プライスターパートナーの評判と料金・納品代行の転売認定対策にも有効

Amazonで売上げアップを図るためには、

自身の作業時間を減らす必要があります。

そこで、良質なサービスを提供する

FBA納品代行業者の利用はとても重要になってきます。

しかし、一般的なFBA納品代行業者の料金は

高いと感じる人も少なくないと思います。

そのような場合に役立つサービスが「プライスターパートナー」です。

プライスターパートナーは、Amazon FBAへの納品代行を依頼する人と

納品代行を請け負ってくれる人をマッチングするサービスです。

この記事ではプライスターパートナーの料金と評判について詳しく紹介します。

プライスターパートナーとは?

引用元:https://pricetar-partner.com/

プライスターパートナー

プライスターパートナーは以前は

プライスターFBA納品代行サービスと呼ばれていました。

現在はプライスターパートナーと名称変更されています。

プライスターパートナーを利用すれば、Amazon FBAへの

納品代行を依頼したい人(クライアント)、納品代行作業を

請け負いたい人(パートナー)のそれぞれが外注先を

探すことができます

プライスターパートナーにはFBA納品代行を依頼したい人、

納品代行を請け負いたい人の両方が登録しています。

引用元:https://pricetar-partner.com/member-account-select

クライアント、パートナー、お互いの条件が合えば、

大手のFBA納品代行業者より安い料金で納品代行を

依頼することができます。

また、プライスターパートナーのパートナー登録者は、

Amazonでせどり経験がある人がほとんどです。

パートナー検索ページでは、各パートナーの

Amazonでの販売歴も確認する事ができます。

引用元:https://pricetar-partner.com/members?um_search=1

そのため、Amazon FBAへの納品方法などの教育が不要で、

比較的簡単に納品代行を依頼することができます。

転売認定を受けにくい

大手のFBA納品代行業者を利用した場合には、仕入れた商品を

楽天やヤフーショップなどのオンラインショップから

FBA納品代行業者へ直送した場合に、商品の配送先住所は

同じになっていまいます。

そのため、同じ納品代行業者を利用していたせどらーが

以前に転売認定を受けていれば、注文した商品が

キャンセルされてしまう可能性があります。

しかし、プライスターパートナーではネットショップから

仕入れた商品をマッチングしたパートナー宛に配送することにより、

ネットショップからの注文キャンセルを防止できるだけでなく、

より安い料金でFBA納品の外注化が可能になります。

プライスターパートナー専用システムで安全

納品代行を依頼するパートナーは、Amazonセラーセントラルではなく、

プライスターパートナー専用システム上でAmazonへの

出品作業を行うようになっています。

そのため、Amazonアカウントが紐付けされるリスクも排除しています。

プライスターパートナーの使い方

引用元:https://pricetar-partner.com/

プライスターパートナーを利用するためには、

プライスターパートナーに登録する必要があります。

プライスターパートナー会員登録

※プライスターパートナーを利用するためには、

プライスターのアカウントが必要です。

プライスターパートナーではFBA納品代行を依頼したい人(クライアント)、

納品代行を請け負いたい人(パートナー)が希望条件を登録する

ようになっており、それぞれの条件が合ってマッチングすると

納品代行を依頼できるようになっています。

登録しているパートナーの詳細ページを表示すると、新品や中古の梱包、

ラベル貼りなど、料金や詳細な条件などを確認する事ができます。

引用元:https://pricetar-partner.com/

パートナーに連絡する

料金など条件が合いそうなパートナーが見つかったら、

パートナーのプロフィールページにある「メッセージを送る」から

直接パートナーと連絡を取ることが可能です。

引用元:https://pricetar-partner.com/

「気になるボタン」をクリックすると、

気になっているパートナーを登録することもできます。

マッチングする

料金や条件などをパートナーと打ち合わせして納得した場合、

マッチングすると仕事の依頼開始となります。

パートナーとクライアントの連絡はLINEで行うようになっています。

中古商品の状態確認など、画像の送信もできて便利です。

プライスターパートナーの料金は?

プライスターパートナーを利用する際の手数料は

納品代行を依頼したい人(クライアント)が

負担するようになっています。

クライアントがパートナーに支払う作業料金の15%分の金額を

手数料としてプライスターパートナーに支払う必要があります。

例として、パートナーへ支払うFBAへの納品代行料金が1個100円の場合、

1ヶ月1,000個依頼した場合の料金は100,000円となります。

この場合、プライスターパートナーに支払う手数料は

15%の15,000円となります。

プライスターパートナーに支払う手数料は、

プライスターの利用料金と合算して請求されます。

プライスターパートナーの評判は?

プライスターパートナーの評判や口コミについて調べてみました。

  • 納品代行業者より安い料金でFBAへの納品代行を依頼できる
  • 商品の状態などをすぐにLINEで確認できる
  • せどり経験者が作業してくれるので安心

上記の評判は良好ですが、中にはこんな口コミもありました。

  • 短期間にFBA納品ラベルの貼り間違いがあった
  • 依頼したASINと異なる商品ページに出品

このような評判もありますが、これはプライスターパートナーに

問題があるのではなく、納品代行を依頼したパートナーに問題があるケースです。

このような場合、ある程度の期間でパートナーの実力を見極め、

他のパートナーへの依頼を検討することも必要だと思います。

まとめ

プライスターパートナーは個人にFBA納品代行を依頼するため、

大手のFBA納品代行業者より安い料金でFBAへの外注化を

実現することができます。

また、仕入れた商品をネットショップから直送して

FBA倉庫へ納品依頼する場合でも、商品の配送先が

個人の住所となるため、転売認定を受けにくい点も

プライスターパートナーを利用するメリットとなります。

大手のFBA納品代行業者の月額固定費が高いため、

納品代行の利用をためらっている人は、この機会に

プライスターパートナーを利用してFBA納品の外注化を

検討してみてはいかがでしょうか。