転売(せどり)の王道!おすすめの儲かる商品とおすすめな仕入れ先を公開 前編

「転売を始めたいけど何から仕入れたらいいかわからない」

おそらく初心者せどらーのほとんどがこういった悩みを抱えているはずです。

1つでも得意なジャンルを作ってしまえばそこからは早いんですが、
みなさんファーストステップで悩まれているようです。

中には最初の仕入れで失敗し、資金的にも精神的にも挫折してしまう人もいます。

そこで今回はせどりで儲かる商品・ジャンル」という
せどりで最もシンプルにして究極のお題について解説します。

  • せどりを始めたいけど何から仕入れたらいいかわからない
  • 何が売れるのかわからない
  • どこで仕入れればいいのかわからない

という「わからないだらけ」の初心者に向けて解説します。

もちろん中級者以上の方にも良いヒントになれるような
内容も解説していきますので、ぜひご一読ください。

個人的にせどりでお勧めする商品ジャンル

まずはせどりでお勧めしたい商品ジャンルの紹介です。

あちこちで情報が散見されるありきたりなジャンルが多いですが、
逆を言えば安定して売れるからありきたりなんです。

ニッチな商品は仕入れも売るのも難しいです。

「おすすめの儲かる商品」
はやはり王道で稼ぐのが一番です。

そんなせどりの王道ジャンルを解説します。

家電品

せどりと言えば家電は外せません。

掃除機や電子レンジ、AIスピーカーやお掃除ロボットなど。

現代の生活に必要不可欠なジャンルです。

家電せどりは需要が高く、単価が高いため高い利益率が期待できます。

単価が高い商品は仕入れの費用がかさむというデメリットがありますが、
そのほかに関してはメリットだらけです。

せどりというのは本来薄利多売です。

お店同士の差益を利用して利ザヤを得るのがせどりですが、
昔ならともかく、このネット社会で価格差のある商品を見つけるのは非常に困難です。

100円で仕入れたお菓子を1100円で売って1000円の利益を出すのはほぼ不可能でしょう。

しかし、10000円で仕入れたカメラを11000円で売るのは
そこまで難しい感じがしません
よね。

実際は1000円と言わず2000円くらいの利益は簡単に取れます。

このように、単価が高いことによって、
ほかの商品ジャンルでは得られない高い利益を確保することができます。

しかも家電はみんなが欲しがっているため、
回転率も高く、まさにせどりの花形ジャンルと言えるでしょう。

おもちゃ・ゲーム

こちらも王道ジャンルですね。
需要だけで言えばせどりの中でも一番ではないでしょうか。

TVゲーム、レゴ、フィギュア、トレカ、Nゲージ、などなど。

子供から大人まで、ついでに言えば国内だけじゃなく海外でも大人気です。

ゲームやおもちゃせどりは、誰にでも広くお勧めできる商品ジャンルです。

先ほどの家電せどりは単価が高くて稼げるのは間違いないのですが、
「仕入れ費用」という問題がありました。

10万、20万円では厳しいため、ある程度資金力のある人しか参入できません。

しかしおもちゃせどりは「誰でも参入できる」ジャンルです。

せどりには知識が必要です。

しかしおもちゃはだれでも一度は手にしたことがある身近な商品なので、
ある程度商品知識の下地は誰にでもあります。

好きな人なら自分の好きなおもちゃには大変詳しいでしょう。

その知識を活かしてすぐにでも仕入れができます。

また、その人の資金力に合わせた規模で仕入れができるので、
小規模せどらーや副業せどらー、大規模なパワーせどらーまで誰でも参入できます。

資金力のない人は中古のリサイクルショップやブックオフなどでコツコツ掘り出し物探し。

資金力がそこそこある人は予約転売。

パワーせどらーは数十万円分のレゴを大量に買い占め、寝かせて転売。

このように、資金力や保管スペースに合わせたせどりができるので、
誰でもお勧めできるジャンルです。

健康食品

Amazonの人気カテゴリーがこの健康食品です。

「ドラッグストア」カテゴリーですね。

(昔はヘルビと言うカテゴリーでした)

青汁やダイエットサプリ、そのほか栄養サプリメントなど
主に健康を維持するための食品を扱うカテゴリーです。

こういったサプリメント系は続けて飲む人が多いので、常にリピーター需要があります。

商品が安定して売れると、月々の利益が安定します。

仕入れも比較的簡単なので、
売れる商品が見つかれば長期間安定して利益を出すことが可能です。

商品が軽くて小さめなのもポイントです。

ただし、Amazonで売る場合、公式メーカーから「商標権侵害申し立て」のクレームには注意しなければいけません。

このクレームが入る可能性が一番高いカテゴリー商品です。

クレームを受けるとその商品はAmazonでは販売できなくなります。

仕入れる前に様々なサイトで情報収集をして、
申し立ての実績があるメーカーかどうかを確認する必要があります。

日用品・食料品

先ほどの健康食品同様、一旦仕入れから販売までのルートを確立すると
リピーター需要で安定して売れるジャンルです。

消耗品というのは絶対に需要がなくなりません。

健康食品や日用品などの「絶対に売れ続けるジャンル」を、
扱う商品の中に持っていると非常に経営が安定します。

仕入れも簡単です。

ドラッグストアでもドンキでもスーパーでも売っています。

Amazonでの価格差を取れる商品は意外とあるんですよ。

需要が絶対にあるので、売れ残るリスクが低い点も有能です。

半面、1個1個の単価は低く、薄利多売になってしまうので、「仕入れて売る」までのルートを作るのに最初苦労するでしょう。

ブランド品

需要も単価も利益率も高いと言えばブランド品です。

世界中で人気ですが、特に日本人はブランド物が大好きです。

比較的安く仕入れができる場所も多く
うまく仕入れればかなり高く価格差が取れるでしょう。

一攫千金、という言葉がぴったりの商品ジャンルです。

ただし、ルイヴィトンやブルガリなどのハイブランド品を扱う場合、
偽物やコピー品を仕入れてしまうリスクがあります。

安く仕入れようとすればするほどそのリスクが高くなります。
Amazonで売るのも非常にハードルが高く、あまりお勧めできません。

じゃあ何がおすすめかというと、ハイブランドまでいかないブランド品をお勧めします。

  • ポールスミス
  • NIKE
  • ルナソル(化粧品)
  • アクセサリーブランド
  • チャンピオン

などなど。

これらはハイブランドではないものの、人気の一流ブランドです。

ハイブランドよりは偽物を仕入れるリスクは低くなります。
(ただしゼロではありません)

しかも需要が高いので安定して売れるジャンルでしょう。

せどり初心者はこれらのジャンルから始めてみてはいかがでしょうか。

どれもノウハウも沢山出回っていて、稼ぎやすいジャンルですよ。

今回はお勧めの商品ジャンルを紹介しました。

後編ではお勧めの商品の特徴やお勧めの仕入れ先などを紹介します。

転売(せどり)の王道!おすすめの儲かる商品とおすすめな仕入れ先を公開 後編
前回の記事ではお勧めする商品のジャンルを紹介しました。 今回はお勧めの商品の特徴や、お勧めの仕入れ先を紹介します。 お勧めする商...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする