Amazon FBAマルチチャネルの料金・使い方を徹底解説

Amazonが提供するFBAマルチチャネルと言うサービスをご存知でしょうか。

仕入れた商品のすべてをFBA倉庫に預けて、どこで販売してもAmazonのFBAが配送してくれるサービスです。

このサービスを利用することによって仕入れた商品で自宅スペースを圧迫することなく好きな販路で商品を販売することが可能です。

今回はそんなAmazonFBAマルチチャネルの利用方法や使い方、料金などを解説します。

FBAマルチチャネルサービスとは何か

FBAマルチチャネルはFBA倉庫に預けた商品をAmazon以外の販路に配送してくれるサービスです。

・Amazon

・メルカリ

・ヤフオク

・自社サイト

せどりで仕入れた商品の販路はたくさんありますが、Amazon以外のサイトでは基本的に自己発送になってしまうのが悩みの種です。

梱包にも時間がかかりますし、保管スペースも必要です。

発送する手間もかかります。

これらの作業をAmazonで販売するかのようにFBAに丸投げできるサービスがFBAマルチチャネルです。

まず、仕入れた商品をすべてFBAに送ってしまう。

その後どこで売れた商品だとしても、保管、梱包、配送といった発送に関わる面倒ごとをすべてAmazonにお任せできるのです。

勿論梱包も配送もすべてあのAmazonクオリティです。

Amazonで販売してFBAから送るときと比べて料金などは多少変わってきますが、それを差し引いても大きなメリットがあります。

FBAマルチチャネルサービスのメリット

FBAマルチチャネルのメリットは様々です。

1. 保管スペースを必要としない

仕入れた商品で自宅のスペースを圧迫しないというメリットがあります。

通常であれば、Amazonの商品はFBAへ送る。

その他のサイトで売るものは自宅で保管して自己発送する。

これが基本です。

ですが、この方式だと、Amazonでの販売割合が落ちるとたちまち自宅は保管スペースとして倉庫化してしまいます。

部屋がたくさん余っている方ならともかく、そうでない方、特にアパートなどで家族と暮らしている人にとっては非常に頭の痛い問題になります。

商品を置かないと売り上げにならない。

商品を置くと自宅の生活スペースが圧迫される。

このジレンマをFBAマルチチャネルは解消してくれるのです。

ヤフオクで売るものでも、メルカリで売るものでもすべてFBA倉庫に送ってしまえばいいのです。

保管スペースを必要としないというのは副業せどらーにも本業せどらーにも嬉しいメリットでしょう。

2. 在庫管理を一元管理してもらえる

次に、在庫管理を一元管理してもらえるというメリットがあります。

商品を送ってしまえば、保管も数量の管理もすべてAmazonで行ってくれます。

こちらはパソコン上で売れ行きや在庫量を確認するだけで保管や管理に関わる手間は全て代行してくれるのです。

そのため、数量管理さえしておけば在庫管理も売り上げ管理も、そして棚卸も簡単です。

3. 発送作業時間や手間の短縮

自己発送の一番の問題。

それは発送作業です。

商品を丁寧に梱包し、輸送時に破損しないよう綺麗に箱に詰める。

1個2個ならともかく、これが毎日何十個もとなると面倒どころの騒ぎではありません。

毎日この作業だけで何時間も浪費してしまいます。

この非常に面倒な作業をAmazonに丸投げできます。

商品はすでに送ってあるので、あとはパソコン上で発送依頼をするだけ。

面倒な発送作業はすべてFBAで行ってくれます。

4. Amazon品質の梱包・配送

発送などの作業を全て行ってくれますが、その品質は安心のAmazonクオリティです。

いつもAmazonで買い物をしているあのクオリティで商品をお客様に届けてくれます。

安心して任せることができますね。

5. 無地の段ボールも選べる

しかしここで一つ問題が。

FBAを利用するとAmazonが梱包するので、当然箱はAmazonのロゴの入った「あの箱」になってしまいます。

メルカリやヤフオクで売れた商品がAmazonのロゴの入った箱で届く。

買った人からしてみたら「無在庫転売?」と疑うかもしれません。

そうならないようにFBAでは無地の箱による発送にも対応しています。

ただし、対応してくれる倉庫は限られているので、FBAに送る際は無地対応倉庫を把握しておきましょう。

FBAマルチチャネルサービスのデメリット

良い事ばかりではありません。

残念ながらFBAマルチチャネルにはデメリットもあります。

手数料が高い

まず、通常のFBAに比べて様々な手数料が高くなっています。

自社ではないところに発送してもらうので当然と言えば当然ですが、この手数料が負担になります。

保管手数料もかかってくるので、商品の利益率や回転率によっては赤字になる可能性もあります。

利用する商品の選定は慎重に行わないといけません。

販路によっては規約違反になる

FBA利用は自分が買った商品の保管を代行してもらっているだけなので、いわゆる「無在庫転売」にはあたりません。

しかし、無在庫転売でなくてもほかのサイトの規約に抵触する可能性はあります。

たとえばメルカリやラクマでは「手元に無い商品は販売してはいけない」とあります。

この手元にない、の解釈をどこまで広げるかですが、普通に考えたらいつでも商品を確認できる場所に無いといけないと考えるのが自然です。

つまりFBA倉庫利用はこの規約に違反してしまいます。

ばれることはまずないと思いますが、規約的にはグレーゾーンであることは理解しておく必要があります。

送り元がAmazon

もう一つ困った問題が。

Amazonの倉庫から発送されるので、どうしても伝票は「Amazonからの伝票」になります。

Amazon以外の販路で購入したお客様にはキチンとAmazonの倉庫から届くことを説明しておかないとトラブルを招く可能性があります。

「Amazonで商品なんか頼んでない!」

と不審物扱いされる可能性があります。

この伝票の問題はどうしようもないので、あらかじめ購入したお客様に説明する定型文を作っておくようにしましょう。

使い方

FBAマルチチャネルの使い方は難しくありません。

慣れてしまえば非常に簡単に設定することができます。

その前に、2点だけ確認です。

・FBAの初期設定はしていますか?

・大口出品者になっていますか?

FBA初期設定はもちろん行っておかなければいけません。

納品前にやっても構いませんが、先にやっておくほうがいいでしょう。

また、小口出品者ではマルチチャネルは使用できません。

小口出品の方は切り替えておいてください。

1.商品をFBAに送る

仕入れた商品を全てFBAに送りましょう。

送る手順や方法は通常のFBAと同じでかまいません。

ただし、注意点として送るFCは以下の5か所にしてください。

・小田原FC

・多治見FC

・川越FC

・川島FC

・大東FC

この5つのFCは「無地ダンボール対応倉庫」です。

これ以外の倉庫だと無地で発送してもらえません。

Amazonの箱でも別に問題ないよ、という方以外はこの5つの倉庫に送るようにしましょう。

2.FBAマルチチャネルを設定

別の販路で商品が売れたらまずはセラーセントラルへ。

・在庫管理画面で購入された商品にチェックを入れ、「選択中の商品を一括変更」

・「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」を選択

・必須項目を入力

以上で手続きは終了です。

これでAmazonから配送されます。

FBAマルチチャネルサービスの利用料金

FBAマルチチャネルの利用料や手数料は以下の4つがかかってきます。

大口出品アカウント料

大口出品者でないとマルチチャネルは利用できませんので、月額4900円の大口出品料がかかります。

月額保管手数料

マルチチャネルもほかのFBA利用同様FBA倉庫保管料がかかります。

料金は通常と同様です。

大きければ大きいほど手数料が大きくなります。

サイズが大きいとか、回転率の悪い商品は自宅保管するのも手です。

出荷作業手数料

通常のFBAでもかかってくるこの料金ですが、FBAマルチチャネルは別の料金体系が適用されます。

全体的に通常のFBA料金よりも高くなっています。

発送手数料

こちらもマルチチャネル用料金になります。

商品によってはかなりの負担になるので、送る商品は利益率、回転率と相談してください。

まとめ

FBAマルチチャネルは確かに手数料がかかってしまいますが、それ以上に魅力もたくさんありますね。

自宅のスペースを圧迫しなくていいのは自宅をせどり用に使用している副業せどらーにとっては非常にありがたいでしょう。

一日何十個もの梱包、配送作業が発生する専業せどらーにとってはこの煩わしい発送、梱包作業を丸投げできるメリットがあります。

いままでこの問題があってAmazon以外の販路を拡大できなかった人たちにとっては非常に便利なサービスです。

FBAを利用したことがある方なら利用方法は決して難しくありません。

便利なFBAマルチチャネルサービス、是非利用してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする