Amazonで返品された時に損しない方法【3つのパターンを解説!】

Amazonで返品された時に損しない方法【3つのパターンを解説!】

Amazonは「地球上で最もお客様を大切にする企業」を目指しています。 素晴らしい理念ですが、出品者にとっては辛い時もありますね。 それが「返品」です。 Amazonが商品発送から顧客対応まで全て引き受けるFBAというサービスは、料金は高めですが手間がはぶけてありがたいシステムです。 ...

不用品販売で稼ぐための完全解説マニュアル

不用品販売で稼ぐための完全解説マニュアル

「衣替えをしたら、もう着ることのない洋服がたくさん出てきた」 「押し入れを整理すると、いらない物で部屋が占領されてしまった」 そんな経験はきっと誰にもありますね。 そういった不用品はリサイクルショップへ出すのも良いですが、ほとんどは二束三文でしか引き取ってもらえません。 しかし少しの...

再販価格維持制度とは?Amazonで本・雑誌・CD・DVDの価格設定はどうするべき?

再販価格維持制度とは?Amazonで本・雑誌・CD・DVDの価格設定はどうするべき?

「新品の本や雑誌、音楽CD等は自由に価格設定することが許されていません」 って、ご存知でしたか? 「当然知ってる」「いや、知らなかった」「聞いたことはある」 いろんな方がいらっしゃると思いますが... 再販価格維持制度について正確に把握することはAmazonに出品する上で非常に重要です。...

転売(せどり)の王道!おすすめの儲かる商品とおすすめな仕入れ先を公開 後編

転売(せどり)の王道!おすすめの儲かる商品とおすすめな仕入れ先を公開 後編

前回の記事ではお勧めする商品のジャンルを紹介しました。 今回はお勧めの商品の特徴や、お勧めの仕入れ先を紹介します。 お勧めする商品の特徴 基本的にどんな商品でもせどりは可能ですが、 中には「特にお勧めできる商品の特徴」というものがあります。 ここではそんな「せどりでお勧めでき...

転売(せどり)の王道!おすすめの儲かる商品とおすすめな仕入れ先を公開 前編

転売(せどり)の王道!おすすめの儲かる商品とおすすめな仕入れ先を公開 前編

「転売を始めたいけど何から仕入れたらいいかわからない」 おそらく初心者せどらーのほとんどがこういった悩みを抱えているはずです。 1つでも得意なジャンルを作ってしまえばそこからは早いんですが、 みなさんファーストステップで悩まれているようです。 中には最初の仕入れで失敗し、資金的にも...

ヤフーショッピング無在庫転売で稼ぐ手順や、メリットとデメリットを徹底解説

ヤフーショッピング無在庫転売で稼ぐ手順や、メリットとデメリットを徹底解説

メルカリをはじめとするフリマアプリや、Amazon、楽天、ヤフーなどのショッピングサイトは無在庫転売への規制が厳しくなっていますね。 それでもやはり、やりたい人が後をたたない無在庫転売。 資金が無くても始められてノーリスクで、やり方さえ間違わなければちゃんと稼げるビジネスなんてそうそうあ...

ヤフーショッピング無在庫転売ツールまとめ比較

ヤフーショッピング無在庫転売ツールまとめ比較

無在庫転売というとAmazonやヤフオク、メルカリなどを連想する方が多いと思いますが、ヤフーショッピングが穴場ということをご存知でしょうか? なぜなら、ヤフーショッピングは 登録料無料 利用料無料 売上ロイヤリティ無料 だからです。 例えばAmazonだと「月額利用料4...

メルカリ無在庫転売で稼ぐ手順とメリット、デメリットを徹底解説

メルカリ無在庫転売で稼ぐ手順とメリット、デメリットを徹底解説

無在庫で転売するのと在庫を持って転売するのと、どちらの方が儲かるかというとやはり在庫を持った方が儲かります。 その大きな理由は、無在庫だと売れる商品を見つけても在庫を確保できないので、売り上げを積み上げるのが難しいからです。 しかし資金が無くても始められる無在庫転売は、せどり初心者や資金...

メルカリ無在庫転売ツールまとめ比較

メルカリ無在庫転売ツールまとめ比較

在庫を持たずに商品が売れてから仕入れを行う無在庫転売は、販売の中でも非常にリスクの少ないビジネススタイルだと言えます。 さらにメルカリはフリマでは最も大きな市場で、売れるスピードも他のフリマアプリと比べてケタ違いに早いのが特徴ですね。 さて、無在庫転売にはかかせないのが出品などのツールですが...

Black Catはラクマ自動出品で稼げるツールか徹底検証!機能やユーザーの声も紹介

Black Catはラクマ自動出品で稼げるツールか徹底検証!機能やユーザーの声も紹介

※追記(2018年11月1日) BlackCatはフリマアプリ規制の影響により、新規申し込みを一時停止することになってしまったようです。 2017年、ついにネットオークション市場を上回ったフリマ市場。 市場規模はなんと5000億円にものぼります。 そんな中、旧フリルとラクマが統合...