徹底解説!マケプレプライムを使用した時の2つのメリット・デメリット

みなさんは「マケプレプライム」をご存知でしょうか。

自己配送する商品にAmazonの信頼の証でもあるあの「prime」マークを付けることができる機能です。

  • 聞いたことはあるけどよくわからない
  • 使ったことが無い

そんな方も多いと思います。

マケプレプライムは使い方の難しいプログラムです。

誰にでもお勧めできる機能ではありません。

ですがうまく使うことによって自己配送商品の売れ行きを飛躍的に伸ばすことができる可能性があります。

本記事はそんなAmazonマケプレプライムについて解説します。

■マケプレプライムとは?FBAと何が違うの?

マケプレプライムは本来primeマークがつかない自己配送の商品にprimeマークを付けられるプログラムです。

それによって例えばFBA納品ができない商品でもprimeマークを付けてAmazonで販売が可能になるのです。

Amazonから出荷される商品には「prime」マークがつきますよね。

知っている方もいるかと思いますが、このprimeマークは「Amazonから出荷されますよ」という意味です。

Amazonから配送される、つまり

  • お急ぎ便で迅速な配送が可能
  • 質の高い梱包や配送サービスが可能
  • 安心して購入できます

といった意味合いが込められています。

Primeマークがついている商品とついていない商品では売れ行きに圧倒的な差が出ます。

検索条件で「prime以外を除外」する人もいますし、単純に「Amazonからじゃないならよくわからなくて不安」と考え、primeマーク以外を買わない人もいます。

primeマークがついているとユーザーに安心感を与え、購入してもらいやすくなります。

primeマークがついている、それだけで販売には有利なのです。

FBAであればAmazonの倉庫から発送されるので、当然「primeマーク」は付きます。

通常FBAへ納入している商品はこのprimeマークの心配はありません。

しかし中にはFBAを利用していない人、もしくは利用しているけどFBAに送れない商品ジャンルも扱っている、という人もいますよね。

このような自己配送の場合はこのprimeマークがつきません。

つまりマケプレは

  • FBAを利用できない自己配送セラーのための機能

というわけです。

取り扱い商品すべてFBAに送っているセラーには全く必要のない機能です。

■マケプレプライムのメリット

マケプレプライムのメリットは以下の2つです。

  • 信用・売れ行きが圧倒的に違う
  • FBAに納品できない商品でも「prime」マークが付けられる

まず何といってもユーザーに与える安心感が違います。

一般のユーザーではprimeマークの細かいところまでは理解していないかもしれませんが、

  • お急ぎ便を使える
  • Amazonからの配送で安心

という点は認識しています。

Amazonのユーザーは配送スピードを気にする人が多いため、お急ぎ便を使えるこのprimeマークがついているだけで売れ行きが圧倒的に違うのです。

primeマークのついている商品は必ず「CVR(ユニットセッション率)」が上がります。
(CVR=注文数÷クリック率)

primeマークを自己配送の商品にも付けられる点は売れ行きに大きな影響を与えます。

通常であればFBAに送ったほうが手間もなくprimeマークを付けられます。

しかし例えば

  • 大型商品
  • 冷凍食品
  • 植物
  • 古銭

といったFBAに送れない商品を多く扱っているせどらーは通常であればどうやってもprimeマークを付ける事ができません。

しかしマケプレプライムを利用することでこのFBAに送れない商品にもprimeマークがつけられるため、売り上げアップが期待できます。

特に冷凍欲品はFBAで扱えないので、primeマークのついていない商品も多く見られます。

これを見ると12個中5個しかprimeマークはついていないですね。

もし冷凍食品にprimeマークがついていれば大きなアピールになると思いませんか?

「自己配送品の大幅な売り上げアップ」

これがマケプレプライムのメリットです。

■マケプレプライムのデメリット

自己配送セラーには一見便利なマケプレプライムですが、デメリットもあります。

  • 参加条件が若干厳しい
  • 商品や配送条件をAmazon基準に準じさせる必要がある

まず参加するための条件が若干厳しいです。

対象商品をマケプレプライムトライアルに登録後、出荷50個で定められた出荷実績パフォーマンスを維持しなくてはなりません。

primeマークは「Amazon品質でお届けしますよ」という意味なので、それが付いた商品は自己配送でも当然Amazon品質に準じた配送や対応をしなければいけません。

それが維持できているかどうかをマケプレプライム参加前に審査されるのです。

トライアルはマケプレプライム登録対象商品の直近50件に対して審査が行われます。

条件は以下の通りです。

  1. 期日内配送率96%以上
  2. 追跡可能率94%以上
  3. 出荷前キャンセル率1%未満

これらのパフォーマンスを維持する必要があります。

期日内配送と追跡可能率は通常であれば特に問題ないパフォーマンスだと思いますが、気を付けたいのが出荷前キャンセル率です。

出荷前キャンセル率1%未満ということは50件の注文で1件キャンセルが発生すると1%。

つまり49件までに1件発生すると1%以上になってしまいます。

けっこう厳しい条件ですね。

もちろんこれでマケプレプライム参加資格が失われるわけではなく、また直近50件に対して審査が行われるだけですので安心してください。

もう一つの条件は配送もAmazon基準に準じさせる必要があるということです。

  1. 日本全国対象地域へのお急ぎ便の提供
  2. 通常配送料無料とプライム会員へのお急ぎ便の無料提供
  3. 追跡可能な配送方法での配送対応
  4. アマゾンポリシーに基づく返品返金対応

つまり13時までの注文でお急ぎ便が選択されたら即日出荷です。
土日は出荷しなくてもよいのですが、そのほかの曜日は必ず即日出荷です。

いつ注文が来るかわからないので休みは取れません。

また、通常会員とプライム会員に対して配送料無料、プライム会員がお急ぎ便を選択した場合の配送料を無料にする必要があります。

つまりほとんどの配送で送料を無料にしなくてはいけないんです。

発送方法もどこでもいいわけじゃなく、アマゾン上で登録可能な追跡可能な配送方法にする必要があります。

そして返品。

返品もAmazon基準で受け付ける、つまりほぼ無条件で返品を了承しなくてはいけません。

このようにマケプレプライムは自己配送商品の全てをアマゾン基準に合わせないといけないというデメリットがあります。

けっこう大きいデメリットなので、参加するかどうかを決める前にこの点には十分注意してください。

■マケプレプライムの参加方法

マケプレプライムに参加するにはまずセラーセントラルの出品サービス一覧からマケプレプライムに登録します。

そこでプライムマークを付けたい商品を選択します。

対象商品を選択するとマケプレプライムトライアルが始まります。

トライアルで先述した規定のパフォーマンスを満たします。

  • 期日内配送率96%以上
  • 追跡可能率94%以上
  • 出荷前キャンセル率1%未満

するとその商品にプライムマークがつくようになります。

手順自体は難しくなく簡単に登録できますが、トライアルをクリアするのと、クリアしてからの対応が本番です。

ただ、このマケプレプライムはいつでも外すことが可能なので、長期休暇やプライムに対応できないときは解除しておきましょう。

■まとめ

マケプレプライムは自己配送でAmazonから出荷されない商品にもAmazon品質の配送を約束する「primeマーク」を付けることができる機能です。

FBAに送れない冷凍食品などの自己配送商品にプライムマークを付けることによって購入率のアップが期待できます。

その反面、自己配送にも関わらず、24時間365日対応で基本配送料無料のAmazon配送品質に準じた対応が必要になります。

メリットもデメリットも大きいのがこのマケプレプライム

基本的にFBAに送れる商品にマケプレプライムを導入するメリットはありません。

このマケプレプライムはFBA配送できない主力商品がある場合に利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする