ネクストエンジンの機能や料金を徹底調査!ユーザーのレビュー・評判も聞いてみました

※引用元:https://next-engine.net/

ネクストエンジン

ネットショップ業界は日々進化を遂げています。

ショップ運営者にとって最も大切なのは、業界の流れを敏感に察知し、自社ショップの運営に反映させていくことに他なりません。

しかし複数ショップの商品登録や在庫管理、受注、発送作業、顧客対応は膨大な作業量!

毎日の作業に追われていては、業界の調査や経営戦略を考える時間が無くなってしまいます。

ネクストエンジンならそんな悩みを解決することができるのでしょうか?

今回の記事ではネクストエンジンの機能や料金、利用者のレビューを徹底調査しました!

ネクストエンジンとは

ネクストエンジンとは複数のネットショップ運営を一元管理して、業務を効率化するシステムです。

ネクストエンジンを使えば、受注や在庫管理などの確認作業を大幅に削減。

楽天市場やヤフーショッピングのモール管理画面で全ての注文を確認する必要が無くなります。

ネクストエンジンの現在の導入店舗数は、業界最大級の25,025店以上(2018年4月期末実績)となっています。

ネクストエンジンの主な機能

ネクストエンジンの主な機能について解説します。

1.受注をとことん自動化

※引用元:https://next-engine.net/functions/機能一覧-受注管理

ネクストエンジンは複数店舗の注文を一画面で管理できるので、各モールの管理画面にログインする必要がありません。

※引用元:https://next-engine.net/functions/機能一覧-受注管理

お客様の住所、注文した商品、支払方法、のし、ギフトラッピング情報など、全ての受注情報はAPIで取りこみ、一気に印刷待ちのステータスへ移動し、さらに倉庫委託で自動発送へと進みます。

2.在庫数の自動連携

ネクストエンジンでは、各店舗の在庫数を自動連携します。

これによって各店舗の在庫差異はなくなり、売り越しや販売機会の損失のリスクを回避することが可能に。

また、在庫履歴機能で過去の在庫の動きも確認できます。

3.商品登録は一回で完了

例えば楽天、ヤフーショッピング、Amazonで商品登録をする場合、通常は3店舗分の登録が必要ですが、ネクストエンジンで登録すれば各サイトへ一括で登録が完了します。

商品登録時はもちろんですが、セールや商品説明文の変更などを全ての店舗でひとつひとつ行うのは大変な労力をともないます。

ネクストエンジンを使うことで更新がスピーディーに行われ、ミスが削減されます。

4.メール自動送信

サンクスメールや発送完了メールなどはネクストエンジンから自動で送信されます。

楽天あんしんメルアドサービスなどの暗号化されたメールにも対応しています。

ネクストエンジンのメールテンプレート機能は、編集作業が極力少なくて済むよう設計されています。

  • 店舗の種類
  • モバイル用
  • 発送方法
  • 決済方法
  • 購入回数

これらの条件ごとにテンプレートを作成することが可能です。

また、購入から〇〇日たったら送るフォローメ―ルや、受注伝票から該当の顧客へメールを送信する機能も備えています。

5.発注と仕入れの効率化

※引用元:https://next-engine.net/functions/機能一覧-発注管理

設定した条件に応じて必要な発注数を自動で算出

発注後、仕入れが完了していない商品を一覧で確認する「注残一覧」機能など、発注から仕入れまでの業務を効率的に行います。

また、倉庫システムとの連携で、発注した商品情報を倉庫システムの入荷予定として出力。

仕入れが完了したら在庫数へ反映することもできます。

6.月別、店舗別の利益と分析

売上管理やデータ分析は、ショップ運営において現在の状況を可視化するために必要不可欠。

ネクストエンジンは、

  • 店舗ごとの売上管理
  • 粗利分析
  • キャンセル商品
  • 送料
  • 客単価
  • ポイント
  • 手数料 etc

これらを迅速に分析します。

7.アプリで好みにカスタマイズ

ネクストエンジンのメイン機能に新しい機能を追加できるのがアプリ機能です。

ネクストエンジンは多数のアプリと連携しており、高い汎用性で自由にカスタマイズができます。

対応モールとカート

ネクストエンジンは多数のモールやカートに対応しているので、今後の販路拡大にも対応できます。

また、運用店舗追加による追加料金は必要ありません。

対応モール・カート

※引用元:https://next-engine.net/manageable_systems

※引用元:https://next-engine.net/manageable_systems

越境EC

※引用元:https://next-engine.net/manageable_systems

ネクストエンジンの利用料金

※引用元:https://next-engine.net/price

ネクストエンジンは月額1万円から、従量課金制となっています。

初期費用・運営店舗数や商品点数による追加費用は必要ありません。

利用料金はネクストエンジン公式サイトの「簡易お見積りフォーム」から簡単に算出できます。

「簡易お見積りフォーム」はこちらをクリック

なお、ネクストエンジンでは30日間無料体験が可能です。

30日間無料体験申し込みはこちらから

ネクストエンジンの導入事例とレビュー

最後に、ネクストエンジンの導入事例と評価を3例紹介します。

月2万件の受注を2名体制で処理できるようになった

「エンタメ雑貨専門店シネマコレクション」さんは多モール展開により業務が複雑化し、時間外労働が発生するようになっていました。

繁忙期にはサイトそっちのけで受注対策に追われていたのが…

ネクストエンジンの導入で受注・在庫管理の一元化で驚くほど業務が単純に。

月2万件を2名体制で処理できるようになったとのことです。

シネマコレクション

考える時間が増え、売り上げが上がる好循環を作れるように

「Dracaena」さんは、在庫管理に割いていた時間に違う仕事ができるようになったということです。

空いた時間で実務の効率化を図り、売上もアップ。

店舗数もさらに増やすことができました。

Dracaena

複数店の一元管理で販売機会増

「井出商会オンラインショップ」さんは、もともとは自社サイト中心に運営していましたが、多店舗展開していくにつれ、当時のスタッフ人数では業務に支障が出てきていました。

そこでネクストエンジンを導入。

複数モールで在庫情報を共有・連携することで販売機会が大幅に増えました。

商品アイテム数も300前後だったのが、10万点に!

店舗数も2サイトから7サイトに増えたということです。

井出商会オンラインショップ

まとめ

ネクストエンジンは業務の効率化に非常に役立ちそうなシステムですね。

ネクストエンジンの機能を以下にまとめました。

  • 受注機能:複数店舗の受注状況を一画面で管理できる
  • 在庫管理機能各店舗の在庫数を自動で連携、過去の在庫履歴も確認できる
  • 商品登録機能:ネクストエンジンで商品登録すれば各サイトでの登録が一括で完了
  • メール機能:サンクスメールや発送完了メールなどを自動で送信。テンプレート機能も充実
  • 発注・仕入れ:設定した条件に応じて発注数を算出。倉庫システムとも連携可能
  • 分析機能:各店舗の売上、粗利、キャンセル商品、送料、客単価等を迅速に分析

多店舗運営の効率化を図りたいと考えている方や、これから多店舗へと拡大していきたい方はネクストエンジンの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

30日間という長期の無料体験期間が設けられているので、まずはお試ししてみることをおすすめします。

==================
ブログではお伝え出来ない新鮮な情報や、
コンサル生の募集などは人数を限定させて頂くため
公式メルマガでのみお届けしています。
ご希望の方はこちらからご登録下さい。
↓↓
公式メルマガ登録
==================



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする