Amazonで商品ページと出品商品不一致のメールが届いた場合の対処法

Amazonで出品中の商品について、

「商品ページと出品商品が不一致の可能性がある」と、

Amazonから警告のメールが届くことがあります。

Amazonからこのメールが届いた場合、適切な対応をしないと、

最悪の場合、Amazonの出品用アカウントが停止になってしまう可能性があります。

この記事では、Amazonから、

「商品ページと出品商品不一致のメールが届いた場合」の対処法について詳しく紹介します。

Amazonの商品ページと出品商品不一致とは

                                            

引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/tucano/4901360320424.html
引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazonに商品を出品する際、自分でAmazonのカタログを作成する場合を除いて、

ほとんどの商品は他の出品者やAmazon本体への「相乗り出品」になると思います。

Amazonに相乗り出品していると、

Amazon本体や、商品カタログの作成者など、商品情報の編集権限を持っている出品者が、

商品タイトルや商品画像などを編集した事に気付かず、

商品ページと出品商品が一致しなくなっている場合があります。

また、商品のパッケージ変更がされたにも関わらず、

Amazonの商品画像が旧パッケージのままとなっている場合もあります。

このような理由で、

Amazonから「商品ページと出品商品の内容が一致していない可能性がある」と

メールが届く場合があります。

商品のパッケージが変更された場合には、中身は全く同じ商品なのにも関わらず、

購入者に発送した商品とAmazonの商品画像が違うため、

購入者から返品リクエストをされてしまう可能性もあります。

このように、「Amazonの商品ページと出品商品に不一致の可能性」がある場合、

Amazonのアカウントスペシャリスト(通称アカスペ)から、

「商品ページと出品商品の内容が一致していない可能性がある」と、

お知らせのメールが届きます。

商品ページと出品商品が不一致のメールが届いた場合の対処法

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/gp

 Amazonから、

「商品ページと出品商品が一致していない可能性があります」と、

お知らせのメールが届いた場合には、主に以下の対処法があります。

  • Amazonから指摘された商品のSKUを削除する
  • 該当商品の請求書を用意する
  • 請求書を添付してAmazonからのメールに7日以内に返信

それぞれの対処法について説明します。

Amazonから指摘された商品のSKUを削除する

Amazonセラーセントラルにログインし、

ページ上部又は下部にある「在庫」メニューの「在庫管理」から、

該当する商品のSKUを削除します。

引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/gp

もし、Amazonからのメールの返信期限の7日間以内に、

次の項で説明する「請求書」が用意できない場合でも、取りあえず、

Amazonから指摘された商品のSKUを削除するようにしましょう。

Amazonからメールで警告された商品の請求書を用意

Amazonから、

「商品ページと出品商品が一致していない可能性があります」とメールが来た場合には、

「商品ページと出品商品が完全に一致していることを証明」する、

「請求書」を提出する必要があります。

Amazonから指摘された商品が、「ビックカメラ」で仕入れ可能な場合には、

ビックカメラの請求書を提出することで、

商品ページと出品商品が完全に一致することを証明することができます。

ビックカメラの請求書に関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

Amazonからのメールには7日以内に返信する必要がある

引用元:https://www.in-fra.jp/long-internships/articles/4314

Amazonアカウントスペシャリストから、

「商品ページと出品商品が一致していない可能性があります」とメールが届いた場合、

7日以内に返信する必要があります。

メールに返信する際には、

「商品詳細ページに記載されている内容と、出品商品が完全に一致していること」

を証明する請求書を添付する必要があります。

Amazonからのメールに返信しないとどうなる?

引用元:https://www.amazon.co.jp/

Amazonからのメールに7日以内に返信して請求書を提出できない場合には、

Amazonの出品用アカウントが停止される可能性があります。

万が一、Amazonの出品用アカウントが停止されてしまった場合には、

出品できないだけでなく、これまでの売上金も出金制限されてしまいます。

売上金を出金制限されてしまうと、商品の仕入れをクレジットカードで行っている場合には、

クレジットカードの支払ができなくなってしまう恐れがあります。

まとめ

Amazonから、

「商品ページと出品商品が不一致の可能性がある」と警告のメールが届いた場合には、

7日以内に、「商品ページと出品商品が完全に一致していることを証明する請求書」を

提出する必要があります。

もし、7日以内に「請求書」が用意できない場合でも、

Amazonセラーセントラルの「在庫管理」メニューから、

該当商品のSKUを削除後に、Amazonからのメールに返信、

該当商品のSKUを削除したことを連絡するようにした方が無難だと思われます。

該当商品のSKUも削除せず、メールにも返信しないで放置しておくと、

Amazonの出品用アカウントが停止になってしまう可能性があります。

万が一、出品用アカウントが停止されてしまった場合には、

売上金も出金制限されてしまいます。

そのため、クレジットカードで仕入れを行っている場合には、

カードの支払ができなくなってしまう可能性もあります。

このような事態を未然に防止するためには、日頃から、Amazonからのメールには注意し、

必要があれば速やかに返信するようにしましょう。