Amazonタイムセールを解説!せどりの仕入れには絶対に欠かせないイベント!

Amazonでは様々なセールが定期的に開催されています。

セールで売られている商品の中には
買ってそのままAmazonで転売すれば利益の出る商品も少なくありません。

つまり、

Amazonで買ってAmazonで売る

というAmazon刈り取りも可能になるのです。

ですが、このセール、種類が多く名前も似ていたりするのでやや複雑で分かりにくいです。

今回はそんなAmazonの
各種セールの説明や、セールの注意点、ねらい目商品などをお伝えします。

Amazonのセールってなんとなくわかりにくくて今まで避けてた、とか、
どのセールがお買い得なのかわからないという方は是非参考にしてみてください。

Amazonセールに参加する前に

Amazonのセールに参加して商品を仕入れるつもりなら
確実にAmazonプライム会員になっておいてください

プライム会員になっていると、
Amazonの各種セールに一般会員より30分早く会場に入ることができます。

つまり仕入れるつもりなら必須です。

一般会員と同じ時間に入って仕入れようとしても
めぼしいものは他のせどらーやプライム会員に狩り尽くされた後になるでしょう。

会員費は年間3900円かかりますが、
送料も安くなりますし、セールだけの利用でも絶対に、間違いなく元が取れます

本気で仕入れるなら前提条件です。

せどりには関係ありませんが、そのほかにもプライム会員になっていると
音楽や映画見放題といったサービスもあるので、お勧めです。

Amazonセールの種類

Amazonには時期や時間帯によって様々なセールが開催されています。

セールの数が多くて慣れていない方には何が何だかわからないと思います。

そこでここではAmazonで行われている主なセールの開催時期
簡単な特徴の紹介をしていきます。

1.タイムセール

毎日行われているAmazonのタイムセールです。

トップページ上部にある「タイムセール」をクリックすると
タイムセール会場に飛ぶことができます。

タイムセールには以下の2種類があります。

  • 特選タイムセール
  • 数量限定タイムセール

特選タイムセールは一日に数アイテムのみ販売されるセールです。

24時間という時間制限がありますが、数量制限はありません

一番目につきますし、数量制限がないため、
せどりの仕入れ対象になるアイテムはそこまで多くありません。

大量に仕入れて長期保管するつもりなら仕入れられる商品も出てくるでしょう。

基本的にはスルーして構いません。

一方、数量限定タイムセールはアイテムは比較的多いのですが、数量が制限されています。

また、限定数に対してどのくらい注文が入っているかが見えるようになっています。

売れている商品が一目で見られるようになっているので、
初心者のせどらーにとってはお買い得かそうでないかが
ある程度把握できるようになっています。

こちらは毎日覗いてこまめにリサーチしてみるといいでしょう。

2.タイムセール祭り

Amazonタイムセール祭りは不定期に開催されるAmazonのセールイベントです。

通常のタイムセールを強化したようなイベントで、
54時間にわたってセール商品を販売し続けます。

基本的にせどらーはこのセールを狙います。

後述するプライムデーやサイバーマンデーのほうがお買い得品があるのですが、
年に1回しか開催されないようでは仕入れとしては安定しませんからね。

その点Amazonタイムセール祭りは割と頻繁に開催されています。

2018年に至っては2月~6月まではほぼ毎月行われています。

レビュー4.0以上、つまり評価の高い商品が中心なので
売れにくい商品を仕入れるリスクが低いです。

商品数も多いので、リサーチをしっかりと行えば
利益の取れる商品を複数仕入れることが可能です。

せどらーのAmazon仕入れの主力と言って間違いないでしょう。

3.Amazonプライムデー

Amazonプライムデーは年に一回、Amazonが総力上げて行う大セールです。

毎年夏の時期に行われ、セール時間はわずか30時間。

通年7月に開催するので今年も同時期でしょう。

年に一回しかやらないAmazonのセールということで、
ほぼ投げ売りに近い商品がずらりと並びます。

ここで買ってそのまま転売しても十分利益を取ることができる商品ばかりです。

ただし、ほかのせどらーや通常のお客さんも狙っていますので、
激しい争奪戦になることは間違いありません。

もたもたしているとあっという間に目玉商品からなくなっていきます。

4.春夏秋冬セール

上記のセールのほかにも季節の変わり目でセールを行っています。

  • spring sail
  • summer sail

といったように季節の名前が付いているのが特徴です。

こちらでもお買い得品が多数販売されます。

年数回のセールなのでAmazonも力を入れて販売します。

見逃さないようにしましょう。

5.サイバーマンデー

冬の時期に行われるAmazonのセールといえばサイバーマンデーです。

毎年12月の第2月曜日から3日間、72時間限定で様々な商品を販売します。

サラリーマンはボーナスをもらう時期ですよね。

それを狙って(?)Amazonも力を入れたセールを展開します。

プライムデー並みの重要なセールなので絶対に参加するようにして下さい。

セールのねらい目商品・カテゴリー

セールのねらい目商品は無数にありますが、

「あれもこれも」
と思っているとほかのライバルたちにどんどん買われて
逆に効率が悪くなる可能性があります。

できるだけ商品は先に絞っておきましょう。

セールでねらい目、優先度の高い商品は「高額商品」です。

せっかくのセールに単価の低いもので薄利多売を狙っても仕方がありません。
もちろんそういう戦術もありですが。

初心者のうちは数万円のものを仕入れて大きな利益率が取れるよう商品を探しましょう。

また、できる限り年中通して需要の高い商品を狙ってください。

いくら安くても季節商品だと売れるのに時間がかかりますし、
最悪半年ほど売れ残る可能性が出てきます。

  • 家電
  • 美容家電
  • ゲーム機
  • AV機器

このあたりを狙うといいでしょう。

ただしほかの人も当然同じことを考えていますので、
激しい争奪戦に巻き込まれる覚悟だけしておきましょう。

セールで他の人も大量に買い付ける可能性があるので、
いくら安くても食品などの要期限管理商品等は仕入れません

注意点

Amazonのセールに当たってはプライム会員になっておく以外にも
いくつか注意点があります。

簡単にまとめましたので参考にどうぞ。

1.事前にウォッチリストに入れておく

セールになってから「どれにしよう」なんてやっていると
かなり効率が悪いので、あらかじめ欲しい物を
ウォッチリストに入れておくようにしましょう。

2.考える前にカートに入れる

セールが始まったらリサーチは後回しです。

利益が取れそうなものは片っ端からカートに入れていきましょう。

セール中はカートに入れた瞬間から15分間購入する権利が得られます。

カートに入れてからゆっくり考えてもいいので、
とりあえずカートに入れて商品を確保しましょう。

3.タイムセールはカートに入れたら15分以内に決済

カートに入れた状態で安心してはいけません。

15分以内に決済しないと購入する権利が失われます。

商品によってはセール価格が適用にならない場合もあります。

カートに入れた商品は15分以内に決済しましょう。

4.ランキングや在庫数、セラーの数は注意しておくこと

Amazonのセールは日本中のせどらーも利用していることを忘れてはいけません。

ウォッチリストやカートに入れた商品は
モノレートを利用してランキングやAmazonの在庫数、
出品者の人数などにも注目しておきましょう。

最終的にはセールが終わってからでないと結果は分かりませんが、
できる限りセール後の暴落を予想する癖をつけておいてください。

でないと、セール前はきちんと利益の出る商品だったとしても、
セール後に一斉に出品数が増えて相場が大暴落し、
赤字処分になってしまった、という事故を減らすことができます。

5.セール直後は早めに売り抜くか、寝かせる

4と同じような理由ですが、セールが終わったら
絶対に仕入れた商品を販売するセラーが増えます。

あなたと同じようにセールのタイミングでせどりをしようと
仕入れたせどらーが沢山いるからです。

そのため、商品の相場は基本的には落ちます。

この被害をできるだけ抑えるには
セラーが増える前に売り抜くか、セラーがいなくなってから販売するしかありません。

できればセール直後にすぐに出品して早めに売り抜くようにしましょう。

まとめ

AmazonのタイムセールはあのAmazonが総力を挙げて販売するため、
日本全国のユーザーが注目しています。

通常のユーザー以外にも沢山のせどらーが目玉商品を仕入れようと狙っています。

Amazonタイムセールは非常に勝率の高い仕入れ方法ですが、
やみくもに参加しても効率良く仕入れることはできません。

  • プライム会員になっておく
  • 目星は付けておく
  • 狙うは高額商品
  • セール終了後の販売タイミングには注意する

これらのポイントに注意してしっかりと稼げる仕入れを行うようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする