中古せどらー必見!ヤフオクで商品を安く大量に仕入れる方法を解説

中古せどらーにとって常に悩みの種になるのが「仕入れる商品が見つからない」事でしょう。

お宝中古は常に一点もの。

リサイクルショップやネットをいくら探しても何も見つからない日もありますよね。

ですがそんな日が何日も続いたら稼げません。

そんな時はヤフオクを利用しましょう。

中古市場と言えばヤフオク。

ヤフオクでは毎日様々な商品が出品されています。

同じ中古を探すならメルカリでもいいんですが、
ヤフオクにはメルカリにはない「オークション形式」「自動入札」という特徴があり、
多数の掘り出し物を仕入れるに便利なんです。

今回そんなヤフオクで自分の得意ジャンルの掘り出し物を
効率的にリサーチして仕入れる方法を解説します。

「今までヤフオクを利用したことが無い」
「オークションって複雑そう」

そんな方は是非参考にしてみてくださいね。

ヤフオクの特徴、使い方

現在メルカリなどのフリマアプリに押されてはいますが、
それでも日本最大級のオークションサイトであることは変わりません。

その特徴はオークション形式であること。

オークションとは、商品に対して複数のユーザーが現在価格より高値を入札していき、
最終的に一番高い価格で入札した方が落札できるシステムです。

1円スタートの商品もヤフオクならではですね。

流石に1円で落とせることは滅多にありませんが、
それでも思ったほど高値にならずに落札できることも多いです。

最近では「フリマ形式」というメルカリのような出品システムも追加されました。

オークションで格安を狙うもよし、
フリマ形式で掘り出し物をライバルよりも先に落とすもよし。

柔軟な使い方ができるようになりました。

ヤフオクは入札する場合は月額費はかかりません。

アカウントを作成すれば誰でも入札することができます。

欲しい商品を見つけたら右にある「入札」から好きな金額を入れて入札するだけです。

例えばこの商品は1000円で、1人入札が入っています。

この商品を落札するためには1000円以上出す必要があります。

このとき入札する金額は1100円でも構いませんし、
一気に3000円や10000円で入札しても構いません

10000円まで入札しても10000円で落札するわけじゃありません。

ヤフオクでは入札した予算まで自動的に価格を競ってくれる
「自動入札システム」になっています。

10000円で入札してもこの後誰も入札してこなかったら、1100円で落札できます。

つまり自分の予算をあらかじめ設定できるのです。
この機能は後で大活躍しますので覚えておいてください。

なお、ヤフオクはメルカリと違って基本送料は落札者負担なので注意しましょう。

ぎりぎり利益が出ると思って仕入れたら送料で赤字になった、と
ならないようにしてください。

メリット

ヤフオクを使うメリットは以下の通りです。

  • 商品数が多い
  • 意外と安く落とせる場合がある
  • Amazonやメルカリとは利用層が異なる

ヤフオクではアパレルやおもちゃなどはもちろん、
不動産や情報商材、アダルトまで揃っています。

つまり「なんでも」売っています。

商品ジャンルも商品数も豊富で、仕入れのチャンスは無限です。
さすがに不動産を仕入れるわけにはいきませんが、
アダルト(特にPCゲーム)なんかは他の仕入れ先も限られているので意外とねらい目です。

次のメリットはヤフオクならではのメリットです。

ヤフオクでは1円スタートの商品がたくさん出品されています。

出品者側も当然ある程度の価格になるはずの人気のアイテムを出品しているので、
通常はそこそこの価格まで上がります。

しかしその一方、結構な頻度で「思ったよりも高くならなかった」
言う商品もたくさんあります。

そういった商品を仕入れることができればほかで利益が出そうです。

最後は利用者層の違いです。

ヤフオクはAmazonともメルカリとも利用者層が違います。

そのため、メルカリで人気のあるものがヤフオクでは人気がなかったり、
Amazonで人気のあるものがヤフオクでは安く売られていたりします。

例えばメルカリではアパレル系は人気ですが、
ヤフオクではアパレル系はそこまで高値になりません。

ヤフオクで安くブランド物を仕入れてメルカリで売る

このような差益の取り方が可能です。

デメリット

ヤフオクのデメリットは以下の通りです。

  • すぐには買えない
  • 状態が確認できない
  • 確実に落とせるとは限らない

フリマ形式と言うすぐに買える商品もありますが、
掘り出し物を探すならやはり1円スタートのオークション形式の商品を狙います。

しかしこういった商品は即決価格で購入しない限り
オークション終了時刻まで待つ必要があります。
(即決価格はたいてい安くないです)

最長で1週間後の落札、という場合も多いです。

早めに仕入れて売り切りたい商品の仕入れには向きません。

終了時刻がバラバラなので余りあちこちの商品を
入札していると資金の管理がごちゃごちゃになります。

次のデメリットは状態を確認できないことです。

オークションはほとんどが一般の出品者です。

ショップの中古品以上に商品に対する感じ方がバラバラです。
それでも商品説明と写真を頼りに仕入れるしかありません。

中には状態が悪い物を美品と称して出品している詐欺まがいの人もいます。

そのため、中には割に合わない金額で仕入れてしまう事もあるでしょう。

これを避けるためにはきちんと出品者の評価を確認するとか、
気になることは質問するといった自衛策が必要です。

最後は確実に買えるとは限らないことです。

確実に買うには誰よりも高値で入札する必要があり、
そんな仕入れ方しても絶対に利益なんて出ませんよね。

オークション形式である以上、安定仕入れというわけにはいきません。

ヤフオクでのおすすめ仕入れ方法

まず、ヤフオクはパソコンでの操作がお勧めです。

スマホでもできますが、パソコンのほうが画面も大きく操作しやすいです。

※パソコン画面

※スマホ画面

スマホの場合画面が簡素化されすぎていて情報も商品数も少なく見づらいですね。

外出先で見ているなどの事情が無い限りパソコンでリサーチしましょう。

ヤフオクで商品を仕入れるときは自分の得意分野や過去に売れた商品リストを用意し、
片っ端から1円スタートの商品をリサーチしていきます。

「○○ 1円」
「〇〇 1スタ」

で検索しましょう。

商品が出て来たら「現在価格」を押します。
すると安い順、つまりこの場合1円スタートの商品が表示されます。

試しに今回は「時計 1円」で検索してみましょう。

1円スタートの商品が出てきましたね。

このような1円の商品を見つけたら、
送料を確認したうえで利益の出そうな商品に入札します。

このときちょっとずつ競るのではなく、
初めから予算ギリギリまで入札してしまってください。

2000円で仕入れれば利益が出そうな商品は2000円まで。

1500円以上で仕入れたら赤字になりそうな商品は1500円まで。

これは先ほど解説した自動入札です。

この自動入札を使うことで高値更新のたびにいちいち入札しなおさなくてよくなります。
予算まで勝手に更新してくれますからね。

こうして1円スタートの商品に片っ端から予算ぎりぎりまで入札したら
後は落札終了時刻まで待つだけです。

そのジャンルであらかた入札が終わったら商品リストや
自分の知識を元にどんどん商品をリサーチしてください。

後は終了時刻が来れば予算内で終了したオークション商品は購入できます。

高値更新されてしまった商品は残念ながら購入できません。

ですが高値更新の商品は予算オーバーなので気にしないでください。

こうして予算内で落札できたものだけ取引して仕入れます。

この自動入札を利用した仕入れ方法はせどらーとの相性は抜群です。
通常のユーザーは他の人に高値更新されると熱くなって価格を競ってしまいます。

しかしせどらーはあらかじめ利益の出る価格までというルール
入札をするので判断を間違えることはありません。

一旦入札をすれば後は待つだけです。

フリマアプリのようにすぐに落とせないのがもどかしいかもしれませんが、
逆にいつリサーチしても大丈夫です。

早い物勝ちではありません。

24時間365日チャンスは転がっています。

まとめ

ヤフオクは1円スタートの商品が多数出品されています。

これらの商品はユーザーが競って高値になる可能性がある一方、
意外とユーザーの興味が薄く、思ったほどの価格まで上がらないことも多いです。

そういった可能性のある1円スタートの商品を片っ端から予算まで入札しておき、
落札できたものだけ購入して転売するのです。

多少運の要素は絡んできますが、リサーチ時間もかかりませんし
うまくいけば大量の商品を一気に落札することができます。

仕入れる商品に悩んでいる中古せどらーの方は試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする