Amazonキャッシュレス・消費者還元事業者登録と5大重要ポイント

Amazonは、2019年10月から実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」に

「キャッシュレス加盟店管理事業者」として登録されました。

これにより、中小・小規模事業者がAmazon消費者還元事業に登録すると、

出品している商品に5%還元のタグが表示され、キャッシュレス決済した場合に

商品を5%引きで購入できます

この記事では、Amazon消費者還元事業への登録方法や

登録するメリットなどについて詳しく説明します。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

引用元:http://cashless.go.jp/

キャッシュレス・消費者還元事業

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、国が進めている事業です。

2019年10月1日からの消費税率アップに伴い、指定された支払い方法で

キャッシュレス決済した場合に、2%又は5%のポイント還元を受けられる制度です。

仮に5%のポイント還元を受けた場合には、消費税率がアップしても

実質的な購入金額は安くなることになります。

「キャッシュレス・消費者還元事業」でポイントが還元される期間は

2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間となっています。

また、キャッシュレス決済に利用するクレジットカードや電子マネーなど、

決済方法によって1ヶ月当たり還元されるポイントの上限が決まっています

一例としては、クレジットカードで決済した場合には、1枚のカード当たり

1ヶ月当たり15,000ポイントまでが還元される上限となっています。

つまり、クレジットカード1枚当たり、月30万円の利用額が

ポイント還元される上限となります。

※上限は利用するカード会社によって異なる場合もあります。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象は?

引用元:http://cashless.go.jp/franchise/index.html

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となるのは、

法人企業と個人事業主となります。

ただし、個人事業主の場合には、税務署に

個人事業主登録している事業者のみが対象となります。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象については、

以下のページで詳しく説明しています。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる中小・小規模事業者

もし、個人事業主登録していない場合には、

この機会に個人事業主の登録を検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス・消費者還元事業の還元率は?

引用元:http://cashless.go.jp/providers/index.html

キャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元率は

登録する事業者の形態によって変わってきます。

フランチャイズの中小・小規模店舗などのポイント還元率は2%となります。

しかし、フランチャイズの中小・小規模店舗などは

Amazonではポイント還元の対象外となります。

つまり、実質的にAmazonでは2%のポイント還元は存在しないことになります。

ネットショップなど、一般の中小・小規模事業者のポイント還元率は5%となります。

Amazonや楽天、ヤフーショップなどでも5%のポイント還元を受ける事ができます。

Amazon消費者還元事業のポイントその1

法人企業と個人事業主がAmazon消費者還元事業に登録すると、

2019年10月1日からは対象となる商品に5%還元のタグが表示されます。

Amazonでは5%が即時還元される

Amazonでは対象商品を購入することにより、5%が即時還元されます。

例えば、5%還元のタグが表示されている1,000円の商品を

キャッシュレス決済で購入した場合には、

購入者が実際に支払う金額は950円となります。

還元額の50円はAmazonが一時負担するため、

出品者の販売価格が安くなることはありません。

Amazonが一時負担した還元額は、後日国へ補助金申請されます。

つまり、購入者に商品価格の5%が還元されても出品者の負担はありません

Amazon消費者還元事業に登録するメリット

Amazon消費者還元事業に登録すると、

対象となる出品商品に5%還元のタグが表示されます。

Amazon消費者還元事業に登録していない、

出品者の商品には5%還元のタグは表示されません。

そのため、5%還元のタグが表示されている商品は購入時にオトク感があり、

出品している商品が売れやすくなる可能性があります。

Amazon消費者還元事業のポイントその2

Amazonで同じ商品の出品者が複数存在する場合、

Amazon消費者還元事業に登録している出品者の商品には、

5%還元のタグが表示されます。

もし自分がAmazon消費者還元事業に登録していない場合には

他の出品者と同じ商品を出品中の場合でも、

5%還元のタグが表示されません。

つまり、Amazon消費者還元事業に登録していなければ、

自分が出品している商品が売れにくくなってしまう可能性があります。

Amazon消費者還元事業のポイントその3

国は、キャッシュレス・消費者還元事業に2,798億円もの予算を組んでいます。

この中には、ポイント還元だけでなく、中小・小規模事業者への1/3の

決済手数料補助や端末導入などもあります。

引用元:http://cashless.go.jp/franchise/index.html

消費者還元事業の対象キャッシュレス決済方法

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる

キャッシュレス決済方法は以下の通りです。

  • Visaカード
  • Masterカード
  • JCBカード
  • アメリカンエクスプレスカード
  • ダイナースクラブカード
  • Amazonポイント
  • Amazonギフト券
  • パートナーポイント(JCBのOki Dokiポイント)

Amazon消費者還元事業のポイントその4

引用元:https://services.amazon.co.jp/resources/cashless.html

Amazonキャッシュレス・消費者還元事業への登録は無料で可能です。

登録に必要な時間も5分程度です。

Amazonキャッシュレス・消費者還元事業登録ページ

ここまで説明した通り、Amazon消費者還元事業に登録していなければ、

5%の還元を受ける事ができません。

もし、自分がAmazon消費者還元事業に登録していない場合には、

同じ商品の出品者が複数存在した場合、5%還元のタグが表示されないため、

自分が出品している商品は割高に感じられる可能性があります。

つまり、出品中の商品が売れにくくなる可能性があります。

Amazon消費者還元事業のポイントその5

キャッシュレス・消費者還元事業でポイント還元される期間は

2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間となっています。

Amazon消費者還元事業に登録申込みをすると、国の執行団体による審査があります。

審査が完了すると、加盟店IDが発行されます。

実際に還元されるのは、加盟店IDが発行されてから30日後が目安となっています。

Amazon消費者還元事業への登録申込みは既に始まっています。

今後、個人事業主などからの登録申込みが殺到すると予想されます。

その場合には、消費者還元事業が開始される2019年10月1日に

間に合わなくなる可能性があります。

出来るだけ早めに申込みすることをおすすめします。

まとめ

ここまで、Amazonキャッシュレス・消費者還元事業について詳しく説明してきました。

キャッシュレス・消費者還元事業についてまとめると、以下のようになります。

  • 5%還元を受けるためには、消費者還元事業に登録する必要がある
  • 消費者還元事業は2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間

  • 消費者還元事業登録は国の執行団体による審査があり、審査には時間がかかる

  • 登録申込みが増える可能性が高く、これまでより審査期間が長くなる可能性がある

  • 2019年10月1日以降、消費者還元事業に登録していないと、商品が売れにくくなる可能性がある

Amazonでの機会損失を防ぐためにも、法人や個人事業主として

せどりをしている人は、今すぐ消費者還元事業に登録するようにしましょう。