せどりで融資を受けられるの?融資のメリットデメリットを解説

せどりで順調に利益を上げていると
「もっと沢山仕入れることができたらさらに利益をあげられるのにな…」
と思いますよね。

そんな方には「融資」をおすすめします。

「せどりで融資なんてを受けられるの?」と思うかもしれませんが、
せどりで融資を受けることはもちろん可能ですよ。

融資を受けることができれば仕入れ額を増やして売上を伸ばし
さらに利益を上げることが可能になります。

今回はそんな融資について。

融資のメリットデメリット、融資先の選択肢。

そしてビジネスの融資に一番おすすめな日本政策金融公庫の紹介と融資の受け方など。

融資に関する悩みを解決できる情報を網羅しました。

  • せどりで融資を受けたい
  • でも受けられるかわからない
  • 受けられるなら方法が知りたい

このような悩みを抱えている方は是非参考にしてください。

せどりで融資って受けられるの?

まず、何よりも心配するのはこの疑問ではないでしょうか。

せどりで融資。

たしかに一般的にはあまり聞いたことが無いですよね。

ですが安心してください。
せどりだって立派なビジネスです。

物を仕入れて売る。
小売業とか物販業と同じです。

ビジネスである以上、融資が受けられないということはありません。

実際せどりビジネスで融資を受けて事業を大きくしている人は沢山います。

もちろん融資の審査に受かるかどうかは別問題ですが、
せどりだからと言って融資が受けられないということは一切ありません。

安心してください。

融資を受けることのメリット

融資を受けるメリットは資金が増える事です。

そして資金が増えるとせどりビジネスでは選択肢が広がり、4つのメリットが生まれます。

  • 単純に仕入れ量を増やして利益を上げられる
  • 様々なジャンルに参入できる
  • 資金が不足する可能性が低くなる
  • トラブルがあっても耐えるだけの事業体力がつく

一つずつ確認していきましょう。

単純に仕入れ量を増やして利益を上げられる

まずは分かりやすいメリットです。

資金が増えて仕入れ量が増えれば増えるほど販売量も増えますから、単純に利益が増えます。

もし資金が10万円しかなかったらすべて仕入れに使っても得られる利益は
利益率20%としても毎月2万円くらいでしょう。

もちろんこれはすべての商品が売れた場合の話なので実際はもっと少なくなります。

ですが100万円あったらどうでしょうか。
100万円あれば利益率20%でも毎月10万円の利益を上げられます。

全て商品が売れなかったとしても7~8万円は稼げるでしょう。

副業としては十分な額ですね。

200万円あれば15万以上利益が出る計算です。
このくらいあればせどり一本でも生活できる可能性が出てきますね。

このように単純に資金を増やすことで利益がアップします。

様々なジャンルに参入できる

資金があればそれだけたくさんの商品を仕入れたり、
ほかのジャンルにも参入できます。

資金が少ないと家電せどりするだけのお金が残っていないとか、
ほかのジャンルにも参入したいけど1つのジャンルの仕入れで資金的に限界、
なんて状況もあります。

そんな時に多額の資金があれば様々なジャンルの商品を仕入れることができますね。

複数のジャンルを扱うのはリスク管理にもつながります。
1つのカテゴリーだけでやっていると何かあった時に一気に経営状況が悪くなるからです。

例えばヘルビ商品1本でやっていたとします。
とあるメーカーの商品で健康被害が出たとします。

そうなるとヘルビ商品全体の市場に影響が出て、売れ行きが落ち込みます。
ヘルビ1本でやっているせどらーの事業には大きな影響が出るでしょう。

もし資金があれば多くの商品、多数のジャンルの商品を仕入れて
リスクを分散し、安定した利益を出しやすくなります。

資金が不足する可能性が低くなる

いくらせどりの知識を増やしても、仕入れるお金が無かったら意味がありません。

せっかく目の前に利益が出る商品が山積みになっているのに、
資金が無いせいで仕入れられないなんてことになったらもったいないですよね。

こんなチャンスの時も資金があれば確実に仕入れることができます。

トラブルがあっても耐えるだけの事業体力がつく

事業にはトラブルがつきものです。

特にせどりはAmazonやその他のプラットフォームに依存しています。
もしAmazonや利用しているサイトで問題が起こり
利用できなくなると途端に事業が立ち行かなくなります。

さすがにAmazonやヤフオクがつぶれることは無いかもしれませんが、
なにか規約違反をしてしまい、アカウント停止を受けてしまう
という可能性は誰にでもあります。

規約違反でアカウントを凍結されると保留している売上金なども
凍結されてしまう場合もあり、その場合は収入が途絶えます。

このような状況に陥った場合、当面の生活費や翌月のクレジット支払いなど、
様々な問題が起こりますよね。

そんな時に融資を受けたお金をある程度プールしてあれば
事業が元に戻るまでの時間が稼げます。

その間にほかの販路を考えたり問題を解決したりといったアクションが
取れるようになります。

ただし、融資を受けたお金を全額仕入れに使っている場合はどうしようもありません。

融資を受けてもすべて仕入れに使って仕舞わず、
融資を受けたお金は必ず一部残しておくようにしましょう。

このように融資を受けて使える資金に余裕ができることでせどり事業を大きくしたり、
何かあった時の保険をかける事ができます。

融資を受けることによるデメリット

次に融資を受けた際のデメリットについて解説しましょう。

融資を受けるデメリットは3つ。

  • 返済
  • 利息
  • 油断

まず、「融資」である以上必ず返済する必要があります。

大金があなたの元に入りますが、それは返済が終わるまであなたのお金ではないのです。

自己資金でせどりをやっている場合は例え事業に失敗しても誰にも迷惑は掛かりません。
1が0になるだけで借金にはなりません。

しかし融資を受けて事業に失敗した場合は完全に借金です。
つまり事業の失敗が許されなくなるのです。

ただし、融資を受けたことで気が引き締まり、
緊張感をもってせどりに臨めるというメリットもあります。

今まできちんと利益の出ていた人は資金を増やしても
ほぼ間違いなく成功できるはずですので、そこまで心配はいりません。

次に利息です。

融資側もボランティアで貸すわけではありません。
融資したお金を返してもらい、かつ利息を得ることを目的としているのです。

借りたお金には利息が付きます。
借りた額が大きくなればなるほどその利息は大きい負担になるでしょう。

利息は融資先によって異なります。

低いのは日本政策金融公庫ので約1%から。

銀行は2%~10%程度。

高いのは消費者金融で利息制限法上限で最大20%まで利息を取ります。
(実際は18%位のところが多い)

1~2%程ならともかく、銀行などで5%を超える利息での融資を受けた場合
年間通した時にかなりの額になるでしょう。

この金利はじわじわと事業の体力を奪います。

「月々数千円ならいいか」
と簡単に思わないようにしましょう。

その数千円があれば商品をいくつも仕入れられるのです。

金利の負担を抑えるには当然金利の安い場所から融資を受けるのが一番です。

最後は油断です。

先ほど融資を受けたことで気が引き締まると書きましたが、
その逆で融資を受けると気が緩む傾向の人もいます。

数百万円という大金が入って、見せかけ上ではありますが、
生活に余裕ができる事で気が緩むのです。

すると気が付かないうちに生活レベルが上がって生活費が増えて支出が増えます。

また、資金が増えたことでリサーチの精度が下がる人もいます。
お金を持ったことで油断するのです。

すると思うように利益が出なくなり収入が下がります。

支出が増えて収入が減り、
利息と返済に追われるとどうなるか…もちろん待っているのは廃業です。

以上が融資を受けるデメリットです。

とはいえ、借りるのですから返すのは当たり前ですし、
利息も金利の低い所で借りればそれほど厳しい金額にはなりません。

確実に融資を受けるメリットの方が大きいでしょう。

今回は融資を受けるメリットデメリットについて解説しました。

次の記事では実際の借入先の候補と金利の比較
お勧めの融資先である日本政策金融公庫からの融資の受け方について解説します。

せどりで融資を受けるときの融資先と申し込み方法
前回の記事では融資を受けるメリットデメリットを解説しました。 今回は実際に どこの融資先がおすすめか どうやって受けたらい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする