Amazon刈り取りで5万円稼げる中古のリサーチ方法について解説

Amazon刈り取りはAmazonだけで仕入れと販売が完結するせどりの手法です。

仕入れ先がAmazonに限定されるため、他のショッピングサイトとの価格比較も不要で、

せどり初心者でもリサーチがしやすく、稼ぎやすい方法です。

この記事では、中古品のAmazon刈り取りで5万円稼ぐ方法を詳しく紹介します。

Amazon刈り取りとは

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazon刈り取りは、出品価格に差のある商品で、

安値の商品を仕入れて時点価格の商品と同程度の価格で再出品することで、

利益を出すせどり手法です。

上記の画像の商品では、

「中古」で「良い」のコンディションで出品されている2つの商品の価格を比較すると、

最安値と時点価格では約1,500円の価格差があることが分かります。

この場合、最安値の商品を約6,000円で仕入れ、

Amazon FBAを利用して、時点価格より少し安めの約7,700円で再出品することで、

利益を出すことができます。

Amazonで中古を刈り取りする方法

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazon刈り取りには、主に以下のパターンがあります。

  • 価格差が大きい商品を刈り取って再出品する
  • 現在の相場が安い商品を刈り取って、過去の高値で再出品する

どちらのパターンで刈り取る場合でも、価格や出品者数、各出品者の在庫数、

ランキングの推移などをチェックする必要があります。

それぞれのデータは、

刈り取りツール、「Keepa有料版」を利用すれば確認することができます。

Keepa有料版

「Keepa有料版」はGoogle Chromeに拡張機能を追加することで、

Amazonの商品ページに価格やランキング、

出品者数の推移などを表示することができます。

Amazon刈り取りでKeepa有料版を活用する方法は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ここからは、Amazon刈り取りでKeepa有料版を利用する前提で説明していきます。

価格差が大きい商品を刈り取って再出品する

Amazonの中古品では、同じコンディションで出品されている商品でも、

価格差が大きいケースが多数存在します。

例えば以下のようなケースです。

出品コンディション良い:5,000円
出品コンディション良い:5,100円
出品コンディション良い:8,000円

上記のケースでは、安く出品されている商品2つを刈り取って、

8,000円以下の価格で再出品することができます。

現在相場が安い商品を刈り取って高値で再出品する

現在、相場が安くなっている商品でも、過去には高値で売れている場合があります。

このような商品は、Keepa有料版で価格とランキング、

出品者数の推移をチェックすることで、高値で出品可能か調べることができます。

例えば、以下の商品では現在「非常に良い」の価格は約36,500円ですが、

過去には約34,000円の安値や約48,000円の高値で出品されていたことが分かります。

引用元:https://keepa.com/

過去に高値で売れていることが確認できて、出品者数も少ない商品は、

安値で出品されている商品を刈り取って高値で再出品することができます。

Keepa有料版を利用してAmazonで過去の販売実績を確認する方法については、

こちらで詳しく紹介しています。

Amazonで中古を刈り取る際のポイント

引用元:https://hajimeru01.com/posts/9059/

Amazonで中古を刈り取りする場合、以下のポイントがあります。

  • 出品コンディション
  • 付属品の有無
  • 価格の推移
  • ランキングの推移
  • 出品者数
  • 出品者別の在庫数

出品コンディションのチェック

Amazonで中古を出品する場合には、コンディションガイドラインによって、

出品可能なコンディションが決まってきます。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/200339950?language=ja-JP&ref=mpbc_1085248_cont_200339950

しかし、出品者によっては、購入後のトラブルを避けるため、

本来は「非常に良い」のコンディションで出品可能な商品を、

「良い」や「可」コンディションで出品しているケースが多数見られます。

例えば、以下の商品では、「良い」で出品されている商品を刈り取って、

「非常に良い」のコンディションで再出品することができると考えられます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

また、多少の汚れなら、自身で簡易クリーニングすることにより、

出品コンディションをアップしてより高値で販売できる可能性もあります。

中古品は付属品の有無をチェックする

Amazonで中古を刈り取る場合には、付属品の有無もチェックする必要があります。

ゲーム機など、「可」のコンディションで出品されている商品は、

付属品が欠品している場合が多数見られます。

メルカリやヤフオクなどで欠品している付属品を仕入れることができれば、

出品コンディションをアップして高値で再出品することが可能です。

価格の推移をチェックする

「Keepa」はAmazonの商品ページに価格の推移をグラフで表示してくれます。

下のグラフでは、過去1年間の中古商品の価格推移を表示しています。

引用元:https://keepa.com/

3月の時点では最安値でも10,285円で出品されていることが分かります。

現在の最低価格は4,980円となっていますが、

赤い点の部分では約6,500円程度が最低価格となっていることが分かります。

この商品が実際に10,285円で売れていたかどうかは、この後説明する、

ランキングと出品者数の推移をチェックすることで確認することができます。

また、Amazonの中古刈り取りでは、できるだけ価格の高い商品を狙うようにしましょう。

その理由は、価格の高い商品ほど、出品価格に差が生まれやすいからです。

Keepaのトラッキング機能を利用する

Keepaには登録した商品が設定した価格まで値下がりした時に通知してくれる、

「トラッキング機能」があります。

この機能を利用すれば、常に登録した商品の価格の推移を監視してくれるため、

自身での価格チェックが不要になります。

下の商品では、「非常に良い」のコンディションは現在約1万円で出品されていますが、

過去には約6,000円で出品されていたことが分かります。

引用元:https://keepa.com/

このような商品をKeepaのトラッキング機能に登録しておくことで、

値下がりの通知が来た時に刈り取ることができます。

Keepaのトラッキング機能についてはこちらで詳しく紹介しています。

ランキング・中古の出品者数の推移をチェックする

Keepa有料版はAmazonの商品ページにランキング、

出品コンディション別の出品者数の推移を表示してくれます。

商品が売れると、ランキングは上昇するため、グラフは下降します。

引用元:https://keepa.com/

グラフが下降した時点で、

どのコンディションの出品者数が減少したかをチェックすることで、

実際に売れたかどうかを確認することができます。

Keepa有料版を利用して販売個数をチェックする方法は、

こちらで詳しく紹介しています。

過去に高値で売れた実績がある商品は、安値で出品されている商品を刈り取って、

適正価格で再出品して利益を出すことができます。

出品者数が多い中古品をチェック

Amazonでは、出品者数が多い商品は価格競争になりやすく、

値下げ合戦が起こりやすい傾向があります。

一般的に、出品者数が多い商品は売れるまで時間が掛かるため、

在庫を早く売りたい出品者が値下げしやすい傾向があります。

また、月末月初はクレジットカードなどの支払がある場合が多く、

各出品者が現金を確保したい点からも値下げされやすくなっています。

月末月初には出品者数が多い商品をチェックすると良いでしょう。

出品者別の在庫数をチェック

Amazon刈り取りでは、出品者数だけでなく、

出品者別の在庫数をチェックすることも重要です。

同じ出品者が複数の在庫を持っている場合もあるため、

その出品者の在庫を全て刈り取る必要があります。

出品者別の在庫数はKeepa有料版で確認することができます。

Amazonで中古を刈り取る場合の注意点

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazonで中古を刈り取りする場合、各出品者の商品説明にも注意が必要です。

商品状態を詳しく説明している出品者からは安心して刈り取りできますが、

商品説明にほとんど何も記載していない出品者の場合、

出品コンディションよりずっと酷い状態の商品が届く可能性もあります。

そのような場合には、返品することも可能ですが、出品者とやり取りしている時間や、

返金されるまでの日数など、機会損失の可能性があります。

動作確認が必要

中古の場合、Amazonの商品説明に「動作確認済みです」と記載されている場合でも、

届いた商品の動作確認はやった方が無難だと思います。

動作不良の場合には、返品が可能ですが、万が一動作不良に気付かず、

商品を再出品した場合には自身が返品対応する必要があるためリスクがあります。

まとめ

Amazon中古刈り取りには以下のポイントがあります。

  • 出品コンディション
  • 付属品の有無
  • 価格の推移
  • ランキングの推移
  • 出品者数
  • 出品者別の在庫数

上記のポイントをチェックしつつ、主に2つのパターンで刈り取ります。

  • 出品価格差が大きい商品を刈り取って再出品
  • 現在の相場が安い商品を刈り取って、過去の高値で再出品

また、価格が安い商品は大きな価格差が生まれにくいため、

リサーチする商品は出来るだけ価格が高い商品を狙うようにしましょう。

この記事が読者の皆さんのAmazon中古刈り取りに役立てば幸いです。