする必要があります。

※返送依頼の手続き方法はこの記事の最後にあります。

Amazonで返品されても損しない3つのケース

返品があると本当にガッカリしますが、落胆していてもしょうがありません。

返品のケースによってはAmazonが補填する場合もあるので、損をしないように抜かりなく対応しましょう。

では、返品されても損をしない3つのケースについて解説します。

【ケース1】返品されても新品として販売できる

前述したように、返品された商品が再販可能な場合には自動で再出品され、新品として販売することができます。

ただし、FBA手数料は返ってこないのでその分はマイナスになってしまいます。

【ケース2】Amazonが半額補填する

返品された商品が開封済みであった場合は、 商品代金(税込)の50%がAmazonから補填されます。

▼開封済みとは以下のような場合を言います。

  • メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
  • 商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
  • 商品タグが外されている
  • 部品のビニール包装が開封されている
  • ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
  • その他、商品自体に使用された形跡がある

開封済みの場合は新品での販売はできなくなってしまいますが、中古品として再出品することができますね。

【ケース3】すり替え詐欺にあった場合の対処法

とても残念なことですが、購入者へ完全品を送ったにも関わらず、不良品や使用済み商品とすり替えて返品するという「すり替え詐欺」を行う人がいます。

確立としては1%もないと思います。

出品者に悪質な人がほとんどいないように、購入者にもそんな人はほとんどいないのですが…

1000人にひとりかふたり…?いるのは事実。

詐欺を行う人は素知らぬ顔で「初期不良」や「注文品と違う」などと難癖をつけて偽物をAmazonへ返送します。

Amazonは100%購入者の言い分を信頼するので、大抵は全額返金されて「販売不可在庫」となり、あなたの元へ届きます。

そんな時の対処方法の一例を手順を追って説明しましょう。

1.アマゾンへ問い合わせを入れる

まずセラーセントラルのお問い合わせからAmazonへ連絡を入れましょう。

この順でお問い合わせフォームを開きます ⇒ セラーセントラル>ヘルプ>お問い合わせ>Amazon出荷サービス>Amazonから出荷(FBA)>上記以外のFBAの問題

電話でも構いませんが、履歴が残るのと落ち着いて状況を説明できるという点で、メールが良いと思われます。

「件名」を入力し、「質問の内容」をできるだけ詳しく書き込んで、送信しましょう。

2.Amazonから返信が届く

Amazonからの返信は状況や担当者によって違ってきますが、下記の”画像”と”説明”を求められることが多いようです。

  • 輸送箱に貼られた配送業者の出荷ラベルの画像
  • 返品された際の追跡番号の画像
  • FBA出荷明細書の画像
  • 返送された商品の画像
  • 商品ラベルの画像
  • 発送した商品と返品された品の相違点などの詳しい説明
    など

3.必要な画像を揃えてAmazonへ返信する

求められた画像と詳しい説明文をAmazonへ送ると、Amazonによって商品代金の補填が行われます。

ただし状況は一件一件異なるため、必ずしも補填が認められるとは限りません。

むしろなかなか思い通りにいかない場合が多いと言えます。

このようなやりとりは時間とエネルギーを消耗するので、多少の損失はあきらめて次へ進むといった選択肢もありだと思います。

しかし、損害が大きいとやはり泣き寝入りというわけにも行かなくなりますよね。

そんな時のために、高額商品を発送する際には

  • 配送業者の出荷ラベルの画像
  • 発送前の商品写真
  • FBA納品時の出荷明細書

など、万一の時に証拠になりそうなものは保管しておくのが良いと思います。

※ 返送依頼の手続き方法

ここでは、返送依頼の手続き方法を解説します。

1.セラーセントラルから在庫管理を開く

2.商品を選択して「返送/所有権の放棄依頼を作成」をクリック

3.”お届け先住所を入力”のラジオボタンをクリックし、必要事項を入力したら、右下の”続ける”をクリック

4.内容に間違いがないか確認したら右下の”内容を確定”をクリック

返送依頼の手続きは以上で完了です。

7日前後でFBA倉庫から商品が発送されます。

まとめ

返品はできたら避けて通りたいところですが、販売業をやっている限り一定数は必ずあります。

初期不良なら諦めがつきますし、対応策も考えられます。

購入者都合の返品で遜色ない商品が戻ってきた場合は何の問題もありません。

やはり最も困るのは、最後にお話ししたような悪意のあるケースですね。

自分に非が無いと思ったら、ちゃんと主張しましょう!

そのための画像などは予め保管しておきましょう。

特に高額商品には要注意です!

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする