せどりで貯まった期間固定Tポイントの使い道や使い方を解説

Yahoo!のサービスを利用しているといつの間にかTポイントが貯まりますね。

せどりでYahoo!ショッピングやヤフオク仕入れをしていると
意外とたくさん貯まっていたりしてびっくりすることがあります。

このTポイント、通常ポイントと期間固定ポイントがあるのはご存知ですか?

使用期限や制限のない通常ポイントに対して
使用期限があったり使い道が限定されてしまう期間固定ポイントは意外と面倒です。

面倒で使わずに失効させている人もいるかもしれません。

今回はそんな面倒な期間固定Tポイントを活用するための使い道について解説します。

  • 期間固定Tポイントに使い道で困っている
  • そもそもTポイントの使い道で困っている
  • 何に使えるのかわからない

そんな方は是非参考にしてみてください。

Tポイントとは

まず、通常ポイントと期間固定Tポイントについて知っておきましょう。

Tポイントとは皆さんご存知の通りYahoo!Japanのサービスを始め、
コンビニや提携ショップなどで1ポイント1円として使えるポイントです。

貯め方はYahoo!で買い物をしたり、サービスに対して料金を支払ったり、
提携ショップで買い物をすると付与されます。

この付与されるTポイントの中に「通常ポイント」と「期間固定ポイント」があるのです。

通常Tポイント

通常のTポイントは使用期限がありません。

正確には「利用最終日から1年間」経過すると失効します。

ですが、1年間の間に利用があればまた期間が1年間に延長されます。

付与、利用、どちらでも構いません。

年に1回Tポイントが変動すれば期間は1年間延長されるのです。

Tポイントを1年間利用しないということはなかなかないですよね。

ファミマなどのコンビニで提示するだけで数ポイント付きますし、
Yahoo!で仕入れをしている人はそれだけでポイントは付与されます。

日常的に利用している人で失効させてしまうということはあまりないのです。
つまりほぼ使用期限なしと考えていいでしょう。

この通常Tポイント、Yahoo!Japan関連サービスすべての利用はもちろん、
コンビニやガソリンスタンド、その他提携している企業で
1ポイント1円として使うことができます。

ほぼ使用期限なしで、様々な場所で使うことができる非常に使いやすいポイントです。

期間固定Tポイント

一方、期間固定ポイントはどうかというと通常ポイントよりも使いにくいポイントです。

貯め方は主にエントリーしたキャンペーンなどで
特別ボーナスとして付与されることが多いです。

期間固定ポイントはその名の通り使える期間が決まっています。

通常のTポイントはTポイント全体で「最終利用日より1年間」でしたが、
期間固定ポイントはもらったTポイント個別に期間が設定されています。

例えば100ポイント、100ポイント、100ポイントと3回もらったとします。

この3つの100ポイントそれぞれに使用期間が設定されているのです。

しかも短いものでは2週間程度。
長くても1~2カ月です。

使える場所も非常に限られています。

コンビニやファミレスなどでは使えず、Yahoo!サービスに限定されます。

そのため、普段コンビニなどでちょこちょこ消化できる通常Tポイントと違って
気が付くと失効させてしまっているのです。

期間が決まっている上に使い道が限定されている期間固定Tポイントは
使いづらいポイントといえるでしょう。

期間固定Tポイントの使い道

では期間固定Tポイントはどうやって消化したらいいでしょうか。

ここでは期間固定Tポイントの利用方法を紹介します。

Yahoo!ショッピング、ヤフオク

まず一番簡単な使い方がYahoo!ショッピングとヤフオクです。

仕入れで利用する機会もありますよね。

ここで使うのが一番簡単です。

送料分に充ててもいいですし、単に商品代金の割引に使っても構いません。

こまめに使う癖をつけておけば失効前にどんどん消費できるでしょう。

ちなみにTポイントは通常ポイントよりも期間固定ポイントが優先的に使われます。

また、失効までの期間が短いものが優先的に使用されます。

コツコツ使っていれば失効しそうなものから使われていくのです。

LOHACO

LOHACOはYahoo!が提携する通販サイトです。

Yahoo!と提携しているので普通に期間固定Tポイントを利用することができます。

LOHACOは日用品から食料品まで。

何でも揃います。

特に食料品に関しては品ぞろえが豊富なので、仕入れにも利用可能。

LOHACOせどりという手法も実際にあるくらいです。

Amazonは食料品の品ぞろえが若干弱いというポイントがあるので、
LOHACOで食料品を仕入れてAmazonで売るというせどりが可能です。

ただし、Amazonで販売されていない商品を売る場合はカタログ作成をする必要があります。

慣れていない人は若干難しく感じるかもしれません。

もし食料品を新規で販売する場合は注意しましょう。

nanacoギフト券

期間固定TポイントはYahoo!ショッピングで使用できるというのは先ほどご説明しました。

ただ、現在Yahoo!ショッピングで仕入れるものが無い、
だけどある程度まとまった期間固定Tポイントを消化したいという場合は
「nanacoギフト券」に換えるという手もあります。

キャンペーンなどで意外とまとまった期間固定Tポイントが手に入る場合があります。

クレジットカードの入会キャンペーンなどは数千ポイントもらえることもあるでしょう。

そんなまとまったTポイントをYahoo!ショッピングで仕入れに
無理やり使うのも効率が悪いですよね。

Yahoo!ショッピングではnanacoギフト券を販売しています。

nanacoポイントに換えてしまえば全国のセブンイレブンや
イオンで使用できるので、非常に使いやすくなりますね。

ただし1000円分買うのに1120円ほどかかりますので若干損します。

あくまでYahoo!サービスで使いきれないという場合にnanacoに換えるようにしましょう。

nanacoだけじゃなく、ituneカードやJCBギフトカードにも買えることが可能です。

Yahoo!公金支払い

金額が多い場合、Yahoo!公金支払いを利用するという手もあります。

Yahoo!公金支払いはサイト上から様々な税金を支払うことができるサービスです。

Yahoo!グループなので期間固定Tポイントも利用できます。

NHKの受信料やふるさと納税、水道料から自動車税まで
ありとあらゆる税金を支払うことができます。

税金は絶対に支払わないといけないないものです。
また通常であれば絶対に値引きできないものです。

そんな公共料金を余った期間固定Tポイントを使って支払いできるのです。

また、このサイトを利用すれば分割払いが不可能な公共料金を
クレジットカードで支払うこともできます。

意外と便利なサイトです。

まとめ

期間固定ポイントは使用期限が決まっていて、利用できる範囲も狭いので使いにくいですね。

気が付くと失効させている人も少なくないでしょう。

ですが、1ポイント1円ということはお金と同じです。

500ポイント失効させるということは500円捨てたにも等しいのです。

Yahoo!ショッピングやヤフオク、LOHACOなら使うのはそんなに難しくありませんし、
使い切れないならYahoo!ショッピングでnanacoギフト券などに換えてしまいましょう。

いずれにしてもこまめに使うかこまめに確認するようにして、
お金をどぶに捨てないようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする