在庫管理システム・e店舗マネージャーの機能や料金・導入事例を徹底調査!

e店舗マネージャーは複数のショッピングモールに出店している商品の
在庫管理や商品登録を一つの管理画面で一元管理できるシステムです。

e店舗マネージャーがあればAmazonや楽天市場、ヤフオクといった
複数のサイトで商品を販売していても簡単に管理が行えます。

複数店舗にログインして管理する工数が大幅に削減されますので、
これからネット販売を始めて、複数モールに展開しようと考えている方におすすめです。

自社ECサイトが作れる機能にも高い定評があるため、
自社サイト+Amazonや楽天にも出店したいという方にお勧めできるサイトです。

もちろんこの自社サイトと各モールの商品在庫を連動させて一元管理もできます。

今回はそんな複数店舗を持つ出店者に最適な管理システム、
e店舗マネージャーの機能や料金、導入した人の声を徹底調査しました。

e店舗マネージャーとは

e店舗マネージャーは本来各サイトで個別に行う商品管理に関するすべての作業を
e店舗マネージャーのサイト1つで完結させることができるシステムです。

例えば商品をネット販売する場合以下の作業が発生します。

  • 在庫管理
  • 商品登録
  • 受注・顧客管理

当然これらの作業は
AmazonならAmazonのセラーセントラル、
楽天なら楽天の出店者管理画面と、
商品一つに対して複数の店舗で登録作業や在庫管理作業をする必要があります

ところがe店舗マネージャーがあればこの作業が1回で済んでしまうんです。

例えば商品登録。

e店舗マネージャーの管理画面で商品登録をすれば同時にAmazonや楽天、
Yahoo!ショッピングやe店舗マネージャーで作った自社ECサイトに同時に掲載
されます。

次に受注管理。

お客様からの注文が入ったらどこからの注文でも
e店舗マネージャーの管理画面ですべての作業が済んでしまいますし、
メールのやり取りも在庫管理も一元化できます。

結果作業時間は大幅に削減され、管理がシンプルになることでミスも減るため、
お店側にとっては良い事づくめです。

Amazonや楽天といった複数のモールで販売していても、
まるで一つの自分のお店かのように管理することができるんです。

そのほかにも高機能でカスタマイズが豊富な自社サイトを構築できる機能もあり、
これからネットショップを始めようと思っている方にも便利なサイトです。

e店舗マネージャーの主な機能

e店舗マネージャーの主な機能を解説します。

本店ECサイト構築機能

e店舗マネージャーの特徴の中でも特に特徴的なのがこの本店構築機能です。

他の管理システムと比べて非常に高いクオリティの自社サイト(ECサイト)が構築できます。

どれだけ集客しても本店サイトがシンプル過ぎたりすると、
なかなか信頼やイメージにつながらず販売率が上がりません。

e店舗マネージャーは豊富なテンプレートや機能によって、
プロに頼むのと同等かそれ以上のクオリティの本店サイトを
比較的簡単に構築
することができます。

付帯している機能も充実していますね。

特にネットショッピングで必須のクレジット代行決済が付けられる点は大きなメリットです。(料金は月額5000円+決済時手数料3.4%)

商品登録連動機能

商品登録機能もe店舗マネージャーにお任せです。

e店舗マネージャーの管理画面にて商品を登録して、
利用中のモールにチェックを入れて送信するだけですべてのモールに一括で商品登録が可能

今まで「商品登録作業×店舗数」とかかっていた面倒で時間のかかる作業が1回で済みます。

もちろん個別に編集することも可能で、
Amazonと楽天で商品名を変えたりするなどで個別戦略を練ることも可能です。

在庫連動機能

例えばAmazonで1個商品が売れたら他のモールの在庫も自動的に減るという、
ほかの管理システムでも珍しくない在庫連動機能。

ですが、e店舗マネージャーはその更新間隔が非常に速いです。

1分という短い間隔で在庫数が更新されるため、
タイムラグが少なく、在庫切れ注文をほぼ完全に防げます。

お客様にキャンセルで不快な思いをさせたり、
パフォーマンスを落とすことなく販売に集中できますね。

受注・顧客管理

複数店舗で受けた注文もe店舗マネージャーの管理画面一つで一元管理できます。

注文のとりまとめ、一括表示はもちろん店舗別表示や
顧客ごとにテンプレートを変えたメール送信、ブラックリスト客の拒否まで行えます。

配送情報を一括で取り込んでCVSエクスポートもOK。

納品書や請求書、受注伝票に領収書の出力機能も付帯。

e店舗マネージャーを導入するとまるでAmazonも楽天市場もYahoo!ショッピングも
すべて自分の1つのお店かのように管理できます。

対応モールとカート

e店舗マネージャーは2019年2月現在7つのモールに対応しています。

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Wowma!
  • Amazon
  • Qoo10
  • ポンパレモール
  • e店舗マネージャー自社サイト

他の管理ソフトに比べると決して豊富とまでは言えませんが、
日本4大モールは利用できるため特に支障はないでしょう。

e店舗マネージャーの料金

e店舗マネージャーの料金は4つのプランに分かれています。

GOLDタイプ

GOLDタイプは基本となるプランです。

1年契約で本店サイト+7つの対応モールに無制限で出店できるプランです。

1年契約ですが、料金は毎月支払います。

後述するbasicプランと似ていますが、GOLDプランは初期費用が掛からず、
さらに自社サイト構築機能が料金に含まれています。

自社サイト+2店舗以上のモール販売する場合はこのプランがおすすめです。

specialタイプ

Specialタイプは長期契約の一括払いプランです。

初回に支払う額は大きくなりますが、一括で支払う分大幅に割引されます。

5年契約の一括払いだと
1年契約の月額払い(GOLDプラン)に比べ支払う総額は40%安くなります。

例えば、GOLDプラン定額100は月々で5年払うと総計1200000円かかりますが、
最初から5年契約の一括払いにすると720000円で済みます。

Mystoreタイプ

「モールとは連動しない。自社サイトだけ構築したい!」

こういう方にはMystoreタイプです。

e店舗マネージャーの高性能な自社サイト構築機能を使って、
自分のECサイトが構築できます。

料金もほかのプランの半額以下で月々8000円からと非常にお得です。

Basicタイプ

Basicは

「自社サイトはいらない。モールだけ利用したい」

「7つもいらない。Amazon+楽天市場の2つだけでいい」

という小規模展開の方に向けたプランです。

利用したいモール数に応じて料金がかかるようになっています。

例えば自社サイトを作らず、Amazonと楽天の2つだけなら月9000円と、
GOLDプランの半額以下で利用できます。

また、単月契約なので、
使わなくなったら即契約を終了することができるので気楽に利用できます。

ただし初期費用が掛かってくるので、あまりに短期で契約解除をすると損をします。

よほど限定された状況でない限りはGOLDプランの方がいいでしょう。

自分の希望する出店スタイルに合わせてプランを選択しましょう。

導入事例とレビュー

最後にe店舗マネージャーを実際に導入してみたショップのレビューを紹介します。

海外Amazon含め多数のモール展開を一括管理!

G作戦様はガンダムグッズの専門店として、複数モールと自社サイトを運営しています。

海外Amazonも含め展開しているため、e店舗マネージャーの管理システムで
自社サイトと全てのモールやサイトを在庫連動させて一括管理し、運営。

これだけ多方面に展開していても
e店舗マネージャーの管理システムがあれば簡単に管理ができます。

https://www.g-sakusen.com

実店舗の在庫と紐づけてネットショップの在庫を同時管理!

Jalana様は上野アメ横にて3店舗の実店舗を展開していますが、
Web通販でも自社サイトを中心に複数のショッピングモールに展開中。

そのため、実店舗用のポスレジシステム(販売情報管理システム)に
e店舗マネージャーのWeb在庫管理を連携させて効率的に管理を行っています。

https://www.jalana-web.com/

まとめ

e店舗マネージャーは1つの管理画面で、
複数のネットショップや自社サイトの注文受注や在庫を管理できるシステムです。

特に自社サイト構築機能に優れており、
自分のECサイト+Amazonや楽天市場に出店したいと考えている方に最適です。

料金もシンプルでわかりやすいので、
これからネットショップで商品を販売していきたいという初心者の方にもおすすめです。

お試しで1ヵ月は利用料が無料になっていますので、
気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする