せどり初級編!基本的なやり方と注意点を解説

前回の記事でせどりのメリットやデメリットを解説しました。

せどりとは せどりの初歩的な知識とメリットデメリットを解説
昨今の副業ブーム。 その中において非常に人気が高いのがせどりです。 本屋に行けばせどりに関する書籍が並び、 ネットでせどりを検索すれ...

今回はせどりのやり方と注意点の解説です。

せどりのやり方と手順

今回はせどりの基本的なやり方と手順を紹介します。

実際はもっと覚えることが沢山ありますが、一度に解説しても頭の中に入りきらないですし、
詰め込んだらせどりが難しく感じてしまい、始める前に嫌になってしまうかもしれません。

簡単に説明するとせどりの手順は以下の順番です。

  1. 商品を探す(リサーチ)
  2. 利益が出るか確認
  3. 仕入れる
  4. 販売する
  5. 発送する

単純に言えばたった5つの手順で利益を出す事ができます。

これらをさらに詳しく解説していきましょう。

1.商品を探す(リサーチ)

まずは商品を探さないといけません。

これに関しては前回の記事で紹介したように実店舗でもネットでも構いません。

例えば、リサイクルショップ仕入れではショッピング感覚で楽しみながら商品を仕入れることができます。

また、基本的には差益を取りやすい、利益率の高いせどり方法なので損もしにくいです。

探し方ですが、誰でもきっと趣味とか詳しいジャンルというものがあるはずです。

  • おもちゃが好き
  • 服が好き
  • カメラが好き
  • 楽器が好き
  • 家電が好き
  • CDが好き

まずはこういった自分が好きなコーナーに行ってみましょう。

自分が好きなコーナーに行けば、大体の商品価値ってわかりますよね

「あれは高い」
「これは安い」

中でもそのジャンルが好きなあなたが「安いっ!」と
びっくりしてしまうような商品があるはずです。

そういった商品をまず手に取ります。
これが基本的な商品の探し方です。

実店舗でなくても探し方は一緒です。

慣れないうちは自分の得意なジャンルの商品を探し、
「安いっ!」と思った商品をまずは手に取りましょう。

2.利益が出るか確認

次にその商品が本当に利益が出るのかどうか確認します。

というのも、あなたが安いと思っても世の中の人はそう思っていないかもしれません。

この感覚がずれていると、
実際に売りに出しても思うように利益を得られない場合があるのです。

まずは状態の確認

特に中古の場合は付属品や汚れ、破損が無いか確認しましょう。

状態に問題が無ければ次は相場を確認します。
その商品がネット上いくらで取引されているか調べます。

相場の確認は通常は「モノレート」というサイトで確認します。

モノレートはAmazonで過去にその商品がどのくらい売れたとか、
いくらで売れたといった情報を表示してくれる、せどりには欠かせないサイトです。

ただし、見かたに慣れやコツが必要で最初はグラフを見ても何だかわからないでしょう。

モノレートにはいずれ慣れていくとして、まずは簡単な相場確認方法を教えます。
それは「メルカリ」と「ヤフオク」です。

メルカリは仕入れたい商品の名前を打ち込んで
「売り切れのみ表示」をすると売れた商品のみを表示してくれます。

ヤフオクでは「落札相場を調べる」をクリックすれば
過去その商品がどのくらいで落札されているのかが一覧で表示されます。

この方法だと知識もほとんどいらず、簡単に実際売れている価格を調べることができます

最初のうち、中古せどりならこの方法でも利益を出すこと自体は難しくないでしょう。

たとえばリサイクルショップで有名メーカーのギターを10000円で見かけたとします。
ヤフオクやメルカリを見ると大体18000円くらいで落札されているとします。

大体のサイトでは売れた時に手数料が10%、場合によってはさらに送料がかかります
それを加味して計算すると…

18000円(販売価格)-1800円(販売手数料)-10000円(仕入れ値)

で粗利は6200円です。

もしメルカリで送料が出品者負担だったとしても
メルカリ便160サイズ(一番大きいサイズ)を利用した送料は
1500円なので4700円利益が出ますね。

以上の計算からそのギターは仕入れても大丈夫そうです。

と、このように商品をリサーチして利益が出るかどうか確認して仕入れます。

ただしこの方法はあくまで大体のざっくりとした相場の調べ方です。

実際せどりで利益を出しやすいのはAmazonで、AmazonにはAmazonの相場があります。
そのAmazonの相場を詳しく解析してくれるのがモノレートです。

せどりでしっかり稼ぐなら絶対にモノレートとAmazonは必要不可欠です。

ですが、まずはメルカリやヤフオクに出してみてせどりの
「物が売れる感覚」を掴むのもいいと思います。

もちろんいきなりAmazonからでも構いません。

いずれ必要になるのは間違いないので、
最初ちょっとだけ頑張ってAmazonの使い方を最初に覚えてしまうのもお勧めです。

3.仕入れる

利益が出ることが分かったら買いましょう。

買う際はクレジットカードで買うとポイントが貯まりますし、
現金を持ち歩かなくていいので便利ですよ。

本格的にせどりを始めたらせどり専用のクレジットカードを作りましょう。

仕入れて家に持ち帰ったら再度商品の検品です。

4.販売する

いよいよ販売です。

本来きちんと利益を上げるにはAmazonで販売するのが一番ですが、
Amazonは出品のハードルが若干高いのでまずはメルカリやヤフオクでかまいません。

とにかく「物が売れる」ということを実感するのが最初です。

写真を撮ったり商品説明を考えたりしてまずはいくつか売ってみましょう。

Amazonほど高く売れないかもしれませんが、
利益率の高い中古せどりなら損をすることはないはずです。

値段はリサーチの時に売れた価格に合わせましょう。
高くしても売れませんし、安くすると利益が出なくなります。

特にメルカリは送料込みが基本なのでヤフオクよりも高く設定しておいてください。

くどいようですがそれでも最終的にはAmazonに移行する必要があります。

なんだかんだ言っても一番高く、一番たくさん買われているのはAmazonです。

5.発送する

商品が売れたら発送します。

中の商品が壊れたり傷付いたりしないよう
プチプチでくるんで段ボール箱に入れてください。

ヤフオクやメルカリならヤフネコパックやメルカリ便を利用することで
コンビニやヤマトから簡単に発送ができます。

Amazonの場合はFBAというシステムを使ってすべての商品をAmazonの倉庫に発送し、
そこから自動的に発送してもらうことが可能です。

この辺も最初はややこしいのでここでの説明は割愛します。

Amazonは「最初の登録が少し難しいけど、高く売れる上に配送はお任せできて簡単」
とざっくり思っておいてもらえばいいでしょう。

せどりの注意点

最後にせどりを行う上での注意点です。

もちろんこの注意点も無数にありますが、
特に初心者が最初に気を付ける点を解説します。

  • いきなり多く仕入れない
  • ちゃんとノウハウを覚える
  • 出品禁止物に気を付ける
  • 評価に気を配る

せどりでいくつか仕入れて売れるようになると
次のタイミングでドカンと仕入れる人がいます。

慣れていない時点での大量仕入れは非常に危険なので注意しましょう。

このタイミングでの大量仕入れで当てが外れて商品が売れない状況になったとします。
すると資金が回収できなくなり、クレジットの支払いができなくなるのです。

まずは少量、数種類ずつ仕入れていき、感覚や知識を磨きましょう。

次に、せどりは独学ではなくちゃんと学ぶのがおすすめです。

というのも、せどりは「知識量=利益」のビジネスです。

知識があればあるほど稼ぎやすくなります。
それを一から自分で経験しようとすると何年もかかります。

だったらすでにせどりで成功している人の知識を分けてもらったり、
サポートしてもらってそのノウハウを1日でも早く、多く吸収していく方がいいでしょう。

そうすることで収入は独学の何倍ものスピードで増えていきます。

確かに自分でやってみて失敗しないといけない場面もあります。
ですがしなくていい失敗は単なる時間の浪費でしかありません。

そういった失敗を先人の知恵で回避することも重要です。

書籍でも知り合いでもネット上の信用できるブロガーでも構いません。
独学ではなく正しい知識をテクニックとしてきちんと学びましょう。

一番の近道は、多少の投資をしてでも実際に稼いでいる人から直接指導をしてもらうことです。

次に出品禁止物です。

Amazonやヤフオク、メルカリすべてに出品禁止物があります。

これらを把握せずに出品してしまうと
アカウント停止や退会処分などのペナルティを受けることになります。

特にAmazonでアカウント停止を受けるとせどりでは致命的になります。

メルカリやヤフオクでも代用できますが、
利益を出すことが難しくなり、副業以上の稼ぎは見込めなくなります。

出品禁止物はサイトによっても違いますが、例えば以下のようなものです。

  • 現金
  • 金券類
  • 公序良俗違反するもの
  • 危険物
  • チケット類
  • 制服などの古着

現金や危険物を出す人はいないかもしれませんが、意外と知られていないのが金券類。

ギフトカードやituneカードなどもすべて金券類です。

また、古着はOKですが、制服などの一部衣服は販売できません。
公序良俗に反するためです。

そのほかにも出品する際の規約やルール、マナーなどもありますので
出品前にガイドをよく読んで規約に抵触しないようにしましょう。

最後は評価です。

Amazonヤフオク、メルカリすべてにこの評価システムがあります。

評価はその人と取引した結果の満足度を取引相手がつけるもので、
利用者全員誰でも見ることができます。

通常この評価を確認してからその人の商品を買うか、その人に商品を売るか判断します。
つまり評価が低いと商品を購入してもらいにくくなるんです。

この評価は通常問題なく取引が終われば「良い」になるはずです。
(ただしAmazonの場合は評価されないことも多い)

しかし

  • 言葉遣いが悪い
  • 対応が悪い
  • 梱包が雑
  • 商品説明に嘘があった

などの理由によって「悪い」評価を受ける可能性があります。

ヤフオクなどの場合、最初の取引で悪いを受けるとその後ずっと取引がしにくくなってしまいます。

Amazonの場合は、悪い評価をもらったとしても削除可能な場合もあります。

取引の際は一人一人きちんと対応して悪い評価をもらわないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

せどりは安いところから仕入れて高く売れるところで売るビジネスです。

文字にすれば簡単ですが、せどりを極めようとすれば数千文字では伝えることができません。

それだけ奥の深いビジネスです。

敷居は低く、奥は深い。

そのため誰でも簡単に始めることができ
稼ぎたい人はどこまでも稼げるというビジネスです。

しっかり稼げる現実的な副業を探している人
いずれ自分で独立して稼いでみたいという方はせどりをやってみませんか?

初期投資もリスクも低いので、自分に合わないと思ったら次の日にでも辞めればいいのです。

ここまで手軽に始められるビジネスというのはまずありません。

せどりに興味がわいた方、まずは自分の身近にある商品ジャンルで1個仕入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする